ブリンズリー・シュウォーツ、幻のラスト・アルバムが発売された!

やっと届きました〜!ブリンズリーズ幻のラスト・アルバム!
簡単に曲をメモしておきましょう。WE CAN MESS AROUND
は作者ニック・ロウのヴァージョンが『ショウマンの悲劇』
で聞ける他、ザ・ルーモアがファーストで取り上げています。
ロウ=イアン・ゴムの名曲CRUEL TO BE KINDは初期の貴重
なもの。AS LOVERS DOはデイヴ・エドモンズがシングルの
B面に採用したロウ=エドモンズ曲。EVERYBODYはトミー・
ロウの歌でおなじみのオールディーズです。R&Bの曲として
はヴァレンチノズのチェス吹き込みIT'S ALL OVER NOW、
ウィリアム・ベル&ジュディ・クレイのスタックス録音PRI
VATE NUMBERがとくに光っています。またガーネット・シ
ムズの持ち歌として知られるI'LL TAKE A GOOD CARE OF
YOUも良いですね。これは近年のゴムがジェブ・ロイ・ニコ
ルズとの共演盤で歌っていました。

ロウ=ゴムの隠れた名曲GOD BLESS (WHOEVER MADE YO
U)などを聞いていると、長年に亘ってイアン・ゴムが本作の
アルバム化にこだわってきた理由が解るような気がします。
これは推測に過ぎませんが、CRUEL〜(恋する二人)が共作
にもかかわらず、ロウが先にソロ・アルバムで発表してし
まった悔しさもあったのではないでしょうか。ソングライタ
ーとしてゴムはロウ同様にブリンズリーズの音楽へと貢献し
てきました。そんな思いを汲み取りたいものです。

ブリンズリー・シュウォーツは『すべては終わった』を未発
表のまま、75年3月ロンドンのマーキー・クラブでのギグを
最後に解散しました。ニックはこう回想しています「もう
長髪のヒッピー・ロックの時代は終わりつつあったんだ。ぼ
くたちのバンドにしても、子供が生まれてツアーに出るのを
嫌がるメンバーも出てきた。あれが潮時だったのさ。ぼくは
まるで一人ぽっちで大地に立っている老人のような気持だっ
たんだよ」


e0199046_13303804.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-06-18 13:31 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 1975年のイーグルス フレッド・ニールのブルーズが風を切る >>