70年めの憲法記念日に

そもそも自衛隊という軍備があるのに憲法9条との整合性
を未だ議論している日本って、諸外国からはかなり奇異に
映ると思います。最南端の与那国島の漁民は「普通の国は
軍隊が国境を守ってくれるじゃないですか。日本にはそれ
がない」と告白しています。その現実をもう少し考えてみ
ましょう、というのが私の立場です。自衛隊は認めるけれ
ど交戦してはいけない。いざ有事になったらアメリカ軍が
守ってくれる。自衛隊は災害救助隊でいいといった考えは
あまりに身勝手です。また9条を置いているから日本は攻
められまいという解釈もナイーブ過ぎるのでは? 70年め
の憲法記念日に私はそんなことを思っています。

e0199046_07303479.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-05-03 07:31 | one day i walk | Comments(0)  

<< 復古主義への懸念と政治的リアリ... エルヴィス・コステロ&ジ・アト... >>