ビール一本でもうクタクタ

最近は歳のせいかめっきりアルコールに弱くなった。外で
会話が弾む時は結構飲むのだが、家では緊張感がないせい
かビール一本でもうフラフラになってしまう。我が裏街道
人生があと正味20年として、悔いがないように毎日を過ご
していきたい。ところで以前近所にあるプログレ・マニア
の店に行き、カッコ付けてロバート・ワイアットのロック
ボトムをリクエストしたのだが、結構冷たくあしらわれて
しまった。やはり店主なりに客の素性を見抜く眼力がある
のだろう。まあ逆に奴にジェリー・ガルシアの偉大さを説
いても解らないだろうからオアイコだ。恐らく最初はみん
なヒット・チャートから洋楽の世界に入って行き、それな
りの共通分母はきっとある。しかし20代前半くらいから個
人の審美眼によって好みは枝分かれする。それもまた人生
の選択だ。私は今、青年期にケヴィン・エアーズを聞かな
かったことが少しだけ悔しい。

ベーシックには濃い味のもの、野趣あるモノが大好物であ
る。ダグ・サーム、ジョン・フォガティ、ローウェル・ジ
ョージを出されればもう満腹。三人とも歌がめちゃくちゃ
旨いという点でも共通している。こんな私がロバート・ワ
イアットが好きですと言っても、誰も信用してくれないだ
ろう(笑)英国モノでもやはりジャガーやウィンウッドな
どルーツをしっかり持った人たちに惹かれてしまうのだ。
これから劇的に音楽の好みが変化することはあるまい。そ
れだけ細胞となったもの、栄養成分として刷り込まれたモ
ノは大きいのだ。最長寿グループであるストーンズを例に
出せば解り易いかもしれない。彼ら流にスワンプ・ロック
を吞み込んだ『メイン・ストリートのならず者』(72年)
を好きな人も嫌いな人もいるのだ。自分が見渡す世界の途
方のなさとは、きっとそういうものだろうから。

e0199046_18492294.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-02-27 18:50 | one day i walk | Comments(0)  

<< 3月3日の東京ローカル・ホンク ニール・ヤング『今宵その夜』 >>