2017年 06月 19日 ( 1 )

 

午後6時過ぎのジム・パルト

ぼくのブログのほうにJIM PULTEについて教えてください
というコメントを頂いた。どれだけ彼にとって有益だった
かは心もとないのだが、自分がもうすっかりそういう役回
りになっていることを実感させられた。元々パルトは西海
岸の垢抜けないカントリー・ロック・バンド、サウスウィ
ンドでベースを担当していた人で、とくに目立った実績を
残したわけではないのだが、ソングライターとしての才能
を買われたのか、71年にユナイテッド・アーティスツ・レ
ーベルと契約し、初のソロ・アルバム『OUT THE WINDO
W』をリリースした。

このアルバムが話題になったのは、何と言ってもジェシ・
エド・ディヴィスが制作し、幾つかの曲で彼ならではのギ
ターを弾いていたからだろう。バックの演奏もリー・スク
ラー=ジム・ケルトナーによる骨のあるリズム隊を大きな
背骨としながら、ドクター・ジョンのピアノが踊り、ラリ
ー・ネクテル(ブレッド)が繊細に鍵盤を奏でるといった
素敵なものだった。加えて当時新進気鋭だったベン・シド
ランによるピアノ/オルガンの貢献といったら!

そんな子細の数々をアルバムのジャケットを眺めながら
音とともに反芻していった日々が懐かしい。とても雨期
とは思えないほど快晴だった夕暮れ時に、再び『OUT T
HE WINDOW』をレコード棚から取り出してみる。窓の
彼方には自分の影絵のようなものが映し出され、近くの
時計は、午後6時が過ぎたことを告げている。


e0199046_18255460.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-06-19 18:26 | one day i walk | Comments(0)