3月28日は梶原英夫さんの個展を

28日は梶原英夫さんの個展を高田馬場の凹凸キッチンカフェ
&デリにて。いや〜圧巻でした。梶原さんがお好きな音楽の
ジャケットを切り抜きながら、細かいペインティングを何度
も何度も重ねていく。写真ではなかなか伝えられないのが歯
痒いけれど、その道ではシャドウ・ボックスと呼ばれる立体
的な手法を用いて、彼はその音楽愛をそっと告白する。

お話しを伺ったところ、シャドウ・ボックスが映えるのはポ
ートレイト写真ではなく、あくまでイラストレイテッドの作
品らしい。あえて言うのなら『アビーロード』ではなく『リ
ヴォルヴァー』それを描いたクラウス・フォアマンの細かい
線画に、梶原さんはやり甲斐を見出されるとのこと。唐突か
もしれないけれど、プリンスの『アラウンド・ザ・ワールド
・イン・ア・デイ』を、彼はどう描いていくのだろう?

絵心がない僕には本当に羨ましい世界だ。それも商業ベース
ではなく、あくまでご本人の趣味であるところにぐっと来る。
まだ知り合ったばかりの方だが、高田馬場の駅へ向かう帰り
道を、僕は足取りも軽く歩いていった。

なお彼の個展は4/1(sat)まで。お時間がある方はぜひ足を運
んでみてください。


e0199046_23044857.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-03-28 23:09 | one day i walk | Comments(0)  

<< 佐野元春のスポークン・ワーズ〜... J.ガイルズ・バンド『ブラッド... >>