ブリンズリー・シュウォーツ『LIVE FAVOURITES』

ブリンズリー・シュウォーツの『LIVE FAVOURITES』がようや
く我が家に到着!昨年のレコードストア・デイに発売された限定
のLP盤を買い逃してしまっただけに、今回のCD化は本当に嬉し
い!何でも5人めのメンバー、イアン・ゴムが所有する秘蔵音源
が元になってるらしいが、この手で最も気になる音質は軽く標準
レベルをクリアしていて問題なし。彼らの場合公式なライヴ・ア
ルバムは一枚もなく、過去幾つかのブートレグやBBC音源がリリ
ースされてきただけだが、それらに続くものとして歓迎したい。

時は1974年の6月19日、ウェールズ州のカディーフにあるトップ
ランクで行われたコンサート。ちょうどブリンズリーズが最後(
6枚め)のアルバム『NEW FAVOURITES OF』を発売する一ヶ月
前のツアーであり、そこからオーティス・クレイの「TRYING TO
LIVE MY LIFE WITHOUT YOU」「SMALL TOWN,BIG CITY」
のちにニック・ロウの看板曲として人気を博す「PEACE,LOVE
AND UNDERSTANDING」の3曲を取り上げているが、全体的に
は初期の「COUNTRY GIRL」やジム・フォードの「JU JU MAN」
ソングライターとしてゴムの才気を印象付けた「HOOKED ON
LOVE」など、彼ら5年のキャリアから万遍なく選曲されている。

またライブならではのカバー・ソングとしては、ボビー・ブラン
ドがデュークに録音した「HONKY TONK」ウィリアム・ベル&ジュ
ディ・クレイのスタックス・ナンバー「PRIVATE NUMBER」
ジョニー・オーティスの「YOU'RE SO FINE」ジュニア・ウォー
カーのタムラ・モータウン「HIP CITY」が選ばれ、ブリンズリー
ズが何でも演奏する”トップ40・バンド”もとい真のパブ・ロッカ
ーだったことを裏付ける結果となった。ちなみに「PRIVATE NU
MBER」は、テストプレスのみで市場に出回ることがなかった
”本当のラスト・アルバム”『IT'S ALL OVER NOW』にスタジオ・
ヴァージョンが記録されている。

74年前後といえば、ブリンズリーズがデイヴ・エドモンズに接近
した時期であり、デイヴのセカンド・ソロ『一人ぽっちのスタジ
オ』に彼らが客演したり、逆にデイヴが『NEW FAVOURITES O
F』をプロデュースしたりと、交流は次第に本格化していく。つ
まりロックパイル結成への萌芽である。そんなことに想いを馳せ
ながらこのライブ盤を聞いていると、解散間際だったブリンズリ
ーズ、オイル・シティから台頭しやがて全英を席巻したドクター
・フィールグッド、ソロ活動に向かうニック・ロウなど、当時の
パブ・シーンのことが走馬灯のように甦ってくる。

ニックはこう回想している「74年が潮時だったんだ。メンバーの
なかには子供が生まれてツアーに出るのを嫌がる者が現れ始めた
し、ぼくたち長髪のピッピー・ロックは過去のものになりつつあ
った。『平和と愛と理解』にぼくはちょっとばかりの皮肉を込め
た。そう、ぼくは自分を老いぼれ老人に譬えて『平和と愛と理解
の気持はそんなに可笑しいことかい?』ってね。バンドが解散し
たら一体どうしよう?ぼくは世界の淵に一人立ち尽くしているよ
うな心境だったんだよ」

e0199046_1455543.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-11-20 14:57 | rock'n roll | Comments(0)  

<< ダグ・サームを追悼した三組のラ... 11月19日の東京ローカル・ホンク >>