2017年 10月 07日 ( 1 )

 

10月6日のガーランド・ジェフリーズ

    その男は突如New York Skylineを歌い始めた。そう、忘れも           しない77年のアルバム『Ghost Writer』A面の3曲めに収録さ
れていた曲だ。そして彼は茶褐色の艶やかな歌声を届けた。
遠巻きにニューヨークをスケッチしながら、主人公はこう歌
い始める「ベイビー・ジーンはヴァウデヴィルの女王様だよ/
彼女はラグタイムの夜を愛する/フラれるなんて解っているさ/
だって俺をあまりに軽く扱うから/ああ、ニューヨークの高速
道路が/俺を家へと連れ戻す/フィメール、フェリン、フェミニ
ン/そう、彼女は俺をそっと照らし出す」

激しい雨にもかかわらず、新宿のディスクユニオンで行われた
ガーランド・ジェフリーズのミニ・ライブ&サイン会は熱心
なファンたちで埋め尽くされた。筆者は開演の10分前に到着
したのだが、そこでは早くもジェフリーズが大盤振る舞いで
ルー・リードの Waitng For The Manを披露するわ、駆け付
けた多くの聞き手と会話をするわの興奮状態だった。私もい
つの間にか列に加わり、このロック詩人と抱き合った。こん
なにも嬉しいことは近年なかった。

ありがとう、ジェフリーズ! 大雨がむしろこの10月6日を
忘れがたいものにした。彼はミクスチュア・ロックの開祖で
あり、ラップが流行る遥か以前からトーキング・ブルーズの
手法をロックへと持ち込んだ優れたポエットであり、私たち
が普段見ぬふりをしている自分たちの暗い場所に光を当てる。
そう、まるで深夜の川べりに映る最後の灯火のように。



[PR]

by obinborn | 2017-10-07 00:53 | rock'n roll | Comments(1)