スーパーヘヴィという音楽的多国籍軍

何で3年ほど前のスーパーヘヴィの話をしているかというと、
白人3人にインド人とジャマイカ人が一人ずつというこのプ
ロジェクトの人種的ミクスチャーが面白いと思ったから。彼
らの音楽も結果的にレゲェと中近東とラップが入り混ざった
闇鍋のスープの如くになっている。元々はデイヴ・スチュワ
ートの掛け声で始まった集合体とはいえ、当時既に68歳だっ
たミック・ジャガーのアグレッシヴな反応力に驚いた方も多
かっただろう。ストーンズでの活動がその圧倒的な名声とは
裏腹にあまり成果を上げていない現状を思えば、いつになく
生き生きとした声を聴かせる彼の姿が嬉しい。個人的な近況
で言えば、エスタブリッシュになってしまったロック・バン
ドに興味を失くし、そうしたビッグネイムの外タレの公演に
行かなくなってから久しい。やはりロックとはフォーマット
ではなく、音楽的な冒険とケメストリーがあってこそのもの
だと思う。もっとありていに言えばサムシングかな。

ハル宮沢氏曰く「音楽的多国籍軍」となるスーパーヘヴィを
耳にしていると、まだまだロックには残された可能性がある
のだと信じたくなる。白人とインド人とジャマイカ人の混成。
それは計らずも人種的坩堝であるロンドンやパリの町をうま
く反映している。元々はストーンズのリーダーだったブライ
アン・ジョーンズがシタールを学び、モロッコ音楽を採集す
る旅に出た背景には、植民地時代に溯るヨーロッパ人として
の贖罪の意識と、屈折した憧憬とが複雑に入り混ざっていた。
そのようなスタート地点からブライアンと同じ釜の飯を食べ
てきたミックが、時代を超えて民族音楽への関心を深めたこ
とはけっして偶然ではあるまい。近年のロバート・プラント
が行っているアラブ音楽へのアプローチ(昨年のアルバムは
ベスト3に選出済)とともに、筆者が思うところのロックを
実感させてくれる。皮肉にも世界の趨勢はキリスト教とイス
ラム教との間で引き裂かれているが、そうした現状を思えば
なお、異なる音楽の融合を投げかけてくるロバートやミック
の願いが、愛おしさとともに胸に染み込んでくる。

e0199046_19164918.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-11-23 19:17 | one day i walk | Comments(0)  

<< 12月3日の木下弦二 ルーラルな音楽の祭典、SQUE... >>