2017年 10月 18日 ( 1 )

 

立憲民主党とリッケンバッカー? なんじゃらホイ!

立憲とかけてリッケン。こんなダジャレから始まったのだ
ろうか。立憲民主党とリッケンバッカー社のギターを絡め
た選挙運動が一部で展開されているようだ。硬くなりがち
な政治をギターを通して身近にしたと好意的な感想もあれ
ば、一つの楽器を政治的に利用するな!という厳しい意見
も飛ぶ。ぼく自身は後者の立場を取る。リッケンバッカー
というファンにはお馴染みの個性的なギターやベースを、
ある特定の政党の選挙活動に用いるなどあってはならない
と思う。たとえ非公式の活動であっても、こうした安易な
結びつきだと、リッケンをシグネチャーとしてきたロジャ
ー・マッギンやトム・ペティあるいはポール・マッカート
ニーがまるで立憲民主党を支持しているような印象を与え
かねないからだ。いや、それは話が飛躍し過ぎるだろうと
いう声も聞こえそうだが、仮にぼく自身がリッケンの創業
者だったら、自分が丹精込めて作った楽器が政治利用され
ることに抗議するに違いない。その政治団体が立憲民主党
ではなく、自民党や共産党であったとしても自分は同じよ
うに対処する。自社ブランドってそういうものですよね?

そもそも音楽が放つ自由はいかなる党派性からも無縁だろ
う、というのがぼくの根底にある考えだ。ミュージシャン
が集会やデモに参加し、自分の政治的な見解を吐露するの
が自由であるのと同時に、その彼や彼女たちは自分とは違
う主義主張を持つファンを敵に回すというリスクを負う。
それでもオレは断固として◎◎党を支持するんだ!という
人はお好きにどうぞ、という他ない。でも大概の音楽家は
もっと音楽の持つ自由さ(抽象性)に賭けているんじゃな
いかな? 思えばあるバンドのライブで音楽的な高揚感や
一体感を得たとしても、集まったファンの生い立ちが違う
ように、政治的見解もそれぞれに異なるだろう。自分と同
じ考えだからその相手に親近感を覚えるというのはごく自
然な気持ちでぼく自身もよく理解出来る。でもだからとい
って自分とは真逆の発想をするファンを排除するような音
楽家には感心出来ない。

やや話が飛躍してしまったが、音楽とそれを奏でる楽器と
政治とのありようをちょっと考えてみました。


e0199046_04563821.jpeg


[PR]

by obinborn | 2017-10-18 04:58 | rock'n roll | Comments(0)