テデースキ・トラックス・バンドの新作『LET ME GET BY』を聞いた

ここのところずっと聞きまくっているのがテデースキ・トラッ
クス・バンドの新作『Let Me Get By』だ。グループにとって
は3作めのスタジオ・アルバムで、ライブ盤を含めれば通算4
枚めとなる作品だが、ホーンズやツイン・ドラムスそしてコー
ラス隊を含めた10人編成という大所帯ならではのダイナミズム
溢れる演奏に聞き惚れてしまう。こうした大らかなグルーヴに
アメリカのロックが培ってきた様々なエレメントを発見するヴ
ェテラン・リスナーも少なくないだろう。夫婦をフロントに押
し出しているという点ではかつてのデラニー&ボニー&フレン
ズを、ソウル〜ファンクへと針が振れた時にはスライ&ザ・フ
ァミリー・ストーンの家族を思い起こさせるTTB。彼らこそは
現在最高のロック・バンドと言っても過言ではあるまい。昨年
はかつてのマッドドッグス&ザ・イングリッシュメンを再現す
るR&Bレヴューを行い、全米各地で話題を振り撒いたことが記
憶に新しい。

結成当時はデレク・トラックスのギターだけが注目されるキラ
イがあったとは思う。デュエイン・オールマンからスティーヴ
ィ・レイ・ヴォーンまで、ことさらギター英雄ばかりが持て囃
されるのはブルーズの世界でもロックのフィールドでも同じこ
とだ。ただTTBが奏でる音楽をトータルに見渡せば、むしろス
ーザン・テデースキの歌に寄り添いながら、ここぞという場面
でスライド・ギターを飛翔させていくデレクの慎ましい姿が見
えてくる。いわばソング・オリエンテッドな部分と、90年代以
降のアメリカで大きな潮流となったジャム・バンドならではの
自由闊達な世界が見事なまでの超克を示した。そんなところに
彼らの”古くて新しい”音楽の秘密があるのだろう。

先ほど大らかなノリを感じると筆者は記したけれど、その背後
にはむろんメンバー10人全員による精緻なスケッチがある。そ
れらの呼吸感、各自が自在に押し引きしつつそれぞれの役割を
果たしていることを感じ取りたい。フロリダはジャクソンヴィ
ルにあるTTBのスワンプ・ラガ・スタジオで行われたレコーデ
ィングはほぼ一発録音だったと伝えられている。それらを名手
ボブ・ラドウィグが克明にマスタリングした。そのことの価値
を思わずにいられない。ジャケットに描かれた飛翔する鳥の姿
が、まさにテデースキ・トラックス・バンドの現在を捉えてい
る。

e0199046_1837056.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-03-16 18:39 | rock'n roll | Comments(3)  

Commented by DEAD ASANO at 2016-03-17 15:41 x
どうもです。僕はapplemusicでデラックスエディションをダウンして日々聴いてます。後半にビーコンシアターの昨年の演奏が数曲収録されているのですが、これまた素晴らしいです。小尾さんコメントされているとおり、バンド全体のコミュニケーションの感じの良さはさらに登り調子な感じでしっかりと聴く側の僕らを そうそう、こうこなくっちやー な世界に連れて行ってくれます。ラストトラックはデレク &ドミノスの ホーム グロウンを10分近い熱演で締めくくっているのですが、ナイスジャム!ガンガン上昇して嬉しさに満ち溢れたトコロから、優しく穏やかに着地させてくれる、あの感じ。本当に来日公演が楽しみです。
Commented by obinborn at 2016-03-18 00:56
浅野さん、この前はどうも!ぼくは通常盤CDを購入し毎日
聞いています。でも何だかビーコンでのライブも良いみたい
なので聞きたくなってきたじゃないですか(笑)
Commented by DEAD ASANO at 2016-03-18 07:49 x
すみません、曲目誤記訂正です。デレク&ドミノスの キープオングロウイング、でした。カタカナ表記もすみません。
ああ、ホンクも楽しかったですねー。。

<< 墓参りと新しい季節 佐野元春『GRASS』 >>