カテゴリ:blues with me( 46 )

 

2月5日

「1962年の秋、ディック・テイラーとキース・リチャードとミック・ジャガーの
友だち三人組は、アレクシス・コーナーのアーリング・クラブでスライド・ギター
を弾くブライアン・ジョーンズを見に行った。そう、この時こそはローリング・ス
トーンズが結成される歴史的な瞬間だった。ブライアンの登場によってディックは
ギターからベースへとコンバートし、彼は数ヶ月の間ストーンズの胎児ともなった
のだが、やがて別れの時はやって来た。ストーンズはブライアンとともにプロにな
ることを決心した。ディックは”セカンド・ストリング・プレイヤー”という立場
に甘んじるよりはアート・スクールの学生であることを選択した。それは62年の暮
れのことだった」

プリティ・シングスのリイシューLPのライナーノーツにはそんな記述がある。
かくの如くディック・テイラーこそはローリング・ストーンズのオリジナル・メンバ
ーだったのだが、この事実が語られることは殆どなかった。そのことをとやかく言う
つもりはない。どんな時代であれ、”人生の選択”とはそのようなものであり、それ
以上でも以下でもないからだ。

それでもディックはやがてフィル・メイ(vo)らとバンドを結成し、64年の始めに
はフォンタナ・レコードと契約を取り交わすまでになる。グループ名はプリティ・
シングス。これは彼らが敬愛するボ・ディドリーのナンバー「Pritty Thing」から
拝借したものだった。マディ・ウォーターズの曲からグループ名を冠したローリング
・ストーンズと経緯が似ている点が面白い。

e0199046_18233338.jpg


プリティーズのファースト(64年)。
名前の由来に恥じないようにか、ボの曲は「Road Runner」「Mama, Keep Your Big
Mouth Shut」「She's Fine She's Mine」「Pretty Thing」と4曲もあり、他にもチャック・ベリーが「Oh BabyDoll」「Don't Lie To Me」が2曲と、やはりカバーが多い。ジミー・リードの「TheMoon Is Rising」を取り上げ、リードとエディ・テイラーによるギター2本の絡みを再現している点にも注目したい。

今やダウンライナーズ・セクトとともにガレージ・パンクの聖典とされているプリティ
ーズ。ブルーズやR&Bを取り上げていても、お勉強の匂いが全然しないところが圧倒的!
この”やさぐれ感”こそはブリティッシュR&Bの真髄なのかもしれない。

むろん青年時代のウィルコ・ジョンソンもプリティーズを聞いていただろう。
[PR]

by obinborn | 2012-02-05 18:57 | blues with me | Comments(0)  

1月22日

エタの訃報を昨日知った。
といっても、ぼくは彼女のあまりいい聞き手とは言えなかったけれども。

以前、マーシャル・チェスを取材させて頂いたことがある。
今悔やむのは、なんで彼にエタに関する質問を投げかけられなかったの
だろうということ。

今夜はただ静かに、エタのチェス〜アーゴ・レコードでのファーストを
聞こう。1960年の11月15日にリリースされたアルバムだ。
のちの南部はフェイム録音も素晴らしいけれど、シカゴで録音された本作
では、R&Bのスモール・コンボにライリー・ハンプトン・オーケストラが
加わり、滑らかなストリングスが月夜に向かって漕ぎ出していく。

そういえばジミー・ウェブが書いた曲にこういうものがある。
アート・ガーファンクルが歌った「All I Know」から引こう。

「たとえ歌手は去っても、歌は歌われていく(When The Singer Is Gone ,
Let The Song Go On)」


e0199046_221202.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-01-21 04:06 | blues with me | Comments(0)  

1月13日

あれは確か78年か79年の夏だった
渋谷の坂道にあったレコード店で俺はギター・スリムのレコードを買った

『ブルーズ・ブレイカーズwithクラプトン』のアルバムは先輩から借りて
聞いていたのだが 本物のブルーズを初めて購入したのは東芝のT・ボーンか
Vivid Soundsから出たこのギター・スリムのどちらかだったと思う

ギター・スリムのブルーズは破天荒かつ繊細だったように思う
音程が外れているようなワイルドなギターとニューオーリンズR&Bの鷹揚な
バッキングとの対比も鮮やかだったし 生き急ぐようなヴォーカルや性急なギター
は今振り返ってみれば 俺が好きだったロリー・ギャラガーのそれに似ている

誰にも基礎体力のような音楽があると思う
あれから30年以上の歳月が流れた
肝心なこととは果たして一体何だろう?

今 俺のもとには当時買ったそのLPがまだあり 俺は今夜もそれを聞いている


e0199046_19412628.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-01-13 19:43 | blues with me | Comments(0)  

1月9日

1910年にミシシッピのアバーディン近くに生まれたチェスター・バーネット
(つまりハウリン・ウルフ)は、49年頃になると自分のバンド、ハウスロッカーズを
率いて活動を始めた。
ギターはウィリー・ジョンソン、ピアノはストラクション、ドラムスはウィリー・
スティールといった顔ぶれで、やがて彼らはメンフィスやアーカンソー一帯の地区で、
最もパワフルで有名なリズム&ブルーズのコンボとなっていった。その結果ウルフは
西メンフィスのKWEM局で彼自身のラジオ番組を持つまでになったのである。

レイ・トッピングのライナーを訳すとおよそ以上のようなことが書かれているウルフ
の『Ridin' In The Moonlight』は、そんな初期のモダン/RPM吹き込みを中心に英ACEが
3曲の別テイクを発掘した82年のコンピレーションだ。

圧巻は彼らのテーマとも言うべき「House Rockin' Boogie」だろうか。
風を切るように豪放で、強烈なアクがあり、かつ人々を踊らせずにはいられない
サザーン・ブギ。

私が生まれるおよそ10年まえにこういう音楽が存在したことに畏怖せざるを得ない。
圧倒的な力感。己を肯定せんとする不遜なまでの態度。

まるでウルフは月の影から吠えるかのようだ。
そう、21世紀から最初の10年が経った私たちすべてに。


e0199046_1915197.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-01-09 19:02 | blues with me | Comments(0)  

1月7日

かつてブラインド・ウィリー・マクテルの復刻LPを買おうと思った動機は、
多くのロック・ファンがそうであったように、オールマンズがマクテルの
「ステイツボロ・ブルーズ」を取り上げていたからだった。オールマン兄弟
は実際はタージ・マハール版の同曲に触発されたらしいが、どういう経緯で
あれ、若かりし頃の私はある日の午後、吉祥寺の芽瑠璃堂でマクテルの盤を
購入したのだった。

原曲である「ステイツボロ」とオールマンズの演奏とを結びつけるものは殆ど
なかった。私はせっかく購入したアルバムをあっけなく閉まってしまった。
幾つかのラグ曲が例えばロバート・ジョンソン「レッドホット」のように軽快
だったことを除けば、背負うべき時代が違い過ぎるように思えた。

それから30数年経った。
私の耳や生活態度が、かつては恐らく幼稚過ぎたのだろう。

久し振りに棚から引っ張り出してきたマクテルの復刻LPが、今の私には突然
愛おしくなってきたのである。グリール・マーカスが言うように、マクテルは
街頭で人々が金を払い歌わせたがるものなら、宗教歌から猥褻な曲まで何でも
歌った。1920年代や30年代のジョージア州でマクテルが行っていたのは、
つまりそういうことであり、これもまたマーカスが言う通り、ディランが「ブラ
インド・ウィリー・マクテル」で描き出した最後の審判の日に抵抗するといった
内容とは不釣り合いなほど、その語り口は軽く、どこまでも夢想的だ。

1928年のステイツボロの町や暮らしに、私はただ思いを馳せるだけである。

e0199046_031447.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-01-08 00:32 | blues with me | Comments(0)  

12月14日

先日のラ・カーニャでのこと
遊びに来られていたロンサム・ストリングスの桜井さんと
しばし歓談し お酒を飲んだ

彼のような音楽家であれ ぼくのような物書きであれ
ともに音楽談義を交わすときはいつだって時間を忘れるくらい楽しい
メニューはブリンズリーズからザ・ルーモア、グレアム・パーカーから
ガーランド・ジェフリーズへと流れていった

とくに嬉しかったのはザ・ルーモアがカヴァーしたデューク・エリントン曲
「Do Nothin' Till You Hear From Me」のハナシが出来たこと

その曲をモーズ・アリソンがピアノで弾き語ったヴァージョンを今聞いている

e0199046_20484186.jpg


モーズの相方はベースとドラムスのみ 要するにピアノ・トリオであり
この隙間だらけの音の心地佳さといったらない
1963年発表の『Mose Allison Sings』(Prestige 7279)
他にもジョー・リギンスのスペシャリティ録音で知られる「I Got A Right To
Cry」や(シカゴ・ブルーズのほうの)ジミー・ロジャーズ「That's All Right」
などが収録されている

ベターデイズのセカンドでぼくが初めて知った「If You Live」もここでは
モーズの作者版でしみじみと聞くことが出来るし
写真右のアトランティック盤(66年)では コール・ポーターの「Love For
Sale」やバディ・ジョンソンの「Since I Feel For You」も記録された

「Since I Feel For You」が染みるなあ
ぼくはとくにボニー・レイットのヴァージョンが好きだ
[PR]

by obinborn | 2011-12-14 21:17 | blues with me | Comments(0)