追悼:グレン・キャンベル〜あなたとジミー・ウェッブの友情のために

今朝ジミー・ウェッブの曲とグレン・キャンベルの歌は相性
がいいって書いたけど、漠然とした想いのようなものしかな
く心もとない。ただウェッブの歌詞にはフェニックスやアル
バカーキやウイッチタなど、アメリカ各地の土地名を記した
ものが多く、それらがグレンの夏雲のように大らかな歌唱と
マッチしたのかもしれない。

ウェッブは職業的なソングライターとして他人に曲を提供し
てきた人だけれども、ゴフィン=キングやリーバー=ストラ
ーあるいはマン=ウェイルやポーマス=シューマンのような
コンビではなく、自分一人で作詞と作曲を手掛けた点が決定
的に新しかったと思う。ゴフィン=キングらティン・パン・
アレイの世代よりも後の60年代半ばに頭角を現した時代性も
あるだろう。シンガー・ソングライターのブームを予言する
ように自身の最初のLPも68年に作っている。そのアルバム・
タイトルは『JIM WEBB SINGS JIM WEBB』これ以上ない
くらいに、ソングライターと歌との関係を言い当てたものだ
った。

しかもそれらの歌は無邪気なティーンエイジ・ポップではな
く、もう少し青年期の影絵を正確に捉えていた。グレン・キ
ャンベルが歌った「ガルベストーン」はどうだろう。ヴェト
ナム・ウォーに駆り出された兵士の主人公はこう歌い出して
いく「知らないヴェトナムの土地でぼくは今銃を磨いている
/故郷のガルベストーンが懐かしい/ぼくは恋人を置いてきて
しまった」

ガルベストンのgと銃のgが残酷なまでに韻を踏み、主人公
の苦悩を映し出す。しかしメロディはどこまでも美しく気品
に満ち、声高に反戦を唱えるようなフォークソングとはまっ
たく異なる”音楽性”に満ちている。そういえば以前ジミー・
ウェッブにインタヴューした時、ぼくは彼に「どんな反戦歌
よりも心に響きます」と「ガルベストーン」の歌に敬意を表
したのだった。そのウェッブとキャンベルとはいわば兄弟で
あり、仲のいいフレンズであり、ヴェトナム・ウォーという

時代をともにした戦友だった。

2017年の8月9日、陽が高く立ち昇る時間の只中にグレン・キ
ャンベルの訃報が届いた。その時ぼくが真っ先に思い起こし
たのが、ウェッブが作りキャンベルが歌った「ガルベストー
ン」だった。その曲は69年の3月、全米チャートの4位に輝
いた。アメリカじゅうの多くの声なき人々がその曲から悲し
みを聞き取り、言葉にならない何かを託した瞬間だった。


e0199046_16231936.jpg




[PR]

by obinborn | 2017-08-09 16:23 | one day i walk | Comments(0)  

<< 『アフターダーク』再訪 映画『約束の地、メンフィス〜T... >>