トニー・ジョー・ホワイトと私

先日江古田のおと虫で40枚ほど手持ちのレコを買い取って
貰ったのだが、ご近所らしいSさん(まだお会いしたこと
はない)が、私の放出品から2枚ほど購入されたことを彼
のFBで知った。文字通りリサイクルである。何らかのお役
に立てれば嬉しい。そういう意味で中古レコ店というのは
本当に介在役だなと思う。年齢的なこともある。これから
はある程度”還元”していくのが私の役割なのかもしれない。

トニー・ジョー・ホワイトはレコを集めるのに苦労したア
ーティストの筆頭格。リアルタイムで彼のヒット曲をラジオ
で聞いていた世代はともかく、遅れてきたSSW〜スワンプ・
ファンが80年代になってから、彼の全盛期〜70年代のアルバ
ムを揃えるのにはマジ苦労した。私は90年代、大阪にまで彼
のレコを買いに行ったことがある。まだトニー・ジョーがCD
化される以前のハナシだ。

モニュメント・レーベルに3枚のアルバムを残した彼が、71
年に心機一転、ワーナー・ブラザーズに移籍してリリースし
たのが『TONY JOE WHITE』である。それまでナッシュヴィ
ル・エリアを中心に録音してきた彼が、本作ではサウンド・
オブ・メンフィスとアーデントの2カ所へと飛び、サミー・
クリーズン(ds)やマイク・アトレイ(kbd)といったディキ
シー・フライヤーズ、あるいはアンドリュー・ラヴ(ts)ら
メンフィス・ホーンズの面々と、本格的に合い塗れたことに
本作最大の価値がある。むろんクリーズンやアトレイの参加
は前作『TONY JOE』で一部実現していたのだが、今回はま
ったなしの全面開示だ!

何故”水と油”の関係とも言えそうなピーター・アッシャー(
英デュオのピーター&ゴードン出身、その後渡米しジェイム
ズ・テイラーやリンダ・ロンシュタドに大きく貢献した)に
プロデュースを依頼したのかは今もって不思議な気がするも
のの、フンパーストンパー(ワウワウの一種)を踏み込んで
いくギターの野趣、セクシーなテナー・ヴォイス、ときに泣
かせるバラードと、トニー・ジョー節がプロダクションによ
って損なわれるような欠点はまったく見当たらなく、昇り坂
にあったアーティストと新進気鋭だった制作者との密な関係
だけがある。

そしてトニー・ジョーは次作『THE TRAIN I'M ON』(72年)
で、アトランティック・グループの名将ジェリー・ウェクス
ラーの”指導”により、いよいよアラバマ州マスル・ショール
ズへと乗り込んでゆく。その盤に聞き取れる柔らかなサウン
ドスケープと放浪する者の夜汽車のような心情は、彼が掴み
取った一里塚であろう。今も時々引っ張り出してくる究極の
”私の一枚”。いや〜すみませんね、進歩がなくって(笑)

「俺が歌に書くのは実際のこと、ルイジアナに暮らす人々の
生活、風習、日常のことだよ」兄が聞いていたライトニン・
ホプキンス、姉が夢中だったエルヴィス・プレスリー。それ
らを手土産にしながら、トニー・ジョーは71年このセルフタ
イトル・アルバムとともに、時代の真っただ中へと躍り出て
いった。

e0199046_182033100.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-09-29 18:21 | one day i walk | Comments(0)  

<< フェイスブックが5年めを迎えました エッグス・オーヴァー・イージー... >>