2017年 12月 12日 ( 1 )

 

ニール・ヤング『 HITCHHICKER』に寄せて

やっとニール・ヤングの『HITCHHICKER』がアメリカから到着!これを待っていました!76年にレコーディングされながらも、長いことお蔵入りしてきた未発表音源集だ。なかには『RUST NEVER SLEEPS』(79年)に収録されたpocahontasとpowderfingerとride my llamaや、『COMES A TIME』(78年)でバンド・ヴァージョンが聞けるhuman highway、あるいは『AMERICAN STARS'N BARS』(77年)で親しまれたthe old country waltzといった楽曲もあるのだが、いずれも初期テイクであることを伺わせる弾き語りが圧倒的に生々しい。the old country waltzのみピアノを前にしたものだが、他はすべてギター一本(ときにハーモニカも)によるゴツゴツとした響きがたまらない。クレイジー・ホースの荒れ狂うバンド・サウンドは無論大好きだけれど、その原点ともいえる剥き出しの歌とアクースティック・ギターに鳥肌が立つ。
  
ちなみに76年前後のニールを振り返ってみると、『ON THE BEACH』(74年)『TONIGHT THE NIGHT』(75年)といったダークな名作が並ぶ一方で、クレイジー・ホースとの再出発を誓った『ZUMA』(75年)あるいは旧友スティーヴン・スティルスとの共演盤『LONG MAY YOU RUN』(76年)や、カントリー・サウンドに大きく針が振れた『COMES A TIME』(78年)といった作品を残している。それらのオフィシャル・アルバムを聴きまくった者であれば、『HITCHHIKER』ほど嬉しいクリスマス・プレゼントはあるまい。
                                        本作『HITCHHICKER』のジャケットに映っているのは恐らくマリブのズマ・ビーチであろう。シャングリラ・スタジオの近くのズマで夜空を見上げながら「アケイディアの流れ木」を書いたロビー・ロバートソンは最後の達成を感じ、ザ・バンドの解散を決意したという。そしてニールはリック・ダンコとリヴォン・ヘルムを演奏に従えながら、あの暗喩に満ちたsee the sky about to rain(今にも雨が降ってきそうさ)を書き上げたのだった。それらひとつひとつのエピソードを反芻しながらこの未発表音源集を聞いていると、本当に胸が潰れそうになってしまう。

e0199046_18242977.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-12-12 18:29 | Comments(0)