『この世界の片隅に』

1日はシネマ豊島園にて『この世界の片隅に』を鑑賞。こうの史
代さんのアニメは『夕凪の街・桜の国』で親しみ、彼女の世界観
に触れていたので、今回も安心してその物語に身を委ねることが
出来た。ストーリーは公式サイトを参照して頂くとして、徹底的
に抑制されたタッチで大戦下の呉市を描いていることに好感を持
った。こればかりはこうのさんの資質に依るものだろう。戦争が
主題となり映画化されてきた作品は過去ピンからキリまであるも
のの、アニメでしか出来ないことに精を尽くしたという点で特筆
したい。いわば戦場を殆ど見せない反戦作品であり、呉で暮らす
市井の人々に原作者や監督は徹底した視点を注ぐ。もっともらし
い言葉でも道徳的な主張でもない、淡々としたアニメ表現のささ
やかな勝利を称えたい。わずか70数年前の地方ではこのような生
活が当たり前だったことに驚愕する若い人もいるだろう。その一
方で賢明なる諸氏ならば、人々の営みが昔も今もそれほど異なる
わけではないと気が付くに違いない。最後になってしまったが、
足りない資金をクラウド・ファウンディングで補ったという点を
特筆したい。これは21世紀の映画のあり方として、多くの表現者
たちを勇気付けることだ。

e0199046_183972.jpg

[PR]

by obinborn | 2016-12-01 18:40 | one day i walk | Comments(0)  

<< ローリング・ストーンズ『ブルー... ボビー・アーウィン(ロバート・... >>