2017年 08月 13日 ( 1 )

 

『アフターダーク』再訪

「人は昼間は無神論者でいられるかもしれない。でも夜一人
ぽっちになった時、どこかで神のことを思っている」そんな
哲学書がありましたが、今日久し振りに村上春樹の『アフタ
ーダーク』(04年)を読み直し、そのフレーズを思い返しま
した。発売された当時読んだ頃よりも染みるという体験は誰
にもあるでしょうが、私もまさにそんな感じでした。背景に
なっているのは阪神大震災で、その時心を砕かれてしまった
人たちが別の時・別の場所で何かしらの煩悶をしている様子
が、45歳の時の自分より58歳の今のほうが遥かに染み込んで
きたのです。

例えばとある登場人物のこんな呟きはどうでしょう「人間
ゆうのは、記憶を燃料に生きてゆくもんやないのかな。も
しそういう記憶の燃料みたいなものが私になかったとした
ら、私はとうの昔にポキンと二つに折れていたと思う。大
事なことやらしょうもないことやら、いろいろな記憶を時
に応じてぼちぼちと引き出していけるから、こんな悪夢み
たいな生活をし続けていても、なんとか乗り越えていける
んよ」

決して高く評価されているとは言い難い『アフターダーク』
ですが、読み直して得るものは少なくありませんでした。


e0199046_20104460.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-08-13 20:10 | 文学 | Comments(0)