追悼:リチャード・イングイ〜あなたに出会えて良かった

リチャード・イングイの訃報が届いた。チャールズ・イング
イとともにソウル・サヴァイヴァーズのヴォーカルとソング
ライティングを担った素敵な兄弟だった。ガレージ・バンド
に始まり、アラバマのフェイム・スタジオを訪れ、最後には
フィラデルフィアの地でシグマ録音を敢行する。その歩みに
ブルーアイド・ソウルの時代が凝縮されていたような気がし
てならない。ぼくが彼らを知ったのはブルーズ・ブラザーズ
がEXPRESSWAY TO YOUR HEARTを取り上げていたから。
ソウル・サヴァイヴァーズの原曲は67年の9月、全米チャー
トで堂々の4位に輝いた。既にヤング・ラスカルズはデビュ
ーしていたけれど、サヴァイヴァーズの情熱もなかなかだっ
た。リチャード・イングイさん、豊かな音楽のありかのこと
をぼくはあなたから学びました。願わくばその土地がこれか
らも耕され、来るべき収穫の季節を迎えますように。

e0199046_2171526.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-01-17 02:19 | one day i walk | Comments(0)  

<< リアリストの思考 音楽ビジネスの変遷と自分 >>