「ほっ」と。キャンペーン

16日はパイレーツ・カヌーと中村まりを青山CAYにて

いやあ〜楽しかった!互いに共通の音楽基盤がありリスペクト
し合っている者どおしの共演だけに清々しい余韻が最後まで残
った。そんなパイレーツ・カヌーと中村まりのツーマン・ライ
ヴを16日は青山CAYにて。しかも特別ゲストとして先日新作を
リリースしたばかりのスーマーと彼のプロデューサーでもある
桜井芳樹が招かれるなど、忘れられない一夜となった。あまり
に素晴しくちょっと言葉にならないほどだが、ルーツ音楽に目
配りしながら時にやんちゃな表情を見せるカヌーと、淡々とし
つつ磁力ある土臭い世界をじわじわ押し出していく中村まりが、
局面局面で互いのメンバーを加えたりしていくことで、いつも
のそれぞれのパフォーマンスとはまた異なる膨らみが増してい
った。むろん中村と普段から帯同することの多い原さとしと安
宅浩司の控えめなサポートもキラリと光り、異例とも言える正
味4時間!があっという間に過ぎていった。思えばぼくの息子
や娘たちと言っても過言ではない彼ら彼女らによる若い世代が
いつしかアメリカ音楽やアイルランド音楽の根っ子と触れ合い、
驚き、仲間たちと手を携え歌や楽器をともにしていく。いわば
軽音サークルのようなノリから始まったカヌーや中村。そんな
若い人達が時流に流されず、辛抱強く自分たちの歌を歌い、東
に西にステージを重ね、土に水を撒いていったら、いつの間に
か花や草木がすくっと育っていった。そんな感じだろうか。ま
だきっと本人たちも気が付いていないような大いなる果実。た
とえ風の日であっても雨の日であっても、それが朽ち落ちるこ
とはないだろう。たとえ夏が過ぎ厳しい季節を迎えたとしても、
彼や彼女たちは昨日と同じようにきっと歌い続けることだろう。

写真は終演後の打ち上げ時にL→R小尾、中村まりさん、スーマ
さん、桜井芳樹さん

e0199046_1573474.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-08-17 01:58 | 中村まり | Comments(0)  

<< 佐野元春〜SOMEDAY再現ライヴ 大きな神話、小さな物語〜戦後6... >>