<   2012年 11月 ( 46 )   > この月の画像一覧

 

63歳の肖像

ニック・ロウは今年の3月、63歳になった。その
ニュースを聞いた時はさすがにぐっと込み上げて
くる気持ちがあった。

思えばぼくが物心付いた?二十歳の頃からおよそ
10年年上の先輩のようなニックを聞いてきたのだ
からもう長い付き合いになるけど、その時その時
で彼は様々な表情を見せてくれた。若く血気盛ん
な時代から人生の機微を感じさせるようになった
近年まで、そのひとつひとつの歩みに感じ入って
きた。ストレートな愛とやら平和とやらに茶々を
入れまくっていた若いニックの気持ちを理解出来
た。素直になれない気持ち。屈折した心情。そん
な彼に影を落としていたのは、言うまでもなく、
ヒッピーズ・ドリーム〜ウッドストック世代に対
する言い知れぬ幻滅だっただろう。

e0199046_21131372.jpg

(79年の6月にリリースされたセカンド・ソロのインナー・
スリーヴ。この時点でニックはまだ30歳になったばかりだ
った)



世代としてはニックがポール・マッカートニーの
7つ下ということで、何となくその距離感を解っ
て頂けるだろうか。そんなニックが結果としてパ
ンク〜ニューウェイヴ時代の水先案内人となった
こともまた必然だったと思う。逆に言えばニック
はヒッピーにもパンクスにもなれなかった分岐点
的な世代に属していたのかもしれないけれど。

そんな屈折した過去を持つ彼が、今や普通の人々
の暮らしを歌う。近所のどこにでもいそうな彼や
彼女の光となり影となりながら、彼らの心情に寄
り添う。そのことをぼくはとても尊く思う。

2011年の秋にリリースされた『The Old Magic』
は、そんなニックの一番新しい日誌であり報告記
だ。どこか自嘲しながら”そのくたびれた魔法”と
いうアルバム表題を付けることに彼らしい視線の
落とし方を感じる。そう、ニック・ロウもまた音
楽というマジックに囚われてしまった愛すべき人
なのだった。

それにしても「売り家あり House For Sale」の
蒼茫感や苦みはどうだろう。”ぼくはもうこの家
を出ていくよ、ヴァンが来て荷物を持っていくの
さ。ぼくは『平和と愛と理解の何が一体おかしい
んだい? (What's So Funny 'bout )Peace Lov
e And Understanding』の歌を歌いながら去って
いくんだ”

かつて直裁な表現にどこまでも衒いを見せた男が
ようやく辿り着いた赤裸々な心情吐露。この歌を
聞いた時、ぼくはニック・ロウというちょっとし
た先輩のことを、より愛おしく思った。

e0199046_21101526.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-30 21:05 | one day i walk | Comments(0)  

イアン・デューリーの置き手紙

シリアスな時代だからといって青筋立てて深刻ぶった歌ばかり歌うというのはどうかな?振り返ってみれば、ザッパも牛心隊長もイアン・デューリーも彼らの音楽には毒とともにユーモアがあった。それと同じ匂いをオレはハル宮沢の歌に感じるのさ。奴は不真面目なことをとても一生懸命にやっているからね!

e0199046_138438.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-30 13:10 | rock'n roll | Comments(0)  

冬の日のオーティス

ダレル・バンクスのノーザン・ソウルでふと思い
出したのが、オーティス・クレイのワンダーフル
・レーベル時代のことだった。ミシシッピ州生ま
れのクレイだが、60年代にはシカゴへと赴き、こ
のワンダーフルに何枚かのシングル盤を吹き込ん
でいる。

そんな時代のなかでもとくにお気に入りの曲が、
私の場合「That's How It Is」だ。イントロ部で
のスネア一発!に導かれながらクレイが丹念に、
情熱を込めて歌い込んでいくミディアム・バラー
ドであり、演奏陣はまったく不明ながらここには
シカゴ・ソウルならではの引き締まったグルーヴ
があり、満たされる思いは大きい。

このシングル盤と思わず巡り会えたのは比較的近
年のこと。そう、今では店舗部門を閉められてし
まった江古田のワン・インチ・レコードでのこと
だった。このお店のお二人も一人がボ・ディドリ
ーのコレクターであったり、もう一人の方がガレ
ージ・ロックのマニアであったりと、店内に入る
だけでそれはもう強烈な磁気を放っていたのだが、
むろんこうしたソウル古典への目配りも当然のこ
とながら為されていた。

それはともかく、オーティス・クレイである。思
えば彼ほど日本で親しまれてきたソウル・シンガ
ーもいないのではないだろうか。クレイと言えば
70年代のハイ・レーベル時代がまず語られる。む
ろんハイでクレイは黄金時代を迎えたと筆者も思
う。でも、その助走としてこのワンダーフル吹き
込みのことも忘れて欲しくはない。

ひたむきな歌唱はどこか融通の効かなさと紙一重
でもあるが、こんなにも聞いていて心洗われる人
は、そういるものではあるまい。まるで冬の風に
逆らうようにじわじわと歌い込んでいくオーティ
ス・クレイ。その姿はまるで合わせ鏡のように私
のなかにある邪心やら卑近な感情やらを解き放ち、
すくっと遠い場所までを見渡すことを促していく。

e0199046_4342357.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-30 04:37 | one day i walk | Comments(0)  

Open The Door To Your Heart

大好評のアトランティックR&B1,000円シリーズ
だが、私が真っ先に購入したのがタミー・リンと
このダレル・バンクスだった。とくにバンクスの
場合、LP時代に同じような廉価盤で出たワーナー
・パイオニア盤を買い逃してしまった苦い経験が
あるだけに、今回は即反応させて頂いた。

裏ジャケットのライナーノーツをニューヨークは
WLIB局のジャック・ウォーカーが書いていること
からも察せられるように、本作の録音はデトロイ
トとN.Yの二カ所。というかバンクスがレヴィロ
ットとアトコに吹き込んだシングル盤をまとめた
のがこの『ダレル・バンクス・イズ・ヒア!』(
67年)なのだが、ここには真にノーザン・ソウル
の粋が溢れ返っている。

ソングライター陣にガーネット・シムズやテリー・
ランザオ、あるいはパーラメンツ(のちのパーラ
メント)のジョージ・クリントンやモータウンの
ヘンリー・コスビーが参加している点からもその
ノーザン度が伺えるだろうし、バンクスがのちに
ドン・ディヴィスのプロデュースを仰いだことに
も頷く部分は少なくない。

やはり代表曲は全米チャートで27位(R&B部門
では2位)に輝いた「Open The Door ToYour
Heart」だろうか。モータウン〜デトロイト・ラ
イクなボトムのしっかりしたサウンド、よく弾む
ビートに乗ったバンクスの骨っぽいヴォーカルが
「これぞノーザン!」といった気風の良さを伝え
ていく。あるいは「Angel Baby(Don't You Ever
Leave Me)」での頭打ちのスネアはどうだろう?
それは私にスティーヴィ・ワンダー「Uptight(E
verything's Allright」(66年に全米3位!)と同
じ鼓動や生命力を感じさせる。

シングル盤の寄せ集め集とはいえ、本作にはソウ
ル・ミュージックがこれから新しい時代に向けて
大きく羽ばたいていこうとするような勢いで一杯
だ。それはモータウン・サウンドの明るさや覇気
にも似て、これから始まる季節への予感に満ちた
ものだった。まるで陽射しに溢れた土地へと思い
を繋いでいくような「Our Love(Is In The Pocke
t)」でのダレル・バンクスの歌を耳にすると、そ
んなことを思わずにはいられない。

e0199046_18163336.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-29 18:19 | one day i walk | Comments(0)  

きみたちはぼくを踏みつけながら平気で行進する

一緒に行進しようよときみたちは言う/みんなで歩けば勇気が出るよときみたちは 言う/本当なのかな?きみたちに付いていくことが/本当なのかな?勇ましい行進をすることが/きみたちは平気でぼくの影を踏みにじる/ねえ、一緒に歩けない奴 だっているんだぜ

(小尾の自作即興詩「きみたちはぼくを踏みつけながら平気で行進する」)

e0199046_22213747.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-27 22:22 | rock'n roll | Comments(1)  

There's More To The Picture Than Meets The Eye

(26日、twitterに頂いたお返事より)

*  *  *

音楽の旋律にのって、流れてくるような 小尾さんの文章を楽しく拝読させていた だいております。こちらこそ、いつもあ りがとうございます。また私は中野の生 まれで、練馬にも住んでいたことがあり、 江古田や桜台と聞くと、とてもなつかし くなってしまいます。

*  *  *

世の中、不寛容や紋切り型の言説が跋扈
しているけど、こんな風に(とくに女の
人から)言われると何だか嬉しくなって
しまうなあ〜^0^
ちなみに表題はニール・ヤング「My My,
Hey Hey」の歌詞から引用させて頂きま
した。

e0199046_16373545.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-27 16:43 | one day i walk | Comments(0)  

Closer to the flame

2007年から09年にかけてオレの書物プロジェクト
に関わってくれた紅2点を紹介しよう。LtoRでデ
ザイン担当のI嬢と、編集・制作全般のK嬢。本が
出来たのも彼女たちがいてこそ。オビンは見事に
仕切られっぱなしでした^0^

(写真は中目黒時代のバードソング・カフェにて)

e0199046_843545.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-27 08:45 | one day i walk | Comments(0)  

荒野を照らし出す月

東京アンダーグラウンド永遠の風雲児、
ハル宮沢氏(写真左から2人め)の近
影!ハンクからヘンドリクスまで。パ
ンクからカントリーまで。その旅は果
てることがない。苦み走った歌声と血
塗れのエレクトリック・ギターに辿っ
てきた道々の刻印がきちんと為されて
いる。現在の軸となるコスモポリタン
・カウボーイズ以外にも彼は様々な別
動隊〜プロジェクトを実践しているの
だが、その最新型が何でも「ブギ奉行」
だとか(笑)お前一体何考えてんだ?
というツッコミよりも、タフな胃袋と
奥底に流れる柔らかい心をどうか感じ
て欲しい。錆び付いた権威よりも自由
になびく風を選び取ったこの男に、今
宵もまた月や星がそっと微笑んでいる。

e0199046_23421879.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-26 23:46 | rock'n roll | Comments(0)  

Hey Jude

 先日も友人と話題にしていたのがビートル
ズ久し振りのアナログ・リイシューのことだ
った。といっても価格の高さやツルツル・ジ
ャケの味気なさなどがどうしても目立ってし
まい、「21世紀もビートルズかよ~」とちょ
っと状況を揶揄するような会話になってしま
った。個人的な音楽体験を振り返ってみても
ビートルズは必須科目というか通過儀礼みた
いなものであり、手を変え品を変えながら次
々と発売される近年のアイテムには殆ど食指
が動かない。

 とはいえ勿論ビートルズは大好きだった。
中学と高校の6年間で彼らの曲は殆ど覚えて
しまうくらい夢中になったし、10年に満たな
かった活動期間にあれだけの創作意欲を漲ら
せて成長していった姿も見事という他ない。
恐らく岐路となるのはビートルズそのものへ
どんどんマニアックになっていくか、それと
も他の音楽へと好奇心を広げていくかの違い
なのだろう。知らぬ間に後者の道を選んだぼ
くはやがてバッファロー・スプリングフィー
ルドやCSN&Yを知り、ザ・バーズに開眼し、
ニール・ヤングやジェイムズ・テイラーの歌
に共鳴していった。

 それにしてもビートルズのカタログが『パ
スト・マスターズ』を含む14アイテムに固定
されてしまってから久しい(むろん『アンソ
ロジー』や『ラヴ』といった企画物は除く)。
アップル〜EMIの立場としては公認オリジナル
・アルバムとしての13枚に、シングル盤のみで
発売された曲やヴァージョン違いなどを集め
た『パスト〜』を加えた形でカタログを整理
したかったのだろうが、ご存知の方も多いよ
うにリアルタイムの60年代は勿論、70年代
になってからも各国で作られる独自の編集盤
というものがあり、それが実に味わい深かっ
たのだ。だいいち日本で最初に出た『ミート・
ザ・ビートルズ』や『No.2』にしたって、
UKオリジナルの1作目、2作目とは収録曲
が異なっていたんだからね(苦笑)。

 今回取り上げる『ヘイ・ジュード』も、今
となってはすっかりレアになった珍編集盤?
である。何しろ全10曲が「恋する二人 I Sho
uld Have Known Better」のような初期のリ
ッケンバッカー・サウンドからスライド・ギ
ターが埃っぽく舞う末期の「オールド・ブラ
ウン・シュー」まで時期が完全にバラけてい
るという状態。今冷静になって考えてみれば、
オリジナル・アルバムに未収録だったシング
ル曲を中心にコンパイルした内容であること
は間違いないのだけど、、、。

e0199046_16454696.jpg


 それでもこの『ヘイ・ジュード』にはずい
ぶんお世話になった。先ほど触れたように録
音時期がまちまちだっただけに、初期の無邪
気な音と辛辣な「ドント・レット・ミー・ダ
ウン」とでは随分雰囲気が異なることを子供
心に察することが出来たし、どこか諦観が漂
うジャケットでの四人も”大人の事情”を物語
っているようでちょっぴり複雑な気持ちにも
なった。そういえばリンゴ・スターが険悪な
空気に耐えられずスタジオを抜け出してしま
う事件もあったっけ。それを象徴するのが「
ジョンとヨーコのバラード」であり、ここで
はリンゴの代わりにポールがドラムスを叩い
ているのだった。「オールド・ブラウン・シ
ュー」のブルージーで泥臭い味わいにしても、
綺麗なメロディを追いかけるだけで精一杯だ
った中学生にはただただ謎に満ちた演奏であ
り、こうしたジョージの方向性がスワンプ・
ロック・ライクな「スー・ミー・スー・ユー
・ブルーズ」へと結び付いていくことなど、
当時は知る由もなかった。

 この『ヘイ・ジュード』で真っ先に思い出
すのは、近所の駄菓子屋さんに集まってみん
なで開封したばかりのこのLPを聞いたことだ。
その店の一人息子だった同級生が、確かお年
玉を貰ってレコードを購入し、それじゃ一緒
に聞かせてよと集まったのではと記憶してい
る。互いに酸いも甘いも知らない中学生だっ
たあの頃。ただただビートルズのレコードを
ステレオで聞けるというだけで興奮したぼく
たちクラスメイトは、みんなで「ヘイ・ジュ
ード」の”ラ~・ラ~・ラララッラ~”のリフ
レインをハミングして喜び合っていた。その
時にお店が出してくれたお煎餅のことまで、
今でも覚えているくらいだ。
[PR]

by obinborn | 2012-11-26 17:10 | rock'n roll | Comments(0)  

One Day I Walk

深まりゆく秋をしみじみと感じさせた日曜の午後。
ウォーキングの途中に見上げた江古田の森は、私
を見透かすかのように堂々と季節の移ろいに耐え
ていた。

e0199046_21175568.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-25 21:19 | one day i walk | Comments(0)