<   2010年 11月 ( 51 )   > この月の画像一覧

 

11月30日

角田光代『ひそやかな花園』(2010年毎日新聞社)を読了
今年45冊め

子供は親を選べないし環境も選べない しかしその出自を知る権利は
ある ただどうだろう自分が人工授精によって出来た子供だと知った
場合は?

およそそのような主題を七人ぶんの”人工授精の子供たち”に振り分け
て進められる群像劇 私は最初”幼少期のサマーキャンプ”といった暗喩
から勝手にオウム真理教を信者の子供たちの側から見た作品かと思い
読み進めていたのだが 待っていたのは人工授精というこれまた重い
テーマだった しかも子供の目線から射る展開というのは案外忘れられ
がちかも

何も作者はその医学的かつ生態学的な是非を問うているのではない
結果として生まれてきたその七人のその後をしっかりと見守っていくだ
けだ むろんそこには煩悶があり迷宮が待ち受けているのだが 丁寧に
辛抱強く描くことで ときに激しくときに柔らかく読者へと訴える 

子供を書き込むことは同時にその父親や母親を観察することでもあろう
かつての親の年と自分が同じになったときやっと寄り添うことが出来るもの
が誰にでもあると思うが そんな邂逅もむろん用意されている

それにしても角田さんの筆致はいつもまっすぐで どこまでも力強い
人間という”不完全なもの”を見届けようとする力が奔流のようにこの物語を
支えている

e0199046_1521298.jpg

今朝の中野・哲学堂 
ウォーキングは20,622歩
[PR]

by obinborn | 2010-11-30 14:06 | 文学 | Comments(0)  

今年を振り返ってみると

まず最も残っているのが猛暑のことだったりします
あれは凄かったですね
倒れそうになりながらウォーキングしていました^0^

11月の終わりまでに達成出来たこと

1 現代小説を44冊読んだ(結論を求めない人のありか)
2 体重を8キロ減らした(目標はあと2キロ)
3 健全な食生活の保持(低カロリーの日本食は素晴らしい!)
4 今年もまた東京ローカル・ホンクと中村まりのライヴを見続けた
(ぼくは流行やエンタメで音楽に接しているわけではありませんので
余計な情報はシャットアウトします)

そんなところでしょうか

悲しかったのは アレックス・チルトンが亡くなってしまったこと


「大抵の人たちは”考えておくよ今度また電話するから”と言って
二度と連絡しない でもアレックスの場合、そういう断り方は絶対に
しなかったんだ」

(デヴィッド・フリクル『ローリングストーン』日本版より)

アレックスのまえで ぼくはいつも立ち尽くす
[PR]

by obinborn | 2010-11-28 20:35 | one day i walk | Comments(0)  

11月28日

今朝のウォーキングは10,312歩と少なめに調整しました

昨夜もガレージパンク好きのサトーさんに
「オビさんが好きなのは音楽と本ですけど あとは何ですか?」と
訊ねられ 「強いていえば歩きかなあ〜」なんて答えたのですが
それくらいウォーキングは毎日の生活に定着しつつあります

単純に日付けと歩数を記した専用のメモ帳もありますし
それとは別のいわゆるダイアリーには 行ったライヴ 買ったレコード/CD
読んだ本  行ったDJなどを通し番号とともにメモする習慣も保っています
書いた時点では何でもないことのように思えるのですが
振り返った場合に自分なりの個人史というか気持ちの流れのような
ものが浮かび上がってくるからです

今日はリンク レイの初期(1963~64年)録音集を聞いて感動を新たにして
いるところです 日本では何といってもヴェンチャーズのブームがありましたが
デュアン エディやこのリンク レイもギターインストの古典として忘れたくない
ものです

とくにリンク レイの場合 メロディックな部分を極端に排し徹底してリフで攻めて
いくところが パンク世代以降圧倒的に支持され再評価にも繋がりました
英aceが組んだこの編集盤も そんな時代に後押しされて発売されたものでした

「いくら綺麗なメロディがあっても自分の場合 それがべたっと張り付いただけの
音楽は駄目なんです」 こんなことをしょちゅう会話している私ですが それだけ
リズムやグルーヴの魔力に魅せられてしまった結果なのかもしれません
う〜ん、それだけリズムは奥深いものだし ビートこそはポピュラー音楽の生命線
だと思うから
[PR]

by obinborn | 2010-11-28 17:29 | one day i walk | Comments(0)  

狭山ロックンロール・コンベンション

27日は狭山ロックンロール・コンベンションのDJ会を
マックスウェル ストリートで行いました いやあ、楽しかったなあ
みなさん、ありがとうございました!

e0199046_0353816.jpg


私のプレイリストは以下でした
(part 1)
magic sam/san jose
van morrison/big time operators
little walter/crazy mixed-up world
little milton/we gonna make it
charlie rich/who will the next fool be
elvis presley/just a little bit
esquerita/rockin the joint
sam cooke/shake rattle and roll

e0199046_05153.jpg


(part 2)
booker T &MG's/sun king
sir douglas quintet/rains came
the texas mavericks/i fought the raw
sir douglas band/nitty gritty
aretha franklin/the weight
wilbert harrison/let's work together
the falcons/i found a love
the coasters/charlie brown
don covay/mercy mercy
humble pie/oh la-de-la
taj mahal/she caught the katy and left me a mule to ride
mitch ryder/you get your kicks
the animals/it's my life
chuck berry/let's boogie
bo diddley/diddy wah diddy

(encole)
sir douglas quintet/she's about a mover
the coasters/riot in cell block #9


e0199046_1175819.jpg


狭山のマックスウェル ストリートはサトーさんに紹介して頂いた初めての
お店でしたが とてもいい気持ちでDJすることが出来ました

e0199046_1252710.jpg


またお会いしましょう!

e0199046_734852.jpg


e0199046_7535221.jpg


e0199046_9372899.jpg

サーダグラスクィンテットのファーストアルバムは1966年に発売された
voxオルガンを持っているという理由でメンバーに抜擢されたオーギーマイヤーズ
のリフはやがてダグの歌と並ぶSDQの二大看板となってゆく
なお”シャドウ”があしらわれたジャケットは英国ビートバンドのように売り出すため
の戦略だったとか
[PR]

by obinborn | 2010-11-28 03:19 | rock'n roll | Comments(3)  

Rockin'Obin Talks Rockin'Robin

私ロッキン オビンの由来となったのは ご存知の方も多いと思いますが
ボビーデイのヒット曲「Rockin' Robin」です
私が生まれた1958年にリリースされたことにも何やら符合を感じてなりません(笑)

ちなみに58年のヒット曲にはチャック ベリー「Rock'n Roll Music」
ボビー フリーマン「踊ろよベイビー」 チャンプス「Tequila」
デュアン エディ「Rebel Rouser」などの古典的な名曲があるのでした
[PR]

by obinborn | 2010-11-27 15:54 | rock'n roll | Comments(3)  

本物のリベラリストとは何だろう

昨日は13,840歩 今朝は12,220歩でした
紅葉が綺麗です

柳井正さんのコラムから抜粋します

「(学生運動のデモやストライキには)僕は一度も行かなかった
さっぱり共感出来なかったからだ 彼らは大仰な言葉を 声高に 呪文のように
繰り返す 驚くほど誰もが同じ主張だった それはちょうど今の中国のデモに
似ている しかも世の中の 普通に働く人たちのことなど本当に考えているとは
思えない 甘えた机上の空論ばかりだった

村上春樹さんも学生運動の熱狂からは距離を置いていたと聞く 就職はせず
一人で小さなジャズ喫茶をやり 小説を書いた 成功してからも文壇とは付き合わず
マスコミにもあまり登場せずに黙々と書き続けた 集団に帰属しない個人の可能性
を信じさせるに相応しい活躍だと思う」
[PR]

by obinborn | 2010-11-27 12:15 | one day i walk | Comments(0)  

明日はまたDJイベントです

明日は狭山でのDJイベントです
西武新宿線の狭山市駅を降りてすぐの場所
お時間がある方は ぜひ遊びに来てください

e0199046_149272.jpg


なお来月の18日にはオビンが初めて藤沢で出張DJをします
これにて年内のお皿回しはひとまず終了
こちらも楽しそうなのでよろしくお願いします

e0199046_14142756.jpg

[PR]

by obinborn | 2010-11-26 14:12 | rock'n roll | Comments(2)  

11月25日

今日は朝と夕方に2回のウォーキングをしました
久しぶりに20,695歩を達成しました
今朝量った体重もいい感じに減っていて  すごく嬉しくって
そんな勢いもあって

政治に対するぼくの態度というのは
正義を声高に振りかざしてもいけないし
シニシズム(虚無主義)に陥ってもいけないというものです
叫べば俯瞰出来なくなってしまうし
かといって無関心は まさに為政者に利用されるだけ
そんな気がします

このことが何とかタゴール ウカイさんに届けばいいなあ
(ご指摘ありがとうございました!)
確かにseeよりももう少し強いwatchという姿勢は大事かと

久しぶりにチャック ベリーの『ロンドン セッション』(72年)を聞きました
片面のバッキングはむろんイアン マクレガン(p)とケニージョーンズ(ds)
つまり最盛期のフェイシズから二人が選抜されたのです!
憧れのベリー先生の背中を見ながら演奏するマックとケニーのことを
想像すると なんだかこっちまで嬉しくなってくるのです

片手に少しばかりの知恵を携えて
もうひとつの手に幾つかのユーモアの感覚を忘れずに
ぼくがロック音楽から学んだことは そういうことかもしれません

強い言葉を 強い発声で言えばいいというものではない
むしろ弱く 消え入りそうな言葉を聞き取りたいな 



左がベリーの『ロンドン セッション』(72年)
右がマックのファースト ソロ(79年)
前方にあるのはむろんサッポロ ビール!です ^0^
[PR]

by obinborn | 2010-11-25 21:48 | rock'n roll | Comments(2)  

そこにあった場所

政治とは取り引きをしない
権力とは握手をしない

政治とは契約を交わさない
権力とは遠い場所にいたい

北の国が矢を放つ
南のネイションが怯えている

持つ者と持たざる者
主張だけをする者 
思いを馳せる者

それでもぼくがいつも思い起こすのは
たとえば こんな言葉たちだ

「多くの人たちを短い時間でごまかすことは出来る
少しの人たちを長い歳月に亘って騙し続けることも出来るだろう
でも彼らをいつまでも 欺くことは出来まい」

政治とは取り引きをしない
政治の遊戯には加担しない

どうか思い出してほしい
イマジンをしてほしい

ぼくたちがかつて一緒にいた土地のことを
ぼくたちがかつて交わした笑みのことを

政治とは取り引きをしない
権力とは握手をしない

政治とは契約を交わさない
権力とは遠い場所にいたい
[PR]

by obinborn | 2010-11-25 01:38 | one day i walk | Comments(2)  

スポークン・ワーズ〜spoken wordsのこと

励ましのコメントをいただきありがとうございました!
勝手ながらこちらで返信させていただきたいと思います

練習を何度もしたとはいえ 自分のリーディングはまだまだ未熟でした
韻の踏み方 
バックトラックとの呼吸感
自分の発声
などなどに課題が残るのでした

またレゲエ/ダブやスポークンワーズといったジャンルへの理解や
”チャレンジング”という言い訳を
自分のパフォームと一緒にしてしまう甘えもあり
結果としてDJにお招きしたブンちゃんや新井さんにも申し訳が立ちません

本当にいいリーディングであれば レゲエやダブに興味がない人にも
きっと届いたはずですが それが出来なかったのは
やはり自分の未熟さ故でしょう
会場の雰囲気に呑まれてしまい 肝心のワン ヴァースを飛ばして
しまったことなどにも悔いが残ります

逆にいえばリントン クェイシ ジョンソンや佐野さんの大きさを再度
噛み締めさせられました
言葉を読む 言葉を音楽と同期させるといったことに関して彼らは
とても丁寧に向き合っているのでした

リーディングのテーマについては 在英ジャマイカンの”彼女”のことを
物語にしてみたのですが そのスケールに比べ自分の語法
はいかにも未熟でした

とりあえずリントンや佐野のカヴァーを試みることで少しずつ感覚を
養っていきたいと思っています

繰り返しになってしまいますが CAKEくん、utaさん、大森さん、酩酊爺さん
温かいお言葉をありがとうございます
すごく嬉しかったです

またいつかお会いしましょう


今日の午前11時 空が澄み渡っていました
[PR]

by obinborn | 2010-11-24 23:44 | one day i walk | Comments(2)