3月3日の東京ローカル・ホンク

バンド・サウンドの贅を尽くしたような東京ローカル・ホン
クのライブを3日は高円寺のJIROKICHIにて。木下弦二のソ
ロ弾き語りによる「生きものについて」からまずは始まり、
2曲めの「引っ越し娘」でバンドが合流。さらに「お手手つ
ないで」「虫電車」「お手紙」へと連ねる序盤から、早くも
全開となったホンク・ワールドに酔った。弦二が今月初めて
のソロ・アルバム『natural fool』をリリースするとはいえ、
やはりみんながホンクの四人を待ち焦がれていたのだろう。
平日にもかかわらず満員となった会場の熱気がそれを雄弁に
物語っていた。肩肘張らない歌と演奏。ただそれだけの営為
が音楽としての豊かさをもたらし、歌われる言葉を彩りある
”生きもの”へとトランスフォームしていく。そんなエレメン
トの数々に満たされていた。弦二のソロに収録された「夏み
かん」「夜明けまえ」「遅刻します」といった楽曲も、カル
テット編成で再解釈すればこうなるよ、という驚きがあった。
とくにカットアップの手法で様々な俳句を無造作に並べてい
く「またあおう」が、ホンクならではの柔らかいサウンドス
ケープで描かれていったことに筆者は感じ入った。この曲に
入る時のMCで弦二が「意味が解らない歌詞っていいもので
す」といった旨を語っていたことも腑に落ちた。友部正人の
「解らない言葉で歌ってください」ではないけれども、そこ
からは安っぽい主張や直截的な政治性の数々から迂回してい
く彼らの心映えがはっきり伝わってくる。前身となる”うず
まき”時代を含めれば優に20年を超えるキャリアを誇るホンク。
遥か昔のある日、偶然にも四人の青年が集まり、それぞれの
楽器を奏でていった。いわばゼロの地点からのスタートだ。
その日から辛抱強く丁寧に積み上げられていった言葉と音。
それらの価値を思わずにはいられない。

e0199046_1335114.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-03-04 01:34 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

<< 桐野夏生『バラカ』 ビール一本でもうクタクタ >>