クラン・レコードの平野実さんを偲ぶ

何の変哲もない私鉄沿線の町にその店はあった。今や伝説として
語られる輸入レコード店・クランのことだ。テックス・メックス
とルイジアナのスワンプ・ポップ&ザディコを看板にした同店は、
いつしか人と人の交差点となり、何人かのミュージシャンやライターを輩出していった。その渦の真只中にはいつも店主の平野実さんがいらっしゃった。今や故人となってしまった彼をクランの思い出とともに偲びたい。そう、1978年から2008年までの30年、平野さんはずっと店を支え続けたのだった。

☆      ☆      ☆

開店は78年 当初は当時潮流だったSSW~スワンプ・ロックを中心に掛けるロック喫茶だった

私が最初に行ったのは79年の夏 初めてのリクエストは『ジェシ・ウィンチェスター』

リクエストはLPの片面単位ごと あの頃はこうした店が主流だった

トム・ウェイツ『クロージング・タイム』をフルで流す夜も

西武池袋線江古田駅北口から約5分 三叉路前の青梅(現:西京)信用金庫が店の目印だった

コーヒーは豆を挽いていた 値段は250~300円前後と記憶する

夜は次第に呑み屋へと変化  私はサントリーホワイトのボトルをよく入れていた

美味しかったフードはボルシチ ごく初期にはカレーも置いていたらしい

まだSNS環境がない時代 店に置かれた一冊のノートが「つぶやき」の場だった

渋谷のブラックホークを意識してか、月曜夜に英トラッドを聞く会を開催

トイレには「ウンコは家でしましょう」の張り紙が

店では野良猫がよく平野さんに懐いていた 心温まる風景だった

マチケン(町田謙介)、クランでソロ・ライブ

友部正人が自主制作盤『何でもない日には』販促のため来店

湯布院のSSW通販店タンボリンと親交 「田圃林通信」を配布

八王子のロック喫茶「アルカディア」と親交  「アルカディア通信」を配布

常連の長谷雅春氏、「ビール・ストリート」~「レッドビーンズ(赤豆報)」と自らミニコミで大活躍

私(小尾)のミニコミ「ハックルバック」にも平野氏は寄稿して
くださった

当初から委託中古盤などを扱っていたが、やがて輸入盤専門レコード店へと方向転換

Pヴァインがチェスの権利を獲得した80年代前半頃から、同社と取り引き開始

平野氏、本格的な音楽体験のため、幾度かテキサスへと旅立つ

スワンプ・ポップに着眼 大河シリーズ『ジェイ・ミラー・セッションズ』を取り扱う

フラーコ・ヒメネスの貴重なインディー録音盤をがっつりと輸入

ジョー・キング・カラスコやバックウィート・ザディコら新世代もいち早く紹介

ロス・ロボスのメジャー・デビュー作『AND A TIME TO DANCE』を輸入 音楽メディアなど各方面に衝撃を与えた

ファビュラス・サンダーバーズやリロイ・ブラザーズも積極販売

スティーヴ・レイ・ヴォーン来日時には「SRV公演のため本日臨時休業」の張り紙も

サニー・ランドレスが帯同したジョン・ハイアット来日公演のため臨時休業

スティーヴ・ジョーダンやフレディ・フェンダーの輸入盤を国内配給開始 ライナーも平野氏(ときにペンネームの黒岩姓で)担当

アコーディオンやラブボードといった楽器、スラック・キーの教則本、ルイジアナ音楽研究の第一人者であるジョン・ブローヴェンの著作なども販売 音楽ファンから信頼を得る

ダグ・サームのビデオ上映会を開催 小型テレビ画面で見せられた

レコを買うとポイント制の割引券(茶色の名刺サイズ)が貰えた

レア盤の購入には、例えば¥2,800円プラス割引券20枚要というハードルあり

そのハードルでリードーシーのポリドール盤やSDQのマーキュリー盤を購入した思い出も

ブレイヴ・コンボのカール・フィンチ、来日時のステージで招聘の平野氏を讃える

平野氏、『ミュージック・マガジン』『レコード・コレクターズ』に幾つかの記事を寄稿

『ミュージック・マガジン』の連載で店が紹介される

山崎直也、中山義雄といった鋭い感性の音楽評論家諸氏も店を愛した

さらにチカーノ・ラップのカセットまで取り扱うマニアックぶりを発揮

この頃からクレイジー・ケン・バンドの横山剣氏と親交

90年代後半からは古着や中古オーディオ機器の扱いも始める

平野さんは配線回路に詳しく、機械の修理にも長けていた

クラン閉店は2008年の春 とくに告知はぜず、粛々と

平野さんは常に無口で淡々とした風情 「世間に動ぜず」が基本姿勢だったように思える

私が最後にお会いしたのは2014年秋のスクイーズボックス・ナイト
お元気そうだったのに…

e0199046_210093.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-11-01 18:36 | blues with me | Comments(0)  

<< ニール・ヤング『TIME FA... ボブ・ディラン「リリー、ローズ... >>