フリー『HIGHWAY』

アンディ・フレイザーは単に優れたベース・プレイヤーとい
うだけでなくソングライターとしての才能もあり、フランキ
ー・ミラーにBE GOOD TO YOUR SELFを書き下ろし、ミラ
ーとの共作にはA FOOL IN LOVEがある。最も有名なのはロ
バート・パーマーに提供したEVERY KINDA PEOPLEだろう。
スライEVERYDAY PEOPLEをどこまで意識したかは定かでは
ないが、この人種融和の物語歌が彼にそれなりの印税をもた
らしたことを願うのみである。フリーの歴史を振り返ってみ
てもデビュー・アルバムの時点ではポール・ロジャーズの自
作が多いものの、徐々にロジャーズ/フレイザーのコラボレイ
ト体制が確立し、充実したソングライティングと研ぎ澄まさ
れたロック・カルテットの黄金時代を迎えたことが解る。

1970年の12月にリリースされたフリー4枚めのアルバム『
HIGHWAY』は、71年の6月に発売された『FREE LIVE!』を
除けば第一期フリーの最終章となった。何でもフレイザーに
よれば「ヒットしそうなシングルを書いてくれっていうプレ
ッシャーがあった。誰だってそんなことは好きじゃないよね。
スタジオにはピーンと張りつめるものがあった。だからぼく
らは解散したんだ。契約があったから日本とオーストラリア
の公演はしたけど….」とのことだが、本人の回想とは別にこ
の『HIGHWAY』はとてもいい作品だ。デビュー当時の典型
的なブルーズ・ロックから脱皮して、仄かなアメリカ南部指
向が見え始めたのもポイントだろう。以前からFIRE AND W
ATERがウィルソン・ピケットによってカバーされるなど南
部サウンドとの相性の良さを見せていたフリーだが、『HIG
HWAY』はそのようなエレメントに満たされていた。

サイモン・カークがヘヴィなキック・パターンから離れ、タ
ムの連打によってレイドバックした味わいを醸し出すアルバ
ム表題曲HIGHWAYからして従来の彼らとは違っていたし、
押し出しの強いヴィブラートが特徴だったポール・コゾフの
ギターが温かみのあるレズリー・サウンドでバックに回った
ON MY WAYも秀逸だった。これなどはジェシ・エド・ディ
ヴィスが歌ってもハマりそうなくらい。フリーらしい重厚な
リフを持つミディアム・ロッカーRIDING ON A PONYにして
も、陽性の響きがあって初期のZ.Z.トップにも通じる埃っぽ
さを感じる。このスタジオ・ヴァージョンにはカリンバのよ
うな楽器もチャーミングに聞こえてくる。そして何といって
もフリーの南部指向を物語るのが隠れた名曲BODIEだ。アク
ースティック・ギターによる柔らかい輪郭といい、ロジャー
ズの抑えた声といい、彼らもまたディラン『地下室』のアセ
テート盤や『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に影響さ
れたのだろうか?

以上文中で触れてきたフリーの楽曲がすべてロジャーズ/フレ
イザーのソングライター・コンビによるものだと知る時、彼
らがその若さ故に早く解散してしまったのが残念でならない。
もう少し辛抱強く音楽ビジネスの荒波に耐えていれば、例え
ばエリック・クラプトンやデイヴ・メイソンのように渡米し
てから新たな活路が開けたのかもしれない。この『HIGHWA
Y』を聞いていると、筆者はいつもそんなことをある種の痛み
とともに思い起こす。

e0199046_181239.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-03-19 18:01 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by kiku at 2015-03-24 21:57 x
フリーのBODIEは以前小尾さんに教えていただいた曲です。本当に名曲ですね。
花粉の季節ですが、大丈夫ですか?
Commented by obinborn at 2015-03-25 04:35
あれ、そうでしたっけ?忘れていてすみません。花粉のほうは今年は今のところ大丈夫のようです。

<< CRUEL TO BE KIND さようなら、アンディ >>