マーク・ベノの憂鬱

冬はやはり家飲みに限る。お気に入りの麦焼酎片手にLP一枚一枚
をじっくり聞き倒していくほど至福な時間はないであろう。むろん
音楽バーに行くのは楽しいのだが、訳の解らないオヤジに絡まれた
日にはせっかくの時間が台無しである。私はこれでも結構気を使う
ほうなのだが、少し前自分の自慢話ばかりする隣席の客に閉口した
嫌〜な記憶がある。要するに彼は我々全共闘世代はお前らとは違う
のだと言いたかったのだろうが、そんな奴に「今の労働人口のうち
非正規雇用は三分の一なんですよ。ヌクヌクと親のスネを齧りなが
ら学園闘争という見せかけの反抗にアイデンティファイしつつ、高
度成長の時代を謳歌したあなたたちにこの焦燥が解りますか?」と
訊ねるのはまったくもって無駄なのであった(苦笑)

そんな前振りはともかく、マーク・ベノの人生にはいろいろ考えさ
せられる。筆者が以前インタビューした時にけっこうショックだっ
たのは、彼が必ずしも彼の黄金時代を気に入っていなかったこと。
「A&Mレーベルはぼくをジェイムズ・テイラーのようなバラード・
シンガーに仕立てようとした。でもぼくが本当に好きなのはブルー
ズだった。あの頃は今よりずっと若かったせいもあって、レコード
会社から反発されればされるほど、ぼくはリアル・ブルーズを演奏
したかった。実際ぼくはまだ17歳だったスティーヴ・レイヴォーン
をギターに迎えてナイトクロウラーズを結成した。僕たちのバンド
はフィルモアのイーストやウェストで、J.ガイルズ・バンドやハン
ブル・パイとともに演奏したんだよ!」

実は筆者自身もベノといえば「フラニー」や「チェイシング・レイ
ンボーズ」といった”バラード”がまず思い浮かぶ。それが彼らしい
音楽表現であれば(エリック・クラプトンのそれのように)堂々と
していればいいじゃないかと考えるからだ。それでも72〜73年頃
の若き日のベノが自画像と闘っていたことを忘れたくはない。72年
のサード・アルバム『AMBUSH』を聞いていると、そこら辺の葛藤
がすごくよく伝わってくる。まるでスタジオ名鑑のようだった前2
作と違い、本作でのベノはジム・ケルトナー、マイク・アトレイ、
ボビー・キーズ、カール・レイドルと基本となるバンド・サウンド
をしっかり固定している。むろん数曲ではジェシ・エド・ディヴィ
スやブッカー・T・ジョーンズやレイ・ブラウンが適材適所に加わ
るのだが、ベーシックな部分でバンド指向が伺える点が最大の美点
だろう。骨っぽいバンド・サウンドがしっかりと真ん中に座ってい
る音像。そんな荒削りの気持ち良さは前2作には求められないもの
だった。

この『AMBUSH』こそはA&Mレーベルへのベノ精一杯の反抗であり、          いささかの妥協点でもあったのだろう。実際先に述べたナイ
トクロウラーズとのブルーズ・セッションは、この『ABBUSH』
に続くアルバムになるはずだったが、レコード・カンパニーから
発売を拒否されている。その後のベノは79年の『LOST IN AUST
IN』(A&M)まで長い沈黙期間に入る。そのブランクのなかで彼
は一体どんな歌を紡いでいったのだろうか?

e0199046_18474817.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-01-31 18:57 | one day i walk | Comments(0)  

<< また歌ってよ、ドーシー 中井大介『NOWHERE』を聞いて >>