シェフィールド、アラバマ

今夜はいよいよ『黄金のメロディ〜マスル・ショールズ』
の映画を観に行きます!なるべく白紙の状態で偏見なく接
したいので今まで自ら情報をシャットアウトしてきた程な
のだが、それでも否応なしに感激の声は聞こえてきました
ね〜(笑)アラバマ州シェフィールドでの暮らし、リック
・ホールの人となり、フェイムからスワンパーズが独立し
ていく過程、つい先日自伝が翻訳されたばかり(新井さん
偉いっ!)のジェリー・ウェクスラーらアトランティック
・グループの思惑などなどがどこまで丹念に描き込まれる
のかがとても楽しみだ。

言わずもがなソウル音楽の聖地であるマスル・ショールズ
だが、もし彼らがブラック・ピープルだけのエリアに固執
していたなら、ぼくはこれほどこの土地の音楽を愛したか
どうか。むしろロック音楽にまで門戸を広げていったから
こそ広範な支持を得られたのではあるまいか。こと自分の
音楽体験を紐解いていっても、答えは自然に微笑んでいる
のだと思う。ウェクスラーの戦略があったとはいえ、70年
代のロック青年に南部探訪をさせた功績も大きいし、レゲ
エ・リディムへの対応の敏速さも見逃せない。

それらひとつひとつを今夜ぼくは味わい尽くしたい!

e0199046_12131597.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-07-16 12:14 | one day i walk | Comments(0)  

<< 『黄金のメロディ〜マスル・ショ... 言い訳は二度とするまい。 >>