サム・クック『NIGHT BEAT』

レコ屋難民のテキストは珍しく大きな反響を頂きました。何しろマイ
ナーなページなのでとても嬉しいです。ありがとうございます!やは
り皆さん、レコードとそれにまつわる様々な思いをしっかり体験されて        きた故なのでしょうね。とくに私の場合プレイヤー指向がまったく
なかったので、楽器代金を気にすることなくレコード類を集めること
が出来た側面もあったかと思います(両方の人は大変だ)でも実際に
は就職して給料を貰うようになってから今まで欲しかったアルバムを
溯るように購入していったという気がします。学生時代はそれどころ
ではなく、せいぜい月に2〜3枚もしくはFMのダビングや貸しレコ
ード店(完全に死語ですね)でまかなうのが現実でした。

ところが本格的にコレクションが増えていった30〜40代は肝心の仕事         が忙しく、多く購入すればするほど肝心の聞く時間がないという
新たな悩みに直面しました。通勤時にウォークマンで1時間聞いた
としてもたかがしれています。むろん針を落とさなかったなんてい
う行為はありませんが、何十回も深く聞き込むという体験はあまり
得られなかったような気がします。そうした餓えは募るばかりでし
た。よく定年後に「これからは毎日音楽三昧だ!」とおっしゃる方
がいますが、彼らの気持ちがよく解ります。あるいは音楽バーを開
業して悠々自適な暮らしを営む生活にも憧れたり。

そうした方々に比べると自分は何と中途半端なのかと思い知らされ
ます。プレイヤーにはなれず、定年退職もまっとう出来ず、音楽バ
ーを開業する財力もなく、自分はただ細々と文筆業を続けてきただ
けでした。それでもこんな私でも先日の藤沢パブロック・ナイトで
は歓迎の温かい拍手を頂いたり、貴重なレコードをプレゼントして
くださったり、思いがけず同窓生とお話することが出来たりと、こ
うやって歳を重ねるのも悪くないナ!と感じることが出来ました。

というわけで今夜の名盤はサム・クックの『NIGHT BEAT』これが
解る大人になりたい!と思って背伸びしていましたが、いつの間に
か50代半ばの単なるおっさんになってしまいました(笑)

e0199046_1873198.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-11-26 18:10 | one day i walk | Comments(0)  

<< 2014年秋のフラッシュ大放談! 誰もオレを否定することは出来ない >>