ウォーレン・ジヴォン「軒下のならず者」

今日はあににくの雨だった。雨が降るから自分の行動範囲が
狭くなるということはないけど、こんな日はずっとウォーレ
ン・ジヴォンを聞いていたい。

*      *      *

北ハリウッドにあるハワイアン式のホテルに滞在して
今ぼくは空になったコーヒーカップを眺めている
この地にまだジプシーはいるんだろうか?なんて思いながら
ああ、L.Aじゅうのマルゲリータを飲みほしてしまいたい

もしカリフォルニア州が太平洋に吞み込まれたらどうしよう?
まるで神秘が告知したように 統計表が予見したように
たとえこのホテルが海に呑み込まれた時でも
支配人は宿泊代を取るのかね?

木々よ、朝陽を怒りとともに立ち昇らないで
木々よ、欲望とともにざわめかないで
ぼくを軒下のならず者のように扱わないで
天国って奴がそこを離れる者のためにあればいいのになあ

手をもがきつつ ぼくは朝目覚めた
どこかにぼくのことを理解してくれる女の子がいたらなあ
でも所詮 きみも夢のなかでしか自由になれないんだよ
ああ太陽よ ぼくを怒りとともに目覚めさせないで

ぼくは今 ハリウッドのハワイアン式のホテルに滞在し
空調が鳴る音を聞いている

(ウォーレン・ジヴォン/軒下のならず者)


e0199046_19363876.jpg



[PR]

by obinborn | 2017-05-13 19:36 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 激しい憎悪、友情の喪失、裏切り... 他人の人格を否定し続ける左翼 >>