11月14日のヘロン

14日は英国フォークの伝説的カルテット、ヘロンの初来日公演
を高円寺HIGHにて。音域が微妙に違う鮮烈な三声ハーモニー、
秘めやかに小躍りするパーカッション、暖色のエレピなどに酔
った。遠い昔にぼくがレコードで慣れ親しんだヘロンよりも、
遥かに立体的で粒立ちが良く、ユーモアを交えたステージング
に祝杯を上げたい。ここら辺は互いに時間をやり過ごし、何人
かの死者たちを松明とともに見送り、少しだけ賢くなったこと
へのご褒美かもしれない。

新旧交えたオリジナル・ソングの数々に、ボブ・ディランの曲
を加え、アイリッシュ・トラッドを交える。穏やかな人々の慎
ましい暮らしぶりをそのまま映し出したような歌が、熟慮を重
ねた超満員のお客さんたちと笑みを交わし合う。チャス&デイ
ヴやゲラント・ワトキンスと共振するようなブギウギ・ナンバ
ーが奏でられ、ロンドンのパブへと思いを馳せる時間もあった。
9・11事件以降、あまりに残酷になってしまった世界に異議
を申し立てる人種ソングもしっかりと用意された。

明日からまた二カ所三公演が待っている。それらに行かれる方
々のためにも、本日のセットリストは公開しないでおきたい。
終演後のぼくは、温めた想いとともに友人たちと一緒に飲み、
終電に乗り込んだ。電車の窓にはかつて若者だったぼくと、今
現在の自分が写し出されていた。

e0199046_1342099.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-11-15 01:36 | one day i walk | Comments(0)  

<< 追悼:モーズ・アリソン〜TEL... 追悼:レオン・ラッセル〜タルサに還る >>