ボブ・ディラン『FALLEN ANGELS』

ボブ・ディランの新作『FALLEN ANGELS』は、またしても
古き佳き時代のポピュラー・ソング集となった。フランク・
シナトラのYoung At Heart、ホーギー・カーマイケルのSkyl
ark、ミルス・ブラザーズのNeverthelessといった楽曲を、
ディランは抑制された声で淡々と歌っている。古くは60年代
から自作にこだわらずエヴァリー・ブラザーズやエルヴィス・
プレスリーの持ち歌を取り上げてきた人なので驚くに値しな
いが、自分の背景となった広範なアメリカ音楽への想いが近
年一層強まってきたとは言えるだろう。もう少し広く見れば
自身のアーカイブ音源を積極的に供給するなど、人生の総ま
とめに入っている印象だ。

今回のカバー集の価値は、華美なオーケストレーションを排
して、クィンテット編成のスモール・コンボに音楽を翻訳し
直した点にあると思う。無駄な音がない代りに隙間があり、
その沈黙のなかに歌を感じるようなニュアンスがたっぷり。
バンドもべースのトニー・ガニエやギターのチャーリー・セ
クストンとスチュ・キンボールをはじめとして、近年のツア
ーでおなじみの顔ぶれだけに演奏は親密さに満たされている。
とくにドニー・ヘロンのペダル・スティールが効果的で、こ
の楽器がストリングスの代りになっているのかもしれない。
そして一拍のタメが深いウッドベースの響きが底辺をしっか
り支えている。

ところで、ぼくがディランを聞き始めた70年代には、彼は別
れた妻への未練がましい歌など幾つかの私的なラブソングを
歌っていた。曲によっては抽象詞やカットアップの手法を用
いた難解な歌があったものの、誰の代弁者でもアイコンでも
なく個人的な歌を歌うディランに好感を抱いた。だから今回
の気負わない『FALLEN ANGELS』も好きになりそう。多く
を背負わされ過ぎてきた人が、旅の途中でふと荷物を下ろし
た時、聴こえてきたのは大衆歌(ポピュラー・ソング)だっ
た。

e0199046_7181959.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-04-29 07:18 | one day i walk | Comments(0)  

<< ポールは歌う「あの頃に戻ろうよ」と 私は明日もきっとその人の名を呼... >>