不幸な国に断層ばかりが積み上げられていく

日刊ゲンダイとかリテラといったメディアは基本「反権力」の
為ならあることないこと何でも書きまくるというスタンスなの
で、ぼくは全く信用していません。ゲンダイなどは民主党に政
権交代した時も鳩山や管や野田をボロクソ叩いていたから、け
っして自民〜アベ憎しに限らないんですよ(笑)昔からゲンダ
イに一貫しているのは「社会の木鐸たる大新聞・マスコミは何
をやっているのか!」というスタンスを、せいぜい二流の学者
と大学教授のコメントで補完する誌面作りで、綿密に取材する
チームなど持ってないから、せいぜいサラリーマンの鬱憤払し
〜ガス抜き程度に終始してしまっています。

後進のリテラもまったく同じ。五輪閉会に関する記事も醜かった
なあ〜。とにかく彼らには「アベ叩き」しか念頭にないから、
始めから結論ありきの恣意的な文意にならざるを得ないんです。
確かにアベちゃんのマリオ化〜土管を潜っての華々しい登場は
極めて悪趣味でやり過ぎとぼくも思いました。しかし、オリン
ピックの次期開催国として日本の首相が、アスリートたちから
バトンを繋ぐというのはフラットに見ればごく自然なセレモニ
ー。そこに過剰な政治色を読み取るリテラの”妄想”こそ、メディ
アとしての客観性に欠けるのでは?

そりゃ”アンダーコントロール”されているらしい原発事故の処
理もままならない我が国の状況でネガティブな感情に駆られる
気持は解ります。五輪に膨大な費用を掛ける金があるなら被災
地へというメンタリティもごく一般的なものでしょう。しかし
ながら、決定した東京五輪にことさら否定的な言葉ばかりを連
ねるのが何かの解決になるとは、ぼくにはとても思えない。一
国の首相が自国のアスリートたちをねぎらうのは、血の通った
人間通しの当然の感情です。それはアベを好きか嫌いかという
以前の問題なんだよね。今日もまた世間がリベラルと保守との
間で分裂している。互いを罵る言葉は際限なく続き、けっして
歩み寄ることはありません。

ぼくたちはこんな不幸な国で互いの断層ばかりを築き上げてい
る。

e0199046_1746449.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-08-23 17:47 | one day i walk | Comments(0)  

<< ジョン・フォガティ、大地の匂い。 ロジャー・ティリソンとフォー・... >>