小尾隆が選ぶロック・アルバム99枚!

1 ロッド・スチュワート『ガソリン・アレイ』
2 ロン・ウッド『ナウ・ルック』
3 ロニー・レイン『スリムチャンス』
4 イアン・マクレガン『バンプ・イン・ザ・ナイト』
5 フェイシズ『馬の耳に念仏』
6 クリーデンス『コスモス・ファクトリー』
7 グリース・バンド『ファースト』
8 ヘンリー・マカロック『マインド・ユア・オウン〜』
9 ジェシ・エド・ディヴィス『ウルル』
10 レオン・ラッセル『カーニー』
11 タージ・マハール『ナッチェル・ブルース』
12 グラム・パーソンズ『GP』
13 ドノヴァン『ライヴ・イン・ジャパン』
14 エディ・ヒントン『ヴェリー・エクストリミナリー〜』
15 アル・クーパー『アイ・スタンド・アローン』
16 ジェフ・マルダー『スリーピーマン・ブルース』
17 ライ・クーダー『紫の渓谷』
18 ジム・ディキンソン『ディキシー・フライド』
19 リトル・フィート『ファースト』
20 ウォーレン・ジヴォン『さすらい』
21 ローラ・ニーロ『ゴナ・テイク・ア・ミラクル』
22 ジョン・セバスチャン『ターザナ・キッド』
23 ピーター・ゴールウェイ『オハイオ・ノックス』
24 フィフス・アヴェニュー・バンド
25 ラヴィン・スプーンフル『デイ・ドリーム』
26 ルー・リード『ニューヨーク』
27 ニール・ヤング『今宵その夜』
28 ニルス・ロフグレン『クライ・タフ』
29 マレイ・マクロラン『スウィーピング・ザ〜』
30 ブルース・コバーン『雪の世界』
31 ジョン・ハイアット『ブリング・ザ・ファミリー』
32 ダグ・サーム『ヘル・オブ・ザ・スペル』
33 ロギンス&メッシーナ『シッティン・イン』
34 キンクス『マスウェル・ヒルビリーズ』
35 エリック・アンダーソン『ブルー・リバー』
36 トニー・ジョー・ホワイト『トレイン・アイム・オン』
37 ドニー・フリッツ『プローン・トゥ・リーン』
38 サー・ダグラス・クィンテット『メンドシーノ』
39 トム・ウェイツ『ハート・オブ・サタディナイト』
40 ローリング・ストーンズ『ナウ!』
41 ジョージ・ハリソン『オール・シングス・マストパス』
42 ジム・パルト『アウト・ザ・ウィンドウ』
43 ジーン・クラーク『ホワイト・ライト』
44 キース・リチャーズ『トーク・イズ・チープ』
45 ビートルズ『ホワイト・アルバム』
46 リンゴ・スター『ボウカップ・オブ・ブルース』
47 ベターデイズ『イット・オール・カムズ・バック』
48 ドクター・ジョン『ライトプレイス、ロングタイム』
49 ロニー・バロン『ファースト』
50 ザ・バンド『ブラウン・アルバム』
51 トラフィック『ミスター・ファンタジー』
52 スティーヴ・ウィンウッド『ナイン・ライヴス」
53 マイク・フィニガン『ファースト』
54 リンディスファーン『フォグ・オン・ザ・タイン』
55 ラブ・ノークス『レッド・バンプ・スペシャル』
56 エルヴィス・プレスリー『イン・メンフィス』
57 デレク&ザ・ドミノス『レイラ』
58 カーレン・ダルトン『イン・マイ・オウン・タイム』
59 ジョニ・ミッチェル『ブルー』
60 キャロル・キング『ライター』
61 ジェイムズ・テイラー『スウィート・ベイビー〜』
62 ダスティ・スプリングフィールド『イン・メンフィス』
63 ブルース・スプリングスティーン『セカンド』
64 ジャクソン・ブラウン『レイト・フォー・ザ・スカイ』
65 リチャード&リンダ・トンプソン『ファースト』
66 ディック・ゴーハン『ノーモア・フォーエヴァー』
67 ケイト&アンナ・マクギャリカル『ファースト』
68 カープ
69 ブルー・ジャグ『ファースト』
70 ブリンズレー・シュウォーツ『銀の拳銃』
71 エッグス・オーバー・イージー『グッドン・チープ』
72 ジェリー・リー・ルイス『ロンドン・セッション』
73 サンディ・デニー『海と私のねじれたキャンドル』
74 フォザリンゲイ『ファースト』
75 ボブ・ディラン『血の轍』
76 ジョン・プライン『ファースト』
77 ボビー・チャールズ『ベアズヴィル・アルバム』
78 ロス・ロボス『ハウ・ウィル・ザ・ウルフ〜』
79 フレッド・ニール『ブリーカー&マクドール』
80 ティム・ハーデン『セカンド』
82 トニー・コジネック『バッド・ガール・ソングス』
83 トッド・ラングレン『ラント:ザ・バラッド・オブ』
84 ニック・ドレイク『ファイヴ・リーヴス・レフト』
85 バート・ヤンシュ『バースディ・ブルース』
86 デラニー&ボニー『モーテル・ショット』
87 ジョージィ・フェイム『R&B アット・フラミンゴ』
88 ジェフ・ベック・グループ『オレンジ』
89 ニック・ロウ『インポッシブル・バード』
90 デイヴ・エドモンズ『ひとりぽっちのスタジオ』
91 マナサス『ファースト』
92 グレイトフル・デッド『アメリカン・ビューティ』
93 デイヴ・メイソン『アローン・トゥゲザー』
94 ハングリー・チャック
95 ホット・ツナ『バーガーズ』
96 ダン・ヒックス&ホットリックス『ラスト・トレイン』
97 アーロ・ガスリー『最後のブルックリン・カウボーイ』
98 ガイ・クラーク『オールドNO.1』
99 ヴァン・モリソン『ヴィードン・フリース』

*英米カナダの白人アーティストのみを対象にしました。
録音は64年から21世紀まで多岐に亘っていますが、自分
が曲目をすらすら言えるような盤を優先しました。そん
な意味では客観的なベストではなく、あくまで個人史と
して受け止めてくだされば幸いです(小尾)


e0199046_12533831.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-07-01 12:53 | one day i walk | Comments(0)  

<< ロッド・スチュワートの光と影 喫茶『なみま』の閉店に寄せて >>