高円寺で弦ちゃんと春日さんを

締めのライヴ29日は木下弦二と春日博文のスペシャルな共演を
高円寺のペリカン時代にて。普段も春日の「眠れない夜」を歌
ったり、彼からの影響を口にしてきた木下。何でも東京ローカ
ル・ホンクの前身バンド”うずまき”時代、最初に声を掛けて
くれたのが泣く子も黙るハッチこと春日博文だったとか。そこ
から自然に木下がカルメン・マキや忌野清志郎と出会っていく
のだから、日本のロック開拓者たちと第二世代の架け橋はぼく
の知らないところで密かに交わされていたのだった。

今現在は韓国をベースに独自の音楽活動を行っている春日だが、
たまに日本に帰って、こうした交歓を行ってくれるのが嬉しい。
この夜もウクレレとストラトキャスターを持ち替えつつ自身が
書いた韓国でのヒット曲を歌ったり、木下の歌に寄り添ってみ
たりと百戦錬磨ならではの味わいを見せる。一方の木下はシグ
ネイチャーであるベスパのセミアコを奏でつつ、日本語の響き
を大切にした歌の数々を届ける。東京ローカル・ホンクとは別
に彼がソロ活動をする時は、自作曲にこだわらず幅広く内外の
カバー曲を取り上げるのが大きな特徴だが、「Cのブルーズ」に
始まった今夜は荒井由実の「生まれた街で」からキヨシローの
「約束」そして胸を掻きむしるあの「トランジスタ・ラジオ」
までが飛び出すといった具合。興奮せずにはいられない。

サイド・プロジェクトとして定評のある弦克(木下と佐藤克彦)
の繊細な味わいも捨て難いが、弦ハチならではのくだけた表情
や陽性の響きに何とも心が踊った夜だった。そして時には飛び
道具としてファズのエフェクターを踏みロック小僧の名残りを
伝える場面もユーモアたっぷり。ホンクのファンとしてはこの
夜もしっかり「お手紙」「おバカさん」「すんだこと」「昼休
み」「ブラック里帰り」そして木下が東京を離れ福岡に引っ越
してから出来た「夜明けまえ」と「さよならにありがとう」が
聞けたことも報告したい。バンド・ヴァージョンとは違う二人
語り。手を伸ばせばすぐ届きそうな質感。そうした肌触りを至
近距離で堪能出来るシアワセ。そんな温もりを感じながらぼく
は師走の高円寺を後にした。


               
e0199046_041527.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-12-30 00:51 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

<< 粋な趣味人、大滝詠一さんを偲ぶ CS&N関連の紙ジャケット・シリーズ >>