カテゴリ:one day i walk( 890 )

 

冬の午後とリッキー・リー・ジョーンズ

町はすっかりクリスマス・モード。まあオイラには関係ないので
イブにはガラガラの日本料理屋か鰻屋にでも行こうかと自虐的な
ことを考えてみる。今年は会社を辞めてから10年目となる節目の
イヤーだった。その間に自分は書籍を4冊出したので他人にはう
まくやっているように映るのだろう。しかし印税なんて微々たる
ものであり、実際の私はそれこそ苦労の連続だった。まるで社会
から落ちこぼれ取り残されたような焦燥は、きっと職を失いハロ
ーワークに通い、毎日のように求人広告に目を通し、履歴書を書
きまくった経験のない者には解るまい。それでも今日も健康でこ
うして夕方のワインなぞ飲んでいるのだからシアワセなのかもし
れない。冬の午後はまるで追い立てられるように慌ただしい。こ
んな時にリッキー・リー・ジョーンズの『浪漫』を聞いていると
細胞が隅々まで温まってくる。若さ故に放埓だった頃をデビュー
・アルバムで振り返るという視点が良かったし、その日々はもう
戻らないという告白が名曲「カンパニー」で為されていたことに
も深く感動した。先日町で偶然にも会社時代の先輩に会い、せっ

かくだからと飲みに行った。彼の個人史も大変だったことが想像

出来た。私たちはいつもそんな風に暮らしている。                                      

e0199046_17272285.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-12-04 17:29 | one day i walk | Comments(0)  

マーク・ベノの定点観測

マーク・ベノに関しては語り尽くしてきた感があるものの、
先日950円で『LOST IN AUSTIN』の英国盤を見つけたの
でまた買ってしまった。言いたいこともある。それはベノ
の過去3枚のアルバムがアメリカ西海岸で録音されてきた
のに対し、この79年作では初めてイギリスに飛び、プロデ
ューサーにグリン・ジョンズを迎えた点だ。レコーディ
ングはジョンズのお膝元であるロンドンのオリンピック・
スタジオ。こうした環境の変化がベノの音楽に新しい風を
巻き起こしているような気がする。さらに演奏陣は当時ア
ルバート・リーを新メンバーに迎えたばかりのエリック・
クラプトン・バンドだ。E.Cはこの頃『スロー・ハンド』
(77年)『バックレス』(78年)といずれもグリン・ジョ
ンズ制作のオリンピック・スタジオ録音というアルバムを
たて続けに発表していたが、ベノとE.Cとの結びつきをジョ
ンズに求めるのはごく自然なことだろう。

但し変化球もある。エリック以下、カール・レイドル(b)
ディック・シムズ(kbd)アルバート・リー(g)まではク
ラプトン・バンドからそのまま抜擢されているが、ジェイ
ミー・オルデカは当セッションに参加せず、ドラムスには
名手ジム・ケルトナーが採用されている。これまでもベノ
を支えてきたケルトナーを信頼したということだろうか。
この人選がベノによる意向なのかジョンズのアイディアな
のかは定かではないが、聞き手はクラプトン・バンドwith
ケルトナーという何とも贅沢な演奏を味わい尽くす結果と
なった。ミッドテンポでもスローでもケルトナーは絶妙の
タイム感を醸し出しているのだが、スネアの一振りだけで
もベノの歌と呼吸し合っている様がよく解る。ぼくはドラ
ムのテクニックに関しては無知だが、優れたドラマーが感
じさせる半拍遅れのワン・ショットやミュートの”間”を聞
いていると幸せな気持ちに包まれる。

このアルバムが発売された79年前後はパンク/ニューウェイ
ブが全盛を迎えつつあった頃で、昨日までアロハとジーパ
ンと長髪だった奴が、突如YMO風の人民服にテクノカット
へと切り替えるといった(ぼくには不可思議としか思えな
い)ファッションの変化も目立った。そんな戸惑いを覚え
ていた当時、ベノの『LOST IN AUSTIN』なり、アルバー
ト・リーの『HIDING』は数少ない伴侶だった。それぞれ
のアルバム表題は『オースティンで迷子になった』と『
隠れて』そこに現行のシーンと距離を置こうとするアーテ
ィストの暗喩が汲み取れる、と言ったら贔屓の引き倒しで
あろうか。それでも彼らの音楽は長い歳月に晒されながら
も色褪せなかった。きっと長距離ランナーの定点観測とは
そのようなものであり、その眼差しはまるで暗い海を照ら
し出す灯台の灯のようだ。


e0199046_04363379.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-11-14 04:36 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

江古田「おと虫」閉店に寄せて

かなりのショックである。江古田の老舗中古レコード/CD
店「おと虫」が11月いっぱいで閉店するらしい。今日久し
ぶりにお店へ伺ったところ、店主から直接その旨を聞いた。
僕が最初に同店を知ったのは開店したばかりの79年夏だっ
たと記憶する。始めの頃は中古盤と並行して輸入LPも扱う
お店であり、通っていた学校がたまたま江古田だったこと
もあり、午後の講義が終わるとほぼ毎日のように通い詰め
たっけ。おと虫で安く買ったキンクス『マスウェル』デッ
ド『ウェイク・オブ・ザ・フラッド』アーロ・ガスリー『
最後のブルックリン・カウボーイ』などを、まるで昨日の
ことのように思い起こす。なお今後は通販専門店として営
なまれるらしい。それでも店頭販売がなくなってしまう喪
失感は計り知れない。およそ38年間「おと虫」で売り買い
しなかった年は一度もなかった。今まで本当にありがとう
ございました。これでルイジアナ音楽専門店「クラン」と
ともに江古田の灯がまたひとつ消えた。


e0199046_18414610.jpeg



[PR]

by obinborn | 2017-10-25 18:41 | one day i walk | Comments(0)  

再訪:トラフィック『When The Eagle Flies』

マスル・ショールズの面々とのツアーを73年の4月に終えて
からのトラフィックは、まずスティーヴ・ウィンウッドがレ
ミ・カバカらとアイヤ・ケテなるプロジェクトを組み、アル
バム『THIRD WORLD』を7月にリリース。大胆にアフリカ
音楽にアプローチしたが、一般的にはそれほど認められるこ
となく終わってしまった。大いなる母船であるトラフィック
のほうは、ウィンウッド/キャパルディ/ウッド/リーボップと
いう71年春以降の基本フォーマットを維持しつつも、74年の
5月になるとリーボップが遂に脱退し、新たにロスコー・ジ           ー(b)が加わった。ジャマイカ出身のロスコーはそれまでも          ゴンザレスやココモといった英ソウル/ファンク・バンドに在
籍していたが、ウィンウッドの説得によっていよいよトラフィ
ックへと合流する。

そんな新体制で録音されたトラフィック最後のスタジオ・ア
ルバムが『WHEN THE EAGLE FLIES』(英ISLAND ILPS92
73)だ。これまでもデイヴ・メイソンやリック・グレッチに
よるベース演奏がなかったわけではないのだが、ウィンウッ
ド/キャパルディ/ウッドによる『JOHN BARLEYCORN MUST
DIE』の簡素(いい意味で不安定)なオルガン・トリオに比
べると、専任ベーシストを投入しただけにサウンドの輪郭は
随分はっきりとした。アルバムの冒頭を飾るSOMETHING N
EWを筆頭にしたメリハリのある突き抜けた演奏は、まさに
新生トラフィックの誕生を告げるかのよう。むろんウィンウ
ッド=キャパルディのソングライティング・コンビによる
湿性の宇宙は健在なのだが、そこに仄かな太陽が加わったよ
うな暖色とアメリカ南部の匂いを感じずにはいられない。

自由闊達なジャム演奏。ゆったりと漂うモーダルな音階。そ
うした二つのエレメントが交錯した本作でのトラフィックを
聞いていると、果たしてこれはロックなのかジャズなのか、
はたまた全く異次元の何かなのか、筆者は未だに戸惑ってし
まう。その混沌とした気持ちはけっしてネガティヴなもので
はなく、ロックというフォーマットから67年の4月に始まっ
たトラフィックが、これだけのフリーダムを獲得したことへ
の歓喜であり、驚嘆であった。未だ聞くたびに新たな発見が
ある『WHEN THE EAGLE FLIES』を前に音楽的な好奇心に
燃えるバンドやアーティストはきっと少なくないはずだ。そ
の素晴らしい果実をまえにぼくは今日も震えている。


e0199046_16073512.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-10-17 16:09 | one day i walk | Comments(0)