<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

4月27日そして追記

朝刊の文芸時評で斎藤美奈子さんがなかなか鋭いことを書かれていた

斎藤さんはこう筆を進める

「先の戦争の後、『文学者の戦争責任』が取りざたされた時期があった。
ならば『文学者の原発責任』だって発生しよう。安全神話に加担した責任。
スルーした責任。(中略)文学の人は文学だけを追求していりゃいいんだよ、
という態度は『文学村』の内部の言語である点において『原子力村』と同質
ではないか?」

この引用のなかの「文学」を「音楽」や「ボブ・ディラン」に置き換えてみれば
ここのところぼくがずっと抱えていたモヤモヤは幾ばくかすっきりする

早いハナシ、どの分野に於いてもオタクは駄目だということだと思う
ギター・オタクが音楽全体を見渡せないように 理系科学者が文明的な史観
に立てないように とことん内向きな精緻はときにこうして大きな間違いを起こす
それはミクロ対マクロのような形で ぼくらの生活全体に関わってくるのだ

ことさらディランに問題を絞ってみても この20年近くでディランをめぐる”情報”
に特化した人はいくらでもいたけれど ディランの歌を直感的に しかも虚心に
受け止めた音楽評論家やファンがどれほどいたことだろう  

中国当局の”検閲”を受け入れたディランの殆ど笑えない冗談のような あるい
はシュールな未来図に関して ディランを語る立場にいる人たちがスルーしてい
る樣は 弊logのコメントでvietnamcowboysさんが発言してくださったように
割り切れないものをやはり感じてならない

これはラップに詳しい人が必ずしもラップを取り巻く社会全体を広く把握出来る
わけではないという構造と恐ろしく似ている ちなみにラップに関していえば 
ぼくはルー・リードの「ワイルド・サイドを歩け」にその発芽を見るのだが 
ギャングスタ・ラップの”村”のなかではどうなのだろう? 

話は変わる

フィービー・スノウが脳内出血による合併症によって死去した 享年60歳
立ち位置としてはフォークやブルーズに影響を受けた人だと思うが
パースエイジョンズからビリー・ホリディ楽団のテディ・ウィルソンまでを
従えた音楽性の豊かさに思いを馳せたい
彼女が弾くギターにしてもリズミックな彩りに満ちていた
ああ、このシンコペ感覚!

それはサム・クックの「good times」をカバーした演奏に聞き取れるし
後年ケニー・ヴァンスのライヴに飛び入りしてサムの「you send me」を歌う
フィービーには思わず頬が緩んだものだった

e0199046_17351888.jpg


ニューヨークのA&Rスタジオで録音されたフィービー73年のファースト
相方ギターの人選はデヴィッド・ブロムバーグからスティーヴ・バーグ
(スティーヴ・フォーバートとの仕事で有名)、そしてデイヴ・メイソンまで

(追記)

ディランの中国公演に関する擁護派が批判派に対して
「もはや反戦歌やプロテスト・ソングの時代ではない」とか「あるがままに今の
ディランを受け入れるべき」とか問題をすり替えている現状が残念でならない

私が問題にしているのはあくまで中国当局の検閲を受け入れたディランに
関してであり そうした事態に関して発言しない(もしくは容認する)といった態度
はこれまた諦観を伴った自主規制ではないか? という懸念なのだ

中国当局の”圧政”に関してはみなさんご存知の通りだが
擁護派がそれらとディランとの関わりを語ることなく
朝日新聞の紋切り型記事(『フォークの神様』云々)批判と同列にしてしまっている
のは本当に不幸なことだと思う

また補足的に言えば一般新聞の記事というものは音楽専門雑誌と違い
ディランのことをまったく知らない人にも解りやすく簡潔に伝えなくてはいけない
使命がある 従ってこの記事を”時代錯誤的”という観点で批判しこと足りるわけ
ではない むしろディランのこれまでの歩みを限られた誌面で凝縮したという見方
も出来るくらいだ

ディランの初期キャリアに於いて言われたプロテスト歌手というイメージにいつま
でも引きずられるな それは当然そうだろう
しかしそのことを受け止めることが検閲問題をスルーする保険にはなるはずも
ない どうか問題をはき違えないでいただきたい
[PR]

by obinborn | 2011-04-30 04:57 | one day i walk | Comments(20)  

ハンクからヘンドリクスまでの旅

丘の上のマンションからサイケデリック・ミュージックが聞こえてくるぜ
平和と愛の歌をまだ歌っているのさ

ニール・ヤング「マンション・オン・ザ・ヒル」

e0199046_11114236.jpg


『傷だらけの栄光』と松田優作級のヒロイックな態度も全然鼻に付かないのは
ニール・ヤングが辿ってきたでこぼこ道を 誰もが知っているから

このアルバムの一振りが90年代の”グランジ・ヤング”を決定付け
轟音まみれの『ウェルド』ツアーへと駆り立てていった
ちなみに当時のメディアは本作を「feedback is back」と端的に言い表している

伝承歌「the water is wide」のメロディを借用した「mother earth」のノイズは
まるでヘンドリクスの亡霊のようだ
[PR]

by obinborn | 2011-04-29 11:00 | rock'n roll | Comments(2)  

打ち込みとウィンウッド

A君:「そりゃ、ベースとドラムズがなきゃロックじゃないだろ」

B君:「でもさあ、バスドラの4打ちってきつくない?」

A君:「まあね、それに併せてベースが16でハネるのはディスコだから、、、」

B君:「ぼくが大事にしたいのはビートの隙間なんだよ」

A君:「でもここでのウィンウッドはYMOの影響下、同期モノ一色じゃん」

B君:「まさに ぼくも77年のファーストが素晴らしかっただけにこれはショック
だった でもね、そうしたテクノ色のなかで微妙にズレていく彼のヴォーカルが
かえってスリリングでヒューマン・タッチだと次第に思えるようになったんだ」

A君:「なるほど そんな意味では『night train』は新しい時代のR&Bだったの
かもしれないね」

B君:「ジェイムズ・ブラウンに同じタイトル曲がありましたなあ〜」

A君:「このアルバムはジャスト80年制作 リズムに関する認識が旧世代と
新世代との間で分水嶺のようになっていったよね」

B君:「長々とフロウしていくセッションの醍醐味を熟知しているスティーヴィー
にしても これはチャレンジングだったと思う」

e0199046_1132250.jpg


ウィンウッドが全ての楽器を操った80年のマルチ・レコーディングス
自ら試みた同期モノと拮抗するかのようなソウルフルな歌が鮮やかに思いを
告げる
レイ・チャールズの語法を生かした「slow down,sun down」に ウィンウッドの
過去と現在が映し出されていた
[PR]

by obinborn | 2011-04-29 01:23 | one day i walk | Comments(0)  

4月28日

先日 近所のブックオフに新刊書籍(単行本)を買い取ってもらったところ
10冊でなんと1.000円というトホホなものでした
つまり一冊平均100円 デフレを痛感するこの頃です

書籍に限らずLP/CDも余程レアなものでない限り 定価の1割以下で査定する
のが当たり前の状況になってしまいました
かつては最低20%で買い取ってくれたという感覚がぼくにはまだ残っている
だけになんだか切ないですね

ちょっといいレコードであれば(輸入盤が1,880円相場として)850円で評価
していただいた時代もあったのになあ(涙)

たぶん震災以降はこうした状況はもっと加速していくと思います
つまり1,880円平均のノラ・ジョーンズやジャック・ジョンソンの輸入新品CDは
150〜200円で買い取りされて600円前後でブックオフに並ぶのです
マニアックなお店だったら 在庫過多やそぐわないという理由で買い取り
拒否になるかもしれません

景気が見えない→企業の賃金抑制→CDどころではない→安価のCDが欲しい
→(小売業は)高価ではお客さんが買ってくれない→結果的に投げ売り→
お店の投資に回せない→存在意義がない→あの店は100均か? といった評価損
そんな具合でまさに負の連鎖なのです

せめて心穏やかに生きたいと思うし  
手持ちのLPを繰り返し大切に聞きたいと思う今日この頃です

e0199046_1923727.jpg


A面をまるごと「カリフォルニア組曲」に費やしたジェシ・コリン・ヤングの74年作
演奏者の自意識から逃れているような佇まいは まさにポスト・ロックかも
ヤングブラッズ時代の名曲「light shine」を再演しアルバム表題にしたこの男
今であればさしずめ元祖ジャック・ジョンソンとして崇められていたかも
[PR]

by obinborn | 2011-04-28 19:21 | one day i walk | Comments(2)  

4月26日

今日は実家がある所沢に行き 少しばかり家の整理などをしてきました

生前の父は戦中派の多くの人たち同様にモノを溜め込むくせがあり
それだけ戦争中は物資不足で困ったということの裏返しなんでしょうけれど
デパートの紙袋一式から自家製工具さらには薪を焚くための木材まで
その量だけで膨大なのでした
さらに多くの蔵書の内容からはまさに”戦後”が透けて見えるような気がしました

結果今回の大震災や原発事故を知ることなく 二年まえに死去した父ですが
それを知らなくて良かったのかどうかは解りません
原発に関しては
ものすごく平たく言うと 文明の進歩に伴う”ツケ”とはこのようなものであり
その代償は計り知れないものだなと やっと多くの人々が実感したのではないで
しょうか

暖を囲む そんな平穏な日常さえ奪われた人たちのことを思うと
安全神話の果てにあった多くの逆説を感じずにはいられません

e0199046_1344024.jpg


二次大戦後のまさに第一世代ともいうべきヴァン・モリソン、ロニー・ドネガン、
クリス・バーバーが揃い踏みした98年のライヴは ヴァンの故郷である北アイルラ
ンドのベルファストで行われた
ワン・コードでがんがん押していくグルーヴも心地好いし ジョン・リーから
影響されたと思しきヴァンの”乱れ打ち”ギターも貫禄勝ちといったところだ
ドクター・ジョンのピアノも華を添えている
[PR]

by obinborn | 2011-04-27 01:54 | one day i walk | Comments(0)  

ディランは飼い馴らされた犬になったのだろうか?

言葉狩りに関しては少し前にこんなニュースもありました

 *          *          *

ボブ・ディランが初の中国公演、「承認」済みの曲披露
2011年 04月 7日
 [北京 6日 ロイター] 反戦などのメッセージ性の強い楽曲で知られる米ベテラン歌手ボブ・ディランが6日、北京工人体育館で中国初のコンサートを行い、ファンから熱狂的な歓迎を受けた。

 ただ、ディランはおよそ2時間にわたる公演で、「時代は変る」など中国政府を刺激する恐れのある曲は一切歌わなかった。「見張り塔からずっと」を披露し観客からスタンディングオベーションを受ける場面があった一方、およそ5000人の観客に対して直接語りかけたのは、バンドの紹介のみにとどまった。

 コンサートを見に来た北京の弁護士(30)は、「政治が理由で多くの曲が歌われなかったので少しがっかりした」と述べた。

 コンサートの主催者は、昨年にディランの中国公演を実現させようとしたが当局の許可が下りなかった。今回は「承認された内容の範囲」で公演を行うことを条件に許可が下りた。

 ディランは今週、上海でもコンサートを行う予定。

*          *          *

極めてシンボリックな事件にもかかわらず
ことさらディラン好きを自称するファンや音楽評論家たちから(ぼくの知る限り)
何のステートメントもないのが不思議といえば不思議である
今更ロック=反体制とは思わないが ディランにはもう少し気概を示してもらいた
かった

e0199046_5343195.jpg


ギターはかつて女子高生のアイドルだったチャリ坊に
ウッドストックの重鎮ラリー・キャンベル
そしてVox3オルガンを操るのは我らがテキサン、ミスター・オーギーである
いわば酸いも甘いも噛み分けた男たちがバーで一杯引っ掛けたあと
「ちょっとスタジオ行く?」みたいなノリで奏でられた演奏はいとも容易く
アメリカ音楽の歴史を横断する
ちなみにアルバム表題は「愛をもって盗む」
さすが先生、解っていらっしゃる(笑)
[PR]

by obinborn | 2011-04-26 21:12 | one day i walk | Comments(4)  

1978年

「上京していきなり外泊かと自分に呆れたが、帰ったところでする
ことがあるわけじゃなし、久雄は平野の下宿に泊めてもらうことに
した。それより、誰の許しを得るでもなく自由に外泊出来ることに
気付き、心が弾んだ。今日、本当に自分の一人暮らしは始まった
のだ。そろそろキャンディーズのコンサートも終わりが近付いてい
るらしい。球場内ではひときわ大きな歓声があがって、最後のシ
ングルとなった『微笑みがえし』が歌われていた。」

(奥田英朗「春本番1978.4.4」より抜粋 『東京物語』に所収)

78年の前半といえばぼくはそれまでのビートルズ一辺倒から抜け
出し いよいよ本格的に洋楽にのめり込み始めた頃だった
春にはスコーピオンズのライヴを中野サンプラザで体験し
夏には延期の果てにやっと実現したリトル・フィートの公演を同
じくサンプラザで観た インスト作品「day at the dog races」が始ま
るとステージの袖に引っ込んでしまったローウェル・ジョージの寂しそ
うな姿が今でも忘れられない

あれから32年も経ってしまったのが自分でも信じられない
ローウェルもリッチ・ヘイワードもそしてスーちゃんも
この世にはもういない

e0199046_1994514.jpg

[PR]

by obinborn | 2011-04-25 19:13 | 文学 | Comments(4)  

21世紀のスーパー・セッション

e0199046_634370.jpg


おお、すげー!

先週末に西荻窪で行われたプレビュー的なセッションです
ナカハラさん(左端)から何となく情報はお聞きしていたのですが
行きそびれてしまいました

タマコウォルズのお三方(左から半分)に木下弦二さんと青山陽一さんが
そろい踏みなのでした!

何の曲をやったのか どなたか教えていただければ嬉しいです
[PR]

by obinborn | 2011-04-25 06:40 | one day i walk | Comments(2)  

4月24日

ファッツ・ウォーラーの元歌を聞いたのが最初だったのか
それともこのレオン・レッドボーンのヴァージョンが始まりだったのか
どちらかはもう記憶に定かではないけれど
そんな風にして軽妙洒脱な「ain't no misbehavin'」を知ることになった

ぼくの場合、ロニー・レインがウォーラーの「手紙でも書こう」を
歌っていたことも大きかった

早く大人になりたいと思っていた頃
ぼくが憧れていたのはウォーラーのようなオールド・ジャズであり
ジャンプやジャイヴといったジャズが難しくなる以前の音楽だった

川の流れというものは上流に溯れば溯るほど成り立ちが見えてくる

そんな意味でライ・クーダーの『ジャズ』は刺激的なアルバムだった
そしてレッドボーンの『オン・ザ・トラック』(75年)もそうだった

二人はともに新しいことよりも古いことに価値を見出すような人たちだった
あるいは”若さ”よりも老いに気持ちを寄せるような人たちだった

両者のレコード・レーベルはワーナー・ブラザーズの傘下であり
そのような音楽的な探訪を需要とは別に育むスピリットが同社にはあった

B面の2曲めは「ルルが町に戻ってきたぜ」
ギターの共鳴板を叩くレッドボーンのしぐさが粋だなあ
そんなことを思いつつ
またB面の2曲めに針を落とすのだった

e0199046_2253199.jpg

[PR]

by obinborn | 2011-04-24 22:56 | one day i walk | Comments(2)  

4月23日

中村まりを下北沢のラカーニャにて

雨降るなかを会場に向かう そういえば中村のライヴ演奏に
初めて出掛けた09年の秋も小雨が降っていたことを思い出す

この日は中村と絆も深い安宅浩司のギターを伴う構成で
シンプリティのなかにも2本のギターが微かな広がりを見せた
安宅はオブリにスライドにさりげなく美味しいフレーズを織り込んでいく
「Rail Road Blues」やブラインド・ブレイクの「De De Wah DeDe」などは
とくにこの編成ならではの楽しさを見せる
さらにジミー・ロジャーズのナンバーでは二人のヨーデルが映え
図らずもロジャーズへのトリビュートといった趣きが生まれた

第一部の終盤と二部の序盤と後半は中村のみの弾き語りとなり
こうしたコントラストも小波となり大波となっていく樣が
客席にも伝わっていく
ポール・マッカートニーの「Rocky Lacoon」にしても原曲の輪郭を引き立て
ながらポールにはないブルーズ感覚を押し出すという秀逸な出来
同曲でのとくにエンディング間際の骨っぽい一振りは中村ならではの芯の強さに
触れたような思いがする

このソロ・パートでは彼女の新曲「When The Day Is Over」と
「Light Hearted Train」が聞けたことも嬉しかった
ファンに馴染んできた感じの「Still In The Sun」ともども これらの曲が
スタジオ・レコーディングでどう展開されていくのかも見守っていきたい

アンコールの一曲めはあの伝承歌「私は巡礼」
少ない言葉のなかに多くの含みを持たせるのはカントリ−やブルーズ音楽の
優れた手法のひとつだが “I Am A Pilgrim"という主題が
暗い時期や宛先のない感情を少しずつ温めていった

祈りとは言葉ではなく そういうものだと思う

e0199046_9232110.jpg


中村まりと

e0199046_9252618.jpg


e0199046_9255913.jpg


彼女自身にも恐らく高揚感がずっと残っていたのだろう
ライヴ終了後はすぐ近くのleteで行われていた青山陽一のソロ・ライヴ
へ飛び入りするというスウィート・サプライズも!
あの名曲「Night Owls」を青山のコーラスとともに歌い拍手に包まれた

そして青山は音楽的創意に富んだ「電波組曲」を歌い 客席との
コール&レスポンスによって掌にあるものを鮮やかに証明してゆく
”続く耳鳴りのようなレディオ”
その繰り返しの渦はもう少し聞いていたいと思わせるほどだった

e0199046_140130.jpg


(この写真は青山さんのHPから借用させていただきました)
[PR]

by obinborn | 2011-04-24 09:46 | 中村まり | Comments(2)