6月22日の東京ローカル・ホンク

22日は東京ローカル・ホンクのワンマン・ライブを渋谷の
B.Y.Gにて。聞き馴れた歌があった。数回めに接する新し
い曲もあった。その一つ一つが初めて聞く音楽のように響           き渡り、染み込んでいく。時にホンクの歌は一番触れて欲           しくない部分、もっと正確に言えば、毎日の慌ただしい暮
らしのなかで避けて通っているところを、容赦なく照らし
出す。例えばこの夜オープニングに選曲された『ハイウェ
イソング』はどうだろう。その歌にはこんな一節がある「
いくつも通り過ぎていく/分岐点と交差点/一生にたぶん一
度だけすれ違う旅人たち/闇を突き抜ける光になって飛んで
いきたい/夜が終わるところまで」

柔らかい音像とともにそれらの歌詞が、今日も生きてくる。
あるいは生かされているという実感とともにぼくがおざな
りにしてきた過去や今現在に迫る。そう、いつまでも枕元
に残ったままずっと癒えない古傷のように。弾力があるベ
ース、まるでもうひとつの歌のように背後から打ち鳴らさ
れるスネアのワンショット、あるいは巣立ちする鳥のよう
に舞い上がっていく二本のギター。それらひとつひとつを
愛でずにはいられない一夜だった。


e0199046_04221472.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-06-23 04:22 | one day i walk | Comments(0)  

<< モーリー・ミューライゼン「もう... ステイプル・シンガーズ I&#... >>