パイレーツ・カヌーと東京ローカル・ホンクの素晴しい夜

素晴しい新作『One For The Pain In My Heart』を携えなが
らパイレーツ・カヌーが再び東京に来てくれた。嬉しい!
しかも対バンは以前から親交があり、抜群の相性を見せてき
た東京ローカル・ホンクの面々だ。そんな素敵なツーマン・
ライヴを20日は高円寺のJIROKICHIにて。あいにく豪雨にた
たれてしまった筆者だが、居ても立ってもいられず会場に向
かった。京都からのカヌーと東京は城南地区出身のホンクの
東京都での共演は四度めとなるが、今晩ほど両者の存在を誇
らしく思ったことはない。ブルーグラスやカントリーといっ
た音楽の語彙を活かしながらオリジナルな表現に取り組むカ
ヌー。一方のホンクは磨き抜かれた言葉と研ぎ澄まされたサ
ウンドで現在インディーズ・シーンの最高峰に位置するカル
テットである。そんな両者の絶好調ぶりに超満員の聴衆が応
え、どこまでも熱い声援を送っていった。

カヌーにしてもホンクにしても何ら普段のぼくたちと変わら
ない姿を見せる。カヌーは多くを英語詞で歌いホンクは綺麗
に連なる日本語の響きを大事にしているのだが、どちらの世
界もぼくたちの暮らしの真ん中にあるような親近感があって、
そこに惹き付けられる。弦楽器のアンサンブルに特化したカ
ヌー。フォーピース・バンド理想のウネリを力強く辛抱強く
培っていくホンク。カヌーは新曲Gull Flying Northでまるで
新たな船出を果たそうとしているよう。どこかアイリッシュ
音楽にも通じる哀感と「なんとかなるよ!」という気持ちを
言い含めた”ラララ〜”の男女混声のコーラスはこの夜間違い
なくハイライトだった。吉岡孝による音色ひとつひとつまで
に気を配ったドラムス&パーカッションがそんな気持ちをど
こまでも後押ししていく。そこに立っているだけといった印
象の谷口潤のベースが、実はフレーズの尻尾ごと、くっきり
とした表情豊かな輪郭を描いていることに気が付く。

対するホンクはどうだろう。木下弦二というソングライター
は以前から普通の言葉で多くを伝えることが出来る優れたポ
エットだった。そんな彼に抱くぼくの興味といえば、東日本
大震災以降に弦二の歌世界なり心映えがどう変化していくか
にあったのだが、3・11後の彼は以前にも増して慎重に言葉
を選びつつ旋律と合体させているようだ。その最新の成果が
まるで最高の時のジョン・レノンのようなGod Has No Nam
eであり、「遅刻します」で示されるぶきっちょな生の肯定
であれば、もう筆者は何も言うことはない。

カヌーのメンバーと合体して最後に演奏されたホンク・ナン
バー「おいのりのうた」の清々しさ。それを今ぼくはキーボ
ードを打ちながら思い出している。弦二とともに”長持ちする
歌”のことを語り合った夜を思い起こしている。

e0199046_23333460.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-07-21 01:16 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

<< ムーさんは最高っ! ぼくはけっしてこの歌を歌うこと... >>