他人の人格を否定し続ける左翼


しかし以前左翼のクソババアに絡まれた時はまいったな。
リオ五輪の閉会式をめぐってオイラが「安倍ちゃんの好
き嫌いはともかく、一国の首相が自国の選手をねぎらう
のは当然のこと」と書いたら、ヒステリーを起こしたみ
たいで「こいつ安倍が好きなんだな、音楽を語る資格な
し!」と怒濤の如く返してきた。またそれにいいね!す
る連中のなかには結構有名な音楽評論家や写真家もいて、
それまではとくに何の感情も抱いていなかった彼らに負
のバイアスがかかってしまった。実際に会ったことも話
したこともない相手を実名で晒して批判しないほうがい
いですよ。万が一それを苦にオイラが自殺したら、彼や
彼女らはオイラの家族や友人にどう謝罪するんだろう?

それを思うと昔はのんびりした時代だった。遠方の相手
と会話する手段は長距離電話や手紙だった。そういう一
定の時間があるからこそ熟考する視点が生まれ、互いを
配慮する気持が育まれた。ところが今は速効性に特化し
たSNSの時代だけに、そうした慎みが失われてしまった
ように思えてならない。まあ媒体の変化はともかく、普
通に賢い人たちはどんな時代であっても礼節を知ってる
ものだけどね。というわけでまたウダウダと書いてしま
いすみませんでした。はっきり言って左翼のクソババア
を相手にするよりおねえちゃんと話をしているほうがず
っと有益で人生の糧になります。


e0199046_14270695.jpg



[PR]

by obinborn | 2017-05-12 14:27 | rock'n roll | Comments(0)  

<< ウォーレン・ジヴォン「軒下のな... 5月6日のザディコキックス >>