ベン・ワット、1983年

過去との繋がりがある音楽は豊かに実るかもしれない。
でも昨日と断絶し、荒れ果て凍て付いた土地から聞こえてくる歌だってある。
1983年のベン・ワットは真冬のような声でディランを歌っている。

丘の上には花がいっぱい
コオロギが韻を踏みながら囁き合い
青い川はゆったりと流れていく
きみとずっと一緒にいたかった
そんなこと あの頃は考えもしなかったけど

(ボブ・ディラン「You're Gonna Make Me Lonsome When You Go」)

e0199046_21103376.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-12-10 21:12 | one day i walk | Comments(0)  

<< Blue Hand Johnnie 通りは陽射しに満ちて >>