佐野元春と音楽ジャーナリズム

佐野元春が切り開いていったことを改めて考えてみる。
彼の革新的な音楽は勿論のことだが、そこに帯同する
音楽ジャーナリズムに対しても、彼は辛抱強く希望を
持っていったと思う。欧米ではアーティストが出した
作品が批評されるのは当り前のカルチャーであり、互
いが両者に敬意を払いながらそれぞれの仕事をしてい
る。それならば自分と批評家たちの間にフェアな態度
があるべきではないか? 佐野はそんなことを80年代
最初の頃から願っていた。

ところが、日本ではそうした文化が育まれているとは
言い難い。例えば昔ながらのバッド・ボーイズ系ロッ
クの間では「評論家なんて死んでしまえ!」というア
ティチュードがロックンロール的なカッコ良さなんだ、
と言わんばかりの風潮が根強い。批評家たちの優れた
テキストをマネージメント事務所が潰してしまうとい
う悪しき習慣が原因なのかもしれない。

佐野元春はそうしたことひとつひとつと闘っていった。
彼は自分のアルバムでときにライナーノーツを掲載し
たし、誰よりも早く立ち上げたウェブサイトでは、評
論家たちによって書かれた文章を積極的に登用してい
った。ぼくの体験からも言えることだが、佐野元春は
とても丁寧にインタヴュワーと接する。彼自身が明晰
な言葉やロジックを宿していることとも関係するのだ
ろうが、きっと佐野元春はロック・ジャーナリズムは
こうあるべきだという信念を持っているのだと思う。
まるで天体にふと浮かぶ星々のように、かけがえのな
い佐野元春の音楽。そこにぼくは応えていきたいと思
っています。

e0199046_21443116.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-06-25 21:45 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 佐野元春&ザ・ホーボー・キング... クリーデンスという故郷 >>