<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

38年めの『ラヴ・ユー・ライヴ』を聴いて

75年の北米ツアー及び76年の欧州公演から抜粋された『
ラヴ・ユー・ライヴ』は当時のストーンズの総決算と言っ
ていいでしょう。かつて帯同していたボビー・キーズやジ
ム・プライスのホーン・セクションが取り払われた代りに、
ビリー・プレストン(kbd)とオリー・E・ブラウン(perc)
が参加するというサポート・メンバーのマイナー・チェン
ジにも注目したいところで、この二人のアフリカン・アメ
リカン・ミュージシャンの貢献によって、ストーンズの演
奏はさらにコクのあるブラック・テイスト満載のものとな
りました。またミック・テイラーに代わって新参加したロ
ニー・ウッドのギターに関しては、テイラーのような光沢
のあるソロラインは求められないものの、リズミックな語
彙に長けたリックに地味ながら彼のセンスを感じます。こ
の頃キースが「ロニーと一緒にプレイしていると初期のス
トーンズのオリジナル・アイディアに戻れるんだよ!」と
発言していたのも忘れ難いエピソードです。

アルバムはアーロン・コープランドの「庶民のファンファ
ーレ」で幕を開け、キースのゆったりしたカッティングが
聴衆をじらしながら盛り上げていく「ホンキー・トンク・
ウィメン」へと繫がっていきます。「イフ・ユー・キャン
ト・ロック・ミー」とメドレー形式で歌われる「一人ぽっ
ちの世界」にしても、60年代のビート・バンド時代とはま
るでニュアンスの違うファンク感覚が斬新であり、ミック
と掛け合うビリー・プレストンの黒光りするヴォーカルが
圧巻です。実際のコンサートよりも早めにセットされるキ
ース・タイムではあの「ハッピー」が登場!これに関して
はテイラーのスライド・ギターで聴きたかったという気持
はありますが、ロニーの粗野な演奏も悪くないですよ(あ
えてテイラー期のブートレグのお話はしません)

このライヴ・アルバムを特別なものにしているのは、通称
「エル・モカンボ・サイド」として親しまれてきたC面で
しょう。カナダはトロントにあるクラブ、エル・モカンボ
で繰り広げられた77年3月の秘密ライブを収録したこの面
では、まるで彼らがデビュー以前にマーキーやクラウディ
ーといった、アンダーグラウンドなクラブで演奏していた
頃を彷彿させるような原点回帰が見事です。そんなバック
・トゥ・ザ・ルーツを証明するかのような選曲が素晴しく、
マディ「マニッシュ・ボーイ」ボ「クラッキン・アップ」
ウルフ「リトル・レッド・ルースター」ベリー「アラウン
ド・アンド・アラウンド」と、全4曲すべてがチェス・レ
ーベルで活躍した黒人音楽家の代表曲でキメられています。
60年代に正規レコーディングされた「ルースター」と「ア
ラウンド」に関しては、本作での演奏と聴き比べてみると、
ストーンズの77年がよりニュアンスに富んだものへと変化
していたことに誰もが気が付くでしょう。

ちなみにこのアルバムが発売された77年の秋といえば、私
は田舎の公立学校に通っていた高校生であり、当時同じ2
枚組のライブ盤を買うなら本作とUFOのどちらを選ぼうか
と真剣に悩んでいました。今でもバイト先の同期生から「
なんでUFOを買わなかったんだよ!」と冷たくされたこと
を昨日のように思い起こします。それはともかくとして、
『ブラック&ブルー』とこの『ラヴ・ユー・ライヴ』が私
にとってリアルタイムで接した初めてのストーンズ体験で
した。ダブル・アルバムながら米国では5位、英国では3位
とチャート・リアクションでも健闘した本作は、スティー
ル・バンド・アソシエーション・オブ・アメリカによるパ
ーカッション群と鮮やかに合致した「悪魔を憐れむ歌」で
幕を閉じます。スタジオ・アルバムでロッキー・デイジュ
ーン(やがてタージ・マハール・バンドへ参加したガーナ
出身のコンガ奏者)と出会ったエポックな名曲の再現。こ
うした演奏からロックとアフリカ音楽との関連に思いを馳
せることも悪くないですよ!

e0199046_5329.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-27 05:03 | rock'n roll | Comments(0)  

12月22日の佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド

12月22日は佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドのロッキン・ク
リスマスを六本木のEXシアターにて。現在デビューから35年
のアニヴァーサリー・ツアーを行っている最中の佐野。そこ
でのホーンズを交えた豪華な編成も悪くないけれど、シンプ
ルなギター・ロックに戻った時のコヨーテ・バンドの実力を
知っているだけにどうしても観ておきたいライブだった。2曲
のクリスマス・ソング以外は普段と殆ど変わらない新旧のナ
ンバーをバランス良く交えた構成が嬉しい。「ソー・ヤング」
「ナイト・ライフ」「悲しきレディオ」といった初期の無邪気
な楽曲が、最新作の「バイ・ザ・シー」「空港待合室」「優し
い闇」の影絵となる複雑な様相と響き合っていく部分に、思わ
ず胸を突かれた。

「ぼくは暗い感情で人々と繋がりたくないんです」以前佐野
は筆者のインタビューにそう答えてくれたが、たとえ複雑で
困難な時代であっても、暗がりから光がほのかに立ち上がっ
てくるような彼の音楽は貴重なものに違いない。そのことを
考えてみると、冬の空を見上げる「ポーラスタア」や、震災
後に書かれただろう「世界は慈悲を待っている」が俄然輝い
てくる。そんなことを思わずにはいられない一夜だった。

e0199046_21265742.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-24 21:28 | one day i walk | Comments(0)  

46年めのアビーロード

普段はレコード番号まで意識するコレクター的なタイプでは
ないのですが、昨日買った『アビーロード』を調べてみると、
英国に一週間遅れて69年の10月1日に発売されたアメリカ盤
であることが判明しました。マトリックスがF36/F35なので
必ずしも初回プレスとは言えないのでしょうが、いずれにし
ても貴重なSO-383です。こんな有り難いアイテム(しかも
美品)をわずか1,500円!で販売してくださるフラッシュさん
に改めて感謝致します(逆に言えばこれが15,000円だったら
研究する対象ではなかったということ)

私は後期ビートルズに関しては俄然『レット・イット・ビー』
派であり、中途半端な結果に終わったとはいえ、そのアーシ
ーな方向性に70年代スワンプ・ロックの到来を感じたもので
した。それに対して『アビーロード』は良くも悪くも作り込
み過ぎたポップ・アルバムといった印象を拭い切れません。
多くの方々がとくに驚嘆するB面のメドレーにしても、ポー
ルとジョージ・マーティンの孤独な作業ばかりが目に浮かん
できてしまい、私が彼らに求めた”バンドの匂い”はとうに失
われていたのでした。それでもこういう機会を見つけて久し
ぶりに聴いてみると、実によく出来たスタジオ・アルバムだ
なと感服します。演奏面ではとくにポールのベースが重要な
働きをしていると思います。メロディックなフックを持った
スタイルであることは既に語り尽くされた感もありますが、
このU.Sオリジナル盤で聴くと、心なしか音の太さが際立っ
て聴こえてくるようです。思えば私が音楽に”裏メロ”がある
ことを初めて知ったのは、「サムシング」に於けるポールの
ベースラインでした。また「サン・キング」での抑制的なべ
ースも心に残るもので、ビートルズ・フォロワーだった日本
のチューリップが、初期の隠れた名曲「ちどり橋渋滞」でモ
ロに援用するほどの影響力でした。またポールらしいオール
ディーズ趣味を活かした「オー・ダーリン」の3連符にして
も、彼のベースが予想以上にブイブイと鳴っているのが何と
も痛快ですし、驚愕のヘヴィ・ロック「アイ・ウォント・ユ
ー」に関しては言わずもがな。

今回これを買ったからといって、中学時代に購入した東芝音
工盤の『アビーロード』を売ってしまおうという気はまった
くありません。思い出が詰まっているからとは安直な言い方
かもしれませんが、私にとって大事なものです。ちなみに村
上春樹は『ノルウェイの森』の登場人物に「ヒア・カムズ・
ザ・サンは人生の機微を解っている人の歌」だと語らせてい
ます。

e0199046_20113383.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-24 20:12 | one day i walk | Comments(0)  

鬱病を克服するひとつの方法

歳を取ってから鬱病にかかると克服するのがなかなか大変
です。私は伊丹十三も加藤和彦も中村とうようも鬱が原因
で自殺したと考えていますが、こればっかりは鬱になった
人でないと切実に想像出来ない事象かもしれません。鬱の
初期症状として一般的にありがちなのは「世の中は楽しそ
うに見えるのに、自分の人生はつまらなく感じる」といっ
たもので、自分と他人とを比較してしまうことから悲劇が
始まります。実際には誰にでもハレとケ(特別な祝祭日と
普段の日常)があり、バラけて考えてみれば圧倒的にケの
日のほうが多いのですが、鬱になるとそれを忘れてしまい
ます。よくメンタルが弱っている時にSNSと接するのは辛
いという話を聞きますが、見ず知らずの人の情報が過多に
入ってくるばかりでなく、その内容も多少デフォルメされ、
他人の多幸感ばかりが伝わりやすい回路なので、鬱病の時
にパソコンやスマホに繫がるのは要注意、もっとはっきり
言えば危険です。

ここ一週間ばかり私を突然襲った鬱もそういう種類のもの
で、つい自分の生活と他人のそれを比較してしまうもので
した。顔と顔を見ながら話すのが現実世界のコミュニケイ
ションですが、それがないネット空間での”会話”はとかく
攻撃的で遠慮のないものになりがちです。性格がマジメな
人ほどそうした暴力には弱いものです。現実的に何らかの
薬で病気を克服する方法もありますが、副作用を考えた場
合あまりお薦め出来ません。やはり運動や音楽鑑賞(また
は演奏)が一番自然な処方箋だと思います。私以外にも鬱
の症状に陥り易い方々はきっといらっしゃると思ったので
あえて書いてみました。晴れの日もあれば、雨の降る日も
ある。そんな風に考えていれば少しは気が楽になりますよ。
[PR]

by obinborn | 2015-12-24 15:21 | one day i walk | Comments(0)  

12月23日の中村まり

23日は中村まりのクリスマス・ライブを下北沢のラカーニャ
にて。今年で4回めとなる恒例行事だが、原さとしのバンジョ
ーと安宅浩司のギター&マンドリンという従来の編成に加え、
今回は手島宏夢(ハニークッキーズ)のフィドルを加えると
いうヴァリエイションがあり、普段にも増して楽しめた。そ
れにしても驚かされるのは選曲の鋭さ。世にクリスマス・ソ
ングは数多くあれど、シーガー・ファミリーなど40年代のア
メリカで歌われてきたそれらを取り上げるのは中村くらいの
ものだろう。それも奇を衒ったアプローチではなく、彼女が
普段から奏でている音楽と自然な結び目を作る辺りに、静か
な情熱を感じた。実際筆者が知っていたのはBright Morning
StarとAngel Bandくらいであり、徹底して古い歌を採集して
くるその姿勢はまさにフォーク・シンガーそのもの。以前に
中村は「オリジナルを歌う時と違い、カバーソングの場合は
背負うものが少ないだけ、歌の介在者になれる気がします」
と語っていたが、さしずめこの日はその実践編と言うべきも
の。ディーヴァ(歌姫)という形容が安直に使われがちな昨
今にあって、歌の巡礼者たらんとする中村まりの地に足を付
けた活動ぶりが頼もしい。虚飾のないステージングとともに、
彼女の歌心が染み亘る特別な夜となった。

e0199046_11484691.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-24 11:49 | 中村まり | Comments(0)  

ボビー・ウィットロックのライナー原稿を

60年代のレオン・ラッセルとマーク・ベノが組んでいたアサ
イラム・クワイア『LOOK INSIDE〜』に引き続いて、ボビー
・ウィットロック『ONE OF A KIND』のライナー原稿を執筆
させて頂いた。ボビーも大好きな音楽家なので改めて音を堪能
しながら、そのキャリアを調べていったのだが、60年代後半か
ら70年代前半にかけての英米スワンプ地図の濃密なこと。ボビ
ーが参加したデレク&ザ・ドミノズなどは、さしずめそんなシ
ーンの縮図と言っても過言ではないだろう。片やエリック・ク
ラプトンは大スターに。彼ともにソングライティング・コンビ
を組んでいたボビーは地味ながら少しも負けてはいなかった。
英国人であるエリックはメンフィスに生まれ宣教師の息子とし
て育ったボビーの音楽環境に惹かれたと伝えられている。そん
なエピソードを思い起こしながら書いてみました。なおCDは
ともに来年日本のユニヴァーサルから。

e0199046_18394841.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-11 18:40 | one day i walk | Comments(2)  

ニック・ロウ&ロス・ストレイトジャケッツ

大阪Phoe~beの佐藤さんに刺激されて筆者も早速ニック・ロウ
&ロス・ストレイトジャケッツのライブ盤を入手!『THE QUAL
ITY HOLIDAY REVUE』と題されたように、ロウのクリスマス
・アルバム『QUALITY STREET』に併せて行われた昨年秋の
U.Sツアーから抜粋されたものらしい。近年ずっとロウの作品
に関わっているニール・ブロックバンクのプロデュース/エンジ
ニアリング以外はメンバー全員が無名であり、近作でロウを支
えてきたゲラント・ワトキンスや先頃惜しくも亡くなってしま
ったロバート・トレハーンといった腕利きたちとは異なるのだ
が、まったく遜色ないゴキゲンな演奏を繰り広げている。とい
うのも鍵盤とサックス奏者がおらず、ロウ以外のギタリストが
二人左右を固めた編成故、自然にギター・バンドとしての側面
が強まり、とかく枯淡の境地になりがちだったロウに若々しい
息吹きを与えているのだ。トレモロ・アームを駆使した大胆な
フレーズとともにHALF A BOY AND HALF A MANやBREAKIN
G GLASSといったロウのソロ初期に於ける弾けるようなナンバ
ーが飛び込んでくる辺りが最高!またけっして朽ちることのな
いメロディメイカーぶりを見せつけた近年のCHRISTMAS AT T
HE AIRPORTにしても、スタジオ・ヴァージョンよりも快活な
仕上がりが何よりもライブの臨場感を伝えている(この曲でも
トレモロ掛けまくりじゃ~笑)むろん80年代のキッチュな感覚
とは違い、年齢相応の包み込むような歌心があくまで中心に座
っているのだが、バンドの選択だけでこれだけ演奏のニュアン
スが激変するのだから、やはり音楽は生き物だと思わざるを得
ない。ロウ抜きでピストルジャケッツの連中が好き放題やって
いるインストLINUS AND LUCYのスカ・ビートなど、エル・レ
イオー・Xを率いていた頃のデヴィッド・リンドリーを彷彿さ
せる勢いだ。ダグ・サームも以前テキサス・マーヴェリックと
いう覆面バンドでやり放題やったことがあったけど、ここにま
た気楽な名盤が誕生したという感じかな。チカーノ・ロック的
なニュアンスをふんだんに活かしたRAGING EYESの選曲も含
めて、こんなにキラキラしたニック・ロウの姿に立ち会うのは
久し振りのこと。なお本作はレコード・ストア・デイ限定のア
ナログ盤なのでファンの方は急いで欲しい。本来はこのツアー
に同行するはずだったイアン・マクレガンの急逝を思うと今も
胸が一杯になってしまう。

e0199046_152142.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-07 15:09 | rock'n roll | Comments(0)  

木下弦二の『natural fool』に寄せて

「ぼくたちのバンドを聴いてみてください」木下弦二から突然
電話が掛かってきたのは07年の夏のことだった。ぼくはちょう
どお昼に定食屋で御飯を食べていた時だった。そんなことまで
よく覚えている。あれから8年が経ち、今こうして彼初めてのソ
ロ・アルバムに接していると、人との出会いの偶然に感謝せず
にはいられない。平易な日本語を綺麗に響かせる人だなという
のが最初の印象。やがて自分の暮らしてる町の様子や人々の表
情をスケッチした彼のソングライティングにすっかり夢中にな
った。今回の『natural fool』にはそんな弦二の世界がたっぷり
詰まっている。東京ローカル・ホンクで演奏してきた代表曲の
ソロ・ヴァージョンもあれば、比較的最近生まれた歌もあると
いった具合で、これから彼を聴いてみようという方にも名刺代
りにお薦めしたい。優れた歌には二律相反の感情があるとよく
言われる。それは楽しい歌を聴いているうちに悲しくなってく
る心の糸口のようなもので、陽光に照らされれば照らされるだ
け自分の影が伸びていくのと似ている。木下弦二はそういう影
絵のような歌を作れる人だ。

e0199046_17391799.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-04 17:36 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

12月3日の木下弦二

3日は吉祥寺のスターパインズ・カフェで木下弦二のライブを。
彼にとって初のソロ・アルバム『natural fool』のレコ発(先
行発売)だっただけに会場は大入りの祝祭感に包まれた。それ
でも彼は普段通りの気さくな歌と演奏を淡々と進めるだけ。そ
んな展開にますます好感を持った。ぼくは東京ローカル・ホン
クと合体した時の弦二の緊密な演奏が最も好きだが、セミアコ
の弾き語りを中心にした今晩のような内容だと、よりソングラ
イターとしての素の部分に触れる思いがする。そうした歌とギ
ターの場合でもほとんどフォーク的にはならず、むしろジョア
ン・ジルベルトやカエターノ・ヴェローゾといったブラジル音
楽の芳香を湛える辺りに非凡な感性を感じる。弦二本人がどこ
まで意識しているのかは解らないが、この人には歌の多義性に
すべてを賭けているような部分がある。もう少し優しい言葉で
言えば、歌に解り易い起承転結を求めるのとは真逆の、聞き手
たちそれぞれにイマジネーションを委ねる作法だ。作者はあく
まで言葉と音によるスケッチをするだけ。後は自由に色を塗っ
てください、とでも言いたげな。最も感動的だったのは神の不
在について歌った「身も蓋もない」あるいは彼が静岡で試みた
連詩の「また会おう」だろうか。平易な言葉たちが互いに語り
合い、反応を確かめ合いながら、港からそっと舟を漕ぎ出して
いく。そんな光景にも似た静謐で得難い夜だった。

e0199046_11677.jpg

[PR]

by obinborn | 2015-12-04 01:18 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)