追悼:ダン・ヒックス

残念なことにダン・ヒックスが6日亡くなってしまった。彼の
オフィシャル・サイトで夫人が触れているので誤報ではない
だろう。近年は病気がちでヤキモキさせられたが、またいつか
元気になってステージに戻ってくるものだと思っていただけに
惜しまれる。享年74歳。少年期をニューメキシコのサンタロー
ザで過ごしたヒックスは当時からドラムスを叩いていたという
が、やがてサンフランシスコに移住し、カレッジに通いながら
幾つかのアマチュア・バンドを転々とした。64年になるとサム
・リンデの代役としてザ・シャーラタンズに参加。これがプロ
としての第一歩になった。このバンドにはのちにフレイミン・
グルーヴィーズに加入するマイク・ウィルヘルムも一時在籍し
ていたらしい。69年にバンドが解散するとヒックスはギターに
コンバートして、ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックスを
結成し、エピック・レーベルより『Original Recordings』でデ
ビューした。その後はブルーサムへ移籍し、ライブ作の『Whe
re The Money?』最高傑作とも言われる『Stricking It Rich』
マリア・マルダーでおなじみとなった「ドーナツショップのウ
ェイトレス」を収録した『Last Train To Hicksville』を続々と
73年までに発表し黄金期を築く。ホット・リックスが解散して
からのヒックスは78年にワーナー・ブラザーズから『It Happe
ned One Bite』を発表したが、以降長い沈黙が続いた。何でも
アルコール依存症に陥り演奏活動もままならなかったと伝えら
れている。それでも89年には初来日公演が実現したり、94年に
はダン・ヒックス&ザ・アクースティック・ウォーリアーズと
してライブ作『Shootin' Straight』をリリースするなど、健在
ぶりが嬉しかった。しばらくの療養期間を経てヒックスが本格
的に音楽シーンに戻ってきたのは21世紀になって間もなくのこ
とだった。トム・ウェイツやリッキー・リー・ジョーンズやブ
ライアン・セッツアーなどヒックスをリスペクトするゲスト達
に囲まれた00年の『Beatin' The Heat』が完全復活への花向け
となった。メンバーこそ入れ替わっていたものの、そのアルバ
ム同様にホット・リックスが再編された形で01年と05年には
久し振りのジャパン・ツアーも実現し、会場を大いに湧かせた。
どこか人を喰ったユーモラスな出で立ちでジャンゴ・ラインハ
ルトのような芳香溢れるジプシージャズとボブ・ウィルズばり
のウェスタンスウィングを混ぜ合わせた音楽スタイルといい、
女性コーラス二人とヒックスとが互いに掛け合っていくスモー
キーなヴォーカルといい、その音楽世界はどこまでも粋で軽妙
洒脱なスピリットに満たされていた。ロック音楽の周縁に位置
しながらも世間の流行には流されず、一貫してオールドタイム
な音楽指向を示し続けたこともヒックスらしく、ライ・クーダ
ーやロニー・レインがそうであったように、筆者を含む多くの
聞き手たちを秘めやかに鼓舞し続けた。ずっとお茶目な人だっ
っただけに追悼に涙は似合わない。自作のナンバーにデューク
・エリントンの「キャラヴァン」を即興で取り込みつつニヤニ
ヤしていたヒックス。吊りズボンでまるで決まらないアクショ
ンをして笑みを誘った彼。そんな姿を思い出しながら筆を置く
ことにしよう。ダン・ヒックスさん、誰もあなたの代りにはな
れません。

e0199046_10561425.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-02-07 10:56 | one day i walk | Comments(0)  

<< オレンジ・カウンティを通してぼ... ヴァン・モリソンの95年作『D... >>