<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

フォザリンゲィ、1970年

フェアポート・コンベンション脱退後にサンディ・デニーが結成したグループがフォザリンゲィだった。のちにサンディの夫となるトレヴァー・ルーカスをはじめ、ストリング・ベンダーの名手として斯界の注目を浴びることになるジェリー・ ドナヒューが呼び寄せられ、英アイランドから70年に唯一のアルバムを発表した。サンディ自身としてはまだまだ暗中模索の時期だったろうが、これが思わぬ大傑作となった。

楽曲の良さ、伸び伸びとした歌唱、起伏に富んだバンド・アンサンブルなどからしても翌71年にリリースされたサンディの初ソロ作The North Star Grassman and Ravensの前哨戦と言うべきアルバムであり、そのThe North〜にルーカスは勿論、フォザリンゲィのパット・ドナルドソン/ジェリー・コンウェイという強力なリズム・セクションが顔を出していることからも、まるで地続きのようにレコーディングされた連作の如き印象を受ける。

元々Fotheringay という言葉自体、サンディがフェアポートに持ち込んだ曲だった。忘れもしない彼らのセカンド・アルバムWhat We Did On Our Holidays(69年)の冒頭に置かれたこの歌こそはサンディの新たな門出に相応しいものだったが、そんなタイトルを冠したフォザリンゲィというグループに賭けた彼女の思いは並々ならぬものだったはず。

サンディ自身が弾くピアノで厳かに始まるNothing Moreから次曲The Seaへと連なる場面転換がドラマティックだし、それからルーカスが書いたThe Ballad Of Ned Kellyへと、デニーのイメージを決定したかのようなWinter Winds、さらにルーカス/デニーの共作Peace In The Endへと続く。そんなAサイドの流れがまず完璧。対するB面ではゴードン・ライトフットのThe Way I Feel、ボブ・ディランのToo Much Of Nothingを収録するなど、カナダ〜アメリカの同世代ソングライターと共鳴しつつ、最後はイングランドの伝承歌Banks Of The Nileで幕を閉じるといった具合に、英米それぞれの要素が随所に汲み取れる。

思えばフェアポート自体がジェファーソン・エアプレイン的なサイケデリアを感じさせ、またジョニ・ミッチェルやレーナード・コーエンをカヴァーするなどして始まったバンドだったが、フォザリンゲィもまたその遺伝子だったのだろうか。なおデニー/ルーカスの未発表音源集としてはThe Attic Tracks 1972〜1984(豪Raven 95年)が、夭折してしまった二人への花向けとなった。

e0199046_19323818.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-22 19:35 | one day i walk | Comments(0)  

11月の終わりとサンディ

久し振りにサンディ・デニーのBBC音源ボックス(07年)を聞き直した。素晴らしい。スタジオで録音されたものもあればコンサートを収録したライヴ音源もあるが、いずれも彼女のギターやピアノを伴った弾き語りだけに歌の骨格が浮かび上がってくる。リチャード・トンプソンのギターやデイヴ・マタックスのドラムスが陰影を加えたスタジオ・レコーディングもむろん価値あるものだが、たとえ一人になったとしても彼女だけの世界へと引き込んでしまうのがサンディならでは。

録音時期は71年から73年に集中しているが、なかには60年代終盤のソロ・パフォーマンスもあり、そこでの初々しい姿も感動を呼ぶ。Blackwater Sideのようなブリテン諸島の伝承歌もあれば、トム・パクストンのThe Last Thing On My Mindのようにアメリカのフォーク・ソングを取り上げたものもあるが、そうした英米の音楽に素材を求めつつも、オリジナルの名曲をたくさん生み出したことが何よりも彼女の功績だろう。

サンディが歌い始めた途端に周りの空気が張りつめる。イングランドの凍て付いた光景がふと立ち現れる。吐く息は白く、この小さな町が次第に閉じ込められていくことを思い知らされる。Late Novemberを聞きながら、私はこの冬のことを考え始めている。

e0199046_23513217.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-21 23:53 | one day i walk | Comments(0)  

さようなら、愛と平和の偽善者たち

朝日夕刊が放射性廃棄物の最終処理場について、国が来年にも
候補地を提示する旨を伝えている。ぼくはその場所は東京近郊
でいいんじゃないかと考えている。最も電力を消費してきた東
京とその周辺が、原子力使用後の廃棄物を受け入れるのはいわ
ば当然の帰結だと思うから。東京で反原発の運動をしている人
たちがもしそれを嫌だと言い、「どこか遠くの」土地に埋めて
欲しいとでも夢想しているなら、それこそエゴであり偽善だよ
ね。あらゆる意味で彼らの運動にとってリトマス試験紙になり
そうだな。

e0199046_19484617.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-20 19:49 | one day i walk | Comments(2)  

昼ごはん

今日もフィリピンで救助活動に当たっている自衛隊の皆さんに感謝しつつ、これからお昼ごはんを頂きます。ここに思想的な偏向はないはず。むしろ日本人の一人として当たり前のことだと私は思っています。なかには自衛隊と耳にしただけでアレルギーを起こす人もいるでしょう。でもちょっと考えてみてください。国防というのはいわば国民が安定した生活を過ごすための必須条件です。銀行や企業あるいは人によっては我が家にセキュリティを置きますよね。規模こそ違うとはいえ、私はその延長線として自衛隊のことを理解しています。ややハナシは飛躍しますが、自衛隊イヤ東電キライというだけではあまりに稚拙過ぎますし、議論の俎上にも乗りません(笑)。むろん平和は尊いものですが、あまりに理想論ばかり振りかざす人は、きっと現実を見ていないのだと思います。そういえばジャクソン・ブラウンの歌にRock Me On The Waterがありました。その歌詞にはこうあります。「あなたのまえにある標識を見てごらんなさい。それはあなたが注意するものではなく、人々に向けられたものですよね?」

e0199046_12534348.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-19 12:52 | one day i walk | Comments(0)  

ホンクのリスト

今年最後の素晴らしいワンマン・ライヴを聞かせて
くれた東京ローカル・ホンクのセット・リストです。
(11月14日@吉祥寺スターパインズ・カフェ)

(パート1:アコースティック)
〜無伴奏コーラス
1.自然ソング
2.おいのりのうた
3.お散歩人生
4.心の行進
5.遠い願い
6.たまらない夜(ガソリンズ)
7.生きものについて
8.夏みかん

(パート2:エレクトリック)
9.お手手つないで
10.泥男
11.お手紙
12.拡声器
13.昼休み
14.夜明けまえ
15.社会のワレメちゃん
16.おいでおいで
17.さよならにありがとう

(EN )
18.はじまりのうた
19.サンダル鳴らしの名人
20. 車のうた
21.すんだこと

e0199046_15463837.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-16 15:50 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

11月のホンク

ついこの前まで半袖とサンダルだったのに、
町はいつの間にか冬支度。そんな季節の移
ろいの早さに戸惑いつつも、14日は吉祥寺
のスターパインズ・カフェにて東京ローカ
ル・ホンクを。彼ら今年最後(ソロやニュ
ーイヤーズ・フェスを除いて)のライヴと
なったが、この年を締め括るべく臨んだワ
ンマンでのたっぷり3時間、全21曲にも
及ぶ演奏に心が躍った。

今回はメンバー四人が車座となって向き合
うスタイルが採用され、会場の中央に置か
れたステージを観客が円形となって囲む。
そんな寛いだ雰囲気は、まるで暖を取るた
めに集まった友人・知人たちのよう。ライ
ティングも効果的に、第一部はアコーステ
ィック、二部はエレクトリックで彼らの歩
みを凝縮していく趣向だ。前身のうずまき
時代を含めればおよそ20年近くにもなる
活動歴を誇るホンクだが、一貫してアプロ
ーチしてきたのは日本語のきれいな響きと、
それを過不足なく届ける無駄のないバンド・
アンサンブル。なんでもうずまき時代には
「空調を切ってください」とお店に伝える
こともあったようだが、そんな小さな音へ
の意識は今なお汲み取れる。エレクトリッ
ク・セットでの逞しいサウンド~ジャム展
開も魅力的だが、アコースティックで奏で
られたパート1では木下弦二のソングライ
ティングの根っこというか、歌の息遣いに
まで触れるような思いがした。

まるでブルガリアン・ヴォイスのように厳
かなコーラスの輪唱から始まり、1曲めの
「自然ソング」へと「おいのりのうた」へ
と引き継がれていく。序盤のそうしたさり
気ない流れが次第に起伏を描きながら、や
がて大胆なまでのエレクトリック・サウン
ドへと逞しく変貌していく様はまさにドラ
マティック。「心の行進」や「サンダル鳴
らしの名人」といったうずまき時代の名曲
から「夜明けまえ」と「夏みかん」で冴え
渡るアカペラ、またはホンク流セカンドラ
インと盆踊りが合体したような「お手手つ
ないで」やメロディの輪郭が優しい「さよ
ならにありがとう」といった最新のナンバ
ーまで、今に至る彼らの歴史が万遍なく網
羅された選曲だったと思う。久し振りに聞
いた「遠い願い」や「はじまりのうた」に
も歌詞と情景とが同時に皮膚へと染み込ん
でいくような鮮烈さを感じずにはいられな
い。

簡素な言葉の連なりのなかに含みを持たせ
るといった意味では俳句の世界にも通じる
けれど、けっして諦観めいたものではなく、
彼らは自分たちが育った品川〜目黒区辺り
の商店街や人々の暮らしを映し出してきた。
ことさら大袈裟に愛やら平和やらを叫ぶ曲
はひとつもないが、もしも明日突然失われ
てしまったならすごく悲しいだろうな、と
思わせる愛おしい日常の光景をホンクたち
は掌のなかにそっと握りしめ、慈しんでみ
せる。特定の誰かを激しく糾弾するような
曲も一切ない。しかしながら後先までずっ
と残っていく”長持ちする歌”とは、きっと
身近な光景のなかで拾い上げたものである
はず。今夜の演目で言うのであれば品川の
工場街を切り取った「昼休み」などは、そ
んな彼らの真骨頂に違いない。

ホンクのライヴに通い出してから筆者は6
年が過ぎようとしているが、とくにここ数
年は彼らがまた一つ高い山に登り切ったよ
うな達成感を覚える。腹の底から出してく
るコーラスの温かみは勿論のこと、ギター
とベースとドラムスが互いに呼吸し、弾み
ながら周りの景色を瞬時に塗り替えていく
ミラクルな場面がこの日も幾度となく訪れ
た。ホンクがいなくても今日が終わり昨日
となりやがて一年が過ぎる。それでも彼ら
の音楽を知った幾多の人たちは、きっと明
日も灯火をかざしながら歩んでいくことだ
ろう。

e0199046_129610.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-15 01:33 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

素晴らしいロス・ロボスの新作

ロス・ロボスの新作が素晴らしい。結成40周年
を記念したライヴ盤で、昨年の12月にニューヨ
ークのシティ・ウィナリーで収録されたものだ
から最近の彼らを知るには最適の一枚に違いな
い。とくに謳われてはいないものの、コンラッ
ド・ロザーノのエレキ・ベース以外は、セサス
・ロサスもデヴィッド・ヒダルゴも、そしてす
っかりフロントに立つ姿が板に着いてきたルイ
ス・ペレスもアコースティック・ギターを弾い
ているのが今回の特徴だろう。スティーヴ・バ
ーリンの分厚いバリトン・サックスやバグス・
コンザレスの情熱的なドラムスのお陰で普段通
りの力強い演奏に変わりはないのだが、今回は
生楽器との対比がおなじみの曲たちに新味をも
たらせているようだ。

とくに「Tears Of God」と「La Venganza De
Los Pelados」が続く辺りが前半の山場で、ザ・
バンドのような芳香を湛えた前者といい、クン
ビアならではのダークな世界が蠢く後者といい、
じっくり噛み締めるようなニュアンスが全面に
出ている。ときにヘンドリクスやトラフィック
の曲を混ぜ合わせつつ飛びまくる彼らのエレク
トリック・セットも圧巻だが、一歩引いたよう
な今回の演奏にはさざ波が少しずつ押し寄せる
ようなきめ細かい表情が伺える。初期の陽気な
テックス・メックスを思い起こさせる「Gotta
Let You Know」や、それとは対照的に粘つく
ような展開を見せる「Maria Christina」での
ロサスのドスの効いたヴォーカルには生気が漲
っているし、ペレスのクアトロが揺らめく「M
alaque」での弦楽器が重なり合う様にも、じわ
~っと発酵してくるような味わいがある。

振り返ってみれば、ロス・ロボスはイーストL.
Aに住むチカーノの第二世代とでも言うべきロ
ック・ジェネレーション。ライ・クーダーの『
チキン・スキン・ミュージック』を聞いてメキ
シコ音楽に目覚めたとメンバーが語る(北中正
和氏の『楽園の音楽』を参照のこと)通り、60
年代のロックを浴びるように聞きながら育って
きた出自を持つ。ロボスたちがフリートウッド・
マックのブリティッシュ・ブルーズに夢中にな
ったり、フェアポート・コンベンションのよう
なロックからの伝承音楽へのアプローチに親近
感を覚えるのはごく自然な行為だったはず。そ
んな彼らがやがてテックス・メックスやコロム
ビア地方のクンビア音楽に挑んでいくのだから
歴史のネジレとは面白いものだなと思う。

演奏面で最も尖っていたのは『コロサル・ヘッ
ド』の頃だが、ラテン・プレイボーイズでの実
験やロス・スーパー・セヴンでのルーツ探訪な
ど、メンバーの別動隊とでも言うべき活動を経
ながら、近年のロボスはゆるやかに歌モノに回
帰しているような印象を受ける。ここでの成熟
した演奏を耳にしていると、そんな風に思えて
ならない。

e0199046_15482826.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-14 15:50 | one day i walk | Comments(0)  

フラッシュさんの7's放出セールにお伺いしました!

今日は下北沢フラッシュさんの特売日! R&B中心に計20
枚のシングル・レコードを購入しました!以下が戦利品
です。
Bobby Bland/I Smell Trouble(Duke)
Junior Parker/Why Do You Make Me Cry(Duke)
Sonny Boy Williamson/The Goat(Checker)
Little Milton/Let's Get Together(Checker)
The Meters/Cissy Strut(Josie)
The Meters/Chicken Strut (Josie)
James Brown/Bring It Up(King)
Hank Ballad&The Midnighters/I'm Thinking Of You
(King)
Howard Tate/Look At Granny Run Run(Verve)
Willie Bobo/Sunshine Superman(Verve)
Soul Sisters/I Can't Stand It (Sue)
Syl Johnson/Come On Sock It To Me(Twilight)
Illinois Jacquer/One Nighter Boggie(Mercury)
The Impressions/People Get Ready(Abc)
The Parlaments/(I Wanna)Testify (Revitot)
Eddie Floyd/Knock On Wood(Stax)
The Box Tops/The Letter(Mala)
The Box Tops/Neon Rainbow(Mala)
Cannibal&The Headhunters/Land Of 1000
Dances(Rampert)
The Blasters/I'm Shakin (Slash)

とくに嬉しかったのがソウル・シスターズのI Can't
Stand Itかな。スペンサー・ディヴィス・グループ
もカバーしていたっけ。他にもチカーノ・ソウルの
カンニヴァル&ヘッドハンターズ、ロン・ウッドも
取り上げたパーラメンツ(トではない!)のTestify、
シル・ジョンソンなどの激レア盤を入手!これでお
よそひと月は楽しめます^-^

e0199046_19384310.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-09 19:39 | one day i walk | Comments(0)  

ライ・クーダーの最新ライヴ作

ライ・クーダーの最新ライヴ作が届いた。そ
れもテックス・メックス編成による演奏とい
えばあの名作『Show Time』(77年)のこ
とを思い起こさずにはいられない。実際メン
バーにはフラーコ・ヒメネスやテリー・エヴ
ァンスといった『Show Time』に参加して
いた人達が名を連ねていたり、会場も同じく
サンフランシスコのグレイト・アメリカン・
ミュージック・ホールとくれば、ちょっとし
た感慨にも襲われてしまうが、それにも増し
て今なお続くフラーコとの友情や、自身のコ
ンボに加えて分厚いホーンズと打楽器を聞か
せるLa Banda Juvenil楽団との共演が今回の
胆となるものだろう。

選曲にしても「Do Re Mi」「School Is Ou
t」「The Dark End Of The Street」「Vol
ver, Volver」と4曲までが『Show Time』
と重複するのだが、演奏のニュアンスはコン
フントからオルケスタになったぶんかなり違
うし、何よりライ自身の声とギターも変わっ
た。一段と低くなったヴォーカルには通り過
ぎた歳月を覚えるものの、ギターに関しては
より練られた閃きを感じる。例えば「The D
ark End~」の場合、以前はソロ・フレーズ
をスライドで長く弾いていたのに対し、今は
指弾きできらりと光るソロを短く加えるとい
った具合に。それを成長と呼びたい。柔らか
い音色にも年輪が微笑んでいるかのよう。

やはり胸が熱くなるのは一貫してテックス・
メックス・スタイルにこだわっていることだ
ろう。ロスアンゼルスに生まれたライにとっ
てメキシコ音楽とはイースト・L.Aなどすぐ
隣で鳴っていた音楽であり、ウディ・ガスリ
ーのフォーク・ミュージックやレヴァランド
・ゲイリー・ディヴィスのブルーズと同じく
らい、いやそれ以上に自らの出自に関わるも
のだったに違いない。平均的なアメリカ人で
ありつつも、そうしたマイノリティの音楽や
カルチャーに敬意を表すること。その音楽を
実践してみること。それがライの生命線であ
り、弱い者たちへと向けられた眼差しであっ
たはず。そうした方向性が近年はキューバ音
楽へのアプローチへとなって実を結んできた
が、そうした長い旅を経てからはここ数作で
テックス・メックスへと回帰し、連作や組曲
といったスタイルでチカーノの栄枯盛衰を寓
話のなかに甦らせてきた。それだけにこのラ
イヴ作は親和性に富むものになったと思う。

「El Corrido De Jesse James」や「Volver,
Volver」では、La Banda Juvenil楽団がとく
に熱のこもった演奏を聞かせる。それらがラ
イの歌やギターと折り重なる時、私は文化の
折衷や想像力のことに思いを寄せたりする。
録音は2011年の8月31日と9月1日。グレ
イト・アメリカン・ミュージック・ホールか
らは歓喜の声が聞こえてくる。

e0199046_2316549.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-11-08 23:22 | one day i walk | Comments(0)  

震災書簡その5

震災後幾度かに亘って何人かの方たちとメールでやりとりを
し、ここに公開してきた。多くは原子力の是非やデモに関す
る問題提議となったが、今回もまた彼とともに逡巡してみた。
なおこれまでの書簡と重複する部分は省略し、今回はなるべ
くシンプルな形にまとめ、結論も留保している。
 
*       *       *

小尾
こんにちは。原発を含めた政治的なことをネットで議論するの
はやはり限界がありますね。理解以前に悪意を前提に互いがそ
れぞれの主張を競ってみたり、反対VS推進のレッテルを貼られ
るだけだったり。ちょっと距離を置きたいと思っています。

僕は小尾さんの言葉に勇み足を止めてもらった一人です。子を
持つ親として原発反対を頑なに通していましたが、原発関連の
仕事で家族を養う方もいる。事故以前、その恩恵を受け、電気
を使ってきた人々は素知らぬ顔で東電解体とは叫べない。今は
距離を持ち、無理のない発送電分離から学んでいる最中です。

小尾
お返事ありがとうございます。知れば知るほど想像すればする
だけ、いろいろな場所で様々な事情があって人々が暮らしてい
ることに気が付かされますね。そこに善悪の公式を当てはめる
のは無理かつ乱暴過ぎます。それでも反核デモのあり方に疑問
を呈しただけで肩身が狭くなる現実に悄然となったりします。

何かの犠牲の上に自分は生かされていると思うと、世の中そん
な単純じゃないですもんね。小尾さんの深みのある中庸的意見
にはいつも考えさせられます。こんな複雑な状況で、二元論に
頼るには無理があります。わかりやすさに飛び付くのは危険。
みな、考えること、想像することを忘れたのでしょうか。

小尾
震災後世論が二分したように、かつて経験したことがない大き
な事故が起こると、解り易い主張にすがりたくなるのかもしれ
ません。何となく周りのムードや不安に流されて脱原発と言い、
人々と安易に連携することには抵抗があります。むろん日本の
将来を考えた際、今大きな岐路に立っているのですけれど。

e0199046_1137850.jpg

*写真はあくまでイメージです。
[PR]

by obinborn | 2013-11-08 12:06 | one day i walk | Comments(0)