ジョニ・ミッチェル「ビッグ・イエロー・タクシー」

楽園を舗装して
彼らは駐車場を作る
ピンク色のホテルやブティックや
小躍りするような快適な場所も

いつもそんな感じじゃない?
自分たちが持っているものを失ってから初めて知る
楽園を舗装して 駐車場を作る

眩いばかりの森林を伐採して
それを森林記念博物館に収める
入場料に1ドル50セントを取ってね
いつもそんな感じだと思わない?
自分たちが持っているものを失ってから初めて知る

ねえ、お百姓さん
DDT(毒性農薬)を使わないで!
林檎にまだら斑点があるのは普通のこと
鳥や虫たちを殺戮しないで
どうかお願い!

昨夜遅く 扉がバタンと閉められる音を聞いたの
そしてあの大きな黄色のタクシーは
私の老人を連れ去ってしまった

いつもそんな感じがしない?
失ってから人は大事なものに気が付く
そんな感じがしない?

ジョニ・ミッチェル「ビッグ・イエロー・タクシー」(1969年)

e0199046_1181669.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-05-07 01:18 | one day i walk | Comments(0)  

<< 佐野元春の「境界線」を聞いて ALL THINGS MUST... >>