ステイプル・シンガーズ I'LL TAKE YOU THERE

ステイプル・シンガーズとの出会いは映画『ワックタックス』
でのことでした。その際に彼らが歌ったOha-La-De-Laが抜群
のゴスペルで、それほど間を置かずに英ロックのハンブル・パ
イがカバーしたこともステイプルズへの興味を繋げてくれまし
た。そんな彼らの代表作が『BE ALTITUDE:RESPECT YOURS
ELF』(STAX 72年)です。制作はスタックスを70年代に導い
た功労者アル・ベル。テネシー州エリアの彼はステイプルズを
アラバマ州のマスル・ショールズまで連れていき、レコーディ
ングを行いました。そんな音楽的な冒険心が嬉しいですね。例
えば彼ら最大のヒット曲I'LL TAKE YOU THERE(72年4月に全
米1位)ではレゲエの跳ねるリディムが強調されていますし、
歌とギターとの掛け合いのなかで「もっと弾いて!」とメイヴ
ィス・ステイプルがエディ・ヒントンに語りかける場面もたま
らないスリルとなっています。アルバム表題には『志を高く:
あなた自身を大事に』と掲げられ、60年代から脈々と続く公民
権運動を持続せんとする意志を感じ取ることが出来ます。とこ
ろで彼らは以降76年に映画『ラスト・ワルツ』に出演。ザ・バ
ンドの名曲THE WEIGHTを見事にゴスペル化したヴァージョン
が高く評価されました。いわばTHE WEIGHTの芯にあるものを
探り当てたわけです。そんなゴスペルとロックとの幸せな結婚
から学ぶものは少なくない。今はそんなことを思っています。

e0199046_01414142.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-06-22 01:41 | one day i walk | Comments(0)  

<< 6月22日の東京ローカル・ホンク グラム・パーソンズ『GP』 >>