追悼:スコティ・ムーア

スコティ・ムーアが亡くなったことをRollingstoneのTWで
知った。84歳だった。言うまでもなく50年代のエルヴィス
をビル・ブラック(b)、D.J.フォンタナ(ds)とともに支え
たギタリストであり、ロカビリー〜ロックンロールに与え
た影響力は計りしれない。例えばジョン・フォガティやデ
イヴ・エドモンズのギター奏法ひとつ取っても、ムーアや
マール・トラヴィスやチェット・アトキンスなしには成り
立たないほどのものだった。

以前ムーアに電話インタビューしたことがある。確か90年
代に彼を囲むトリビュート・ライブがリリースされた時だ
ったと記憶する。その時「64年に出たあなたのソロ・アル
バムを持っています」と伝えたら、ムーアが「きみは熱心
なコレクターだね!アメリカ人にとってもこのレコードは
レアなんだよ」なんてお世辞を言ってくれたっけ。

ナッシュヴィル・カントリーの名プロデューサー、ビリー
・シェリル(コステロ『ALMOST BLUEも!)を迎えたそ
の『THE GUITAR THAT CHANGED THE WORLD!』は、
「ハウンド・ドッグ」や「冷たくしないで」といったエル
ヴィス縁のヒット曲をインストに翻訳したもので、まさに
ムーアが奏でるギターの色艶を堪能出来る聖典だ。

そのアルバムの裏面にはこんな記述がある「彼らは旅に出
たけどいつも傷心だった。ツアーで稼いだお金はガソリン
代に消えた。そう、エルヴィスたちはスコティのおんぼろ
車で旅をしたのさ。彼らの稼ぎは一晩65ドル。そのうち12
ドルをエルヴィスが受け取った。スコティとビルは6ドルず
つだった。やがてスコティの車が壊れると、エルヴィスが
やっと中古のリンカーンを買えたんだよ…」

そんな50年代のメンフィスの日々に思いを馳せると、どう
しようもなく感慨が押し寄せてくる。誰も歩かなかった道
を彼らは歩き、その轍には後進たちが続いていった。偉大
なるシンガーの隣では、いつも名脇役がしっかりギターを
弾いていた。その人の名はスコティ・ムーア。私はこれか
らも彼のことをけっして忘れないでしょう。今まで本当に
ありがとうございました。

e0199046_180569.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-06-29 18:00 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 7月14日のツル&ザ・シスター... 6月25日のイトウサチ&ブンケ... >>