<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

伊東ミキオさんと僕

この3月で一番嬉しかったのは、ロックンロール・ピアノマン
の伊東ミキオさんが拙書『Songs』を読んでくださっていたこ
とだった。ウルフルズからビッグ・ジェイ・マクニーリに至る
サポートの他、ソロ・アクトでも活躍され幅広い人気を得てい
るミキオさん。彼は20代の時に僕の本を夢中になって読み、そ
こで紹介したレコードを集め、今も書棚に置かれているとか。

楽器を弾き人々をハッピーな気持にさせるのは才能だと思う。
ミキオさんはそれを全国各地で日々実践されている。たぶん
いろいろな音楽的語彙をお持ちなのだろうが、彼の場合はとく
に弾けまくるブギウギ・ピアノが信頼を勝ち得ているみたいだ。
ジェリー・リー・ルイスやイアン・マクレガンやセス・ジャス
トマンといった偉人たちが切り開いてきた道。それをミキオさ
んは慈しみ、リスペクトしながら今晩もステージに立つ。僕に
は想像出来ない修練の日々を積み重ねてきたに違いない。

音楽家は歌い楽器を弾く。僕は文章を書く。それぞれが各自の
持ち場で一生懸命頑張ればいい。きっと誰かが見守っているか
ら...。いつか時間を作ってミキオさんのソロ・ピアノを聞きに
行ければと願っている。

(写真はミキオさんがTWに挙げてくださったもの。ご本人の
承諾を得て転載しました)


e0199046_19564483.jpeg





[PR]

by obinborn | 2017-03-26 20:00 | rock'n roll | Comments(0)  

追悼:チャック・ベリー〜あなたの歌とギターが大好きでした

「チャック・ベリーはギター一本を抱えてツアーする。彼が言う通りに進
めば問題はない。他の誰かが何かを口出しすると必ずトラブルが起こる」
88年に公開された彼の自伝映画『ヘイル!ヘイル!ロックンロール』の
ひとコマだ。そのなかではベリーが少年の頃『二都物語』を観ようと劇場
に足を運んだところ、黒人だからという理由で入場を断られたことが告白
されている。彼の心に沸き起こった疑念はいったいどれほどのものだった
だろうか。

そのベリーが3月19日亡くなった。享年90歳。新作アルバム制作の話が伝
えられたばかりだった。1955年の5月に録音された「メイビリーン」でデ
ビューした彼は、以降文字通りロックンロールの化身となり、時代を牽引し
ながらビートルズやローリング・ストーンズの誕生に一役買った。ルイ・
ジョーダンに代表されるジャンプR&Bサウンドを、ギター中心のスモール
・コンボ編成へと大胆に改変していった。

個人的な話をさせて頂ければ、日本のキャロルがラジオ番組でベリー作の
「メンフィス・テネシー」を演奏したことや、同曲をフェイシズがスタジ
オ・レコーディングしたことが懐かしく思い出される。その歌はジミー・
リード風のモダンなウォーキン・ビートを伴って、こう歌われていた「電
話交換手さん、お願いです。彼女に取り次いでください」と。その歌から
広がる南部の景色が好きだった。ベリー以前にブルーズ音楽の伝統がある
ことが感じられた。意外と内気でナイーブな青年の心のありかがしっかり
と伝わってきた。

冒頭の『二都物語』に話を戻そう。ベリーの地元セントルイスで映画が公
開された因縁の劇場で、彼は満員の聴衆たちに囲まれながら自分のショウ
を実現させる。その成功までには長い歳月があった。僕たちが普段まるで
毎朝の歯磨きやパンのように馴れ親しんでいる「ロックンロール」にはチ
ャック・ベリーを始め、リトル・リチャードやファッツ・ドミノやボ・デ
イドリーの積み重ねがあった。彼らなしにはけっして導かれることがない
道のりがあった。それを忘れたくはない。

最後になってしまったが、まだ無名でアマチュアだった60年代末のブルー
ス・プリングスティーンはこう回想している「自分たちのバンドで一度だ
けチャック・ベリーのバッキングをした。特別な体験だったよ。リハをし
ようと思って曲目を彼に尋ねたんだ。その時ベリーは何て答えたと思うか
い?”チャック・ベリーの曲だぜ!”だって(笑)だから僕たちは彼がイン
トロを弾き出した瞬間に、キーを探さなくてはいけなかったのさ!」

e0199046_18412630.jpg





[PR]

by obinborn | 2017-03-20 00:28 | rock'n roll | Comments(2)  

3月11日の捕獲日誌

今日はDJの本番まえに下北沢のフラッシュ・ディスク・ランチさん
に寄り、2枚のLPアルバムと4枚の7'sを購入しました。捕獲に要し
た時間はジャスト60分!素晴しい成果を得ることが出来ました!
以下ご報告を。

(LP's)

ROD STEWART/ATLANTIC CROSSING (UK WARNER BROS. K56151)
RAB NOAKES/RED PUMP SPECIAL ( UK WARNER BROS. K46284)

(7's)

MANFRED MANN/MIGHTY QUINN(FONTANA)
KO KO TAYLOR/WANG DANG DOODLE(CHESS)
JUNIOR PARKER/RIVERS INVITATION(CAPITOL)
JUNIOR PARKER/DARLING、DEPEND ON ME(CAPITOL)

e0199046_01375399.jpg




[PR]

by obinborn | 2017-03-12 01:49 | one day i walk | Comments(0)  

3月11日はブルーアイド・ソウル特集のDJでした!

大震災から6年めの今日は下北沢のメンフィス兄弟。にて
DJ会でした。黙祷した後は今ありのままの自分とその暮ら
しを慈しむべく、町へと繰り出しレコードを買い、簡単な
食事を済ませてからDJに臨みました。お陰様で大盛況!
これもひとえにコーディネイトして頂いたHさんの尽力だ
と思います。来て頂いた皆様、DJ諸氏、メンフィス兄弟。
の飯塚さん、ありがとうございました!以下私のプレイリ
ストです。

RHINSTONES/ONE TIME LOVE
ORLEANS/LET'S HAVE A GOOD TIME
JESS RODEN/I'M ON YOUR SIDE
VAN MORRISON/CHECKIN' IT OUT
VALERIE CARTER/OOH CHILD
STEVE JORDAN&JORDAN BROTHERS/AIN'T NO BIG THING
SIR DOUGLAS QUINTET/AND IT DIDN'T EVEN BRING ME DOWN

e0199046_01023992.jpg





[PR]

by obinborn | 2017-03-12 01:04 | one day i walk | Comments(0)  

追悼:ヴァレリー・カーター

信じたくないニュースが飛び込んできた。3月4日ヴァレリー・
カーターが心筋梗塞のため亡くなったという。近年はコケイン
所持で逮捕されるという好ましくない情報が伝わっていたが、
以降彼女は麻薬を絶つことを決意し、更正プログラムを無事に
終えている。今回の心筋梗塞にどこまでドラッグの後遺症があ
ったかは解らないものの、ヴァレリーの名誉のために、彼女が
リハビリに取り組んでいたことをまずは報告しておきたい。

フロリダ州ウィンターヘヴンに生まれ、アリゾナ州のフェニッ
クスで少女時代を過ごしたヴァレリーは、その後60年代のフォ
ーク・シーンに影響され、ニューヨークのグリニッチ・ヴィレ
ッジで歌い始めた。残念ながらそこで頭角を現すことはなかっ
たが、自作曲の「クック・ウィズ・ハニー」がジュディ・コリ
ンズによって取り上げられるという幸運があり、その後西海岸
のマリン・カウンティでリチャード・ホウヴェイ、フィフス・
アヴェニュー・バンド出身のジョン・リンドとともにハウディ
・ムーンを結成。74年には彼ら唯一のアルバムをA&Mレコー
ドからリリースした。そこからは「クック・ウィズ・ハニー」
の作者版がシングル・カットされた。ハウディ・ムーン解散
後はアルバムにも関わったリトル・フィートのローウェル・
ジョージの口利きもあり、ヴァレリーは77年にコロンビアか
ら初ソロ作『ジャスト・ア・ストーンズ・スロー・アウェイ』
で本格的にデビューする。その直前にはジャクソン・ブラウン
とローウェルとヴァレリーが共作した「ラヴ・ニーズ・ア・
ハート」がジャクソンの『ランニング・オン・エンプティ』
収録曲として親しまれていた。またジェイムズ・テイラーは
75年の『ゴリラ』に収録された「アングリー・ブルース」で
ヴァレリーを初めて起用。以降彼女は長らくジェイムズのコ
ーラス要員として欠かせない存在となってゆく。

96年頃だっただろうか。一度だけヴァレリーにインタヴュー
したことがある。その席でジェイムズの『(ライヴ)』に
収録された「アイ・ウィル・フォロウ」の話題になり、「ス
タジオ・ヴァージョンにはないあなたのヴァースがとても
素敵ですね」と讃えると、「よく気が付いてくれたわね!
わあ〜、世界に向かって知らせたいくらいよ!」と嬉しそう
に答えた姿は印象的だった。ソロでも、他人のバック・コー
ラスを担う時でも、その天衣無縫なヴォイシングを夢中で追
いかけた人は少なくないだろう。いわばヴァレリーは若葉の季
節を歌うシンガーだった。その伸びやかな歌声には陽射しが
似合っていた。彼女のファースト・ソロの冒頭に配されたフ
ァイヴ・ステアステップスの「ウー・チャイルド」こそは、
その頂点だったと思う。歌が聞き手を温かい場所へと連れ戻
していく。ヴァレリーはぼくにそんな体験をもたらせてくれ
た。それは雨の日々のなかで太陽の暖かさを待ちわびる気持に
近いかもしれない。

どうか安らかにヴァレリー。あなたのことをけっして忘れな
い。

e0199046_01503149.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-03-11 03:18 | one day i walk | Comments(0)  

3月5日は大阪に出張しました!

3月5日は昨年の10月以来久し振りに大阪へ出張しました。
いやあ〜楽しかったです!LPレコードも9枚購入出来たし、
夜は難波の音楽バーPhoe〜Beさんに毎度のことながらお
邪魔しました。奈良からわざわざ来てくださった山口さん、
パブ・ロック友の山森夫妻、レッドボーンレコーズの和田
さん、そして勿論Phoe〜Beの佐藤夫妻、話が盛り上がっ
てメチャ楽しかったです!なおちょうど日本公演中だった
ティーンエイジ・ファンクラブを追いかけられていた旧知
のNさんとも深い時間に合流!再会を喜びあったのでした。
ヴァレリー・カーターの訃報はあまりに突然でしたが、お
店でハウディ・ムーンを聞いて偲びました。

一応ゲットしたレコードを挙げておきますね。                                                            JOE HILL LOUIS/THE ONE MAN BAND(Muskadine)
ANN PEEBLES/TELLIN' IT(Hi)
Z.Z.HILL/GREATEST HITS (Kent)
THE BAND/CAHOOTS(カナダCapitol)
JAMES TAYLOR/MUD SLIDE SLIM(UK Warner Bros.)
JOHN B.SPENCER/OUT WITH A BANG(Topic)
JOHNNY G/WATER INTO WINE(Beggars Banquet)
JAMES HUNTER/THE HARD WAY(Go)
GEORGE JACKSON/THE FAME SESSIONS (Kent)

写真は偉大なるヴァン・モリソン師匠を前にはしゃぎまくる
佐藤さんと小生です(笑)

e0199046_20314010.jpg




[PR]

by obinborn | 2017-03-06 20:56 | one day i walk | Comments(0)  

メルリ堂のオールデイズ・シリーズ、最高です!

音楽配信(ダウンローディング)に対抗する措置だろうか。各レコード会社が
生き残りを賭けて廉価盤の企画を打ち出している。ワーナーの名盤探検隊やア
トランティックR&Bのシリーズ、昨年好評だったソニーのAORラインナップな
ど積極的なアプローチが目立つ。それらメジャー・カンパニーに負けず劣らず、
メルリ堂のオールデイズ・レーベルも頑張っている。ブルーズ、R&B、ポップ
スを中心に、170点以上を既にリリースしている。しかも紙ジャケ・日本語の
解説・最新リマスター仕様でお値段も1500〜2000円(税抜)とは嬉しい限り。

ぼく自身は未だにLPやシングル・レコードを収集する趣味があり、実際に普段
聞くのもアナログ中心だったりするのだが、こうした廉価盤CDは後学のために
も重宝している。とくに今の若い人達にとっては、過去の優れた音楽を知るた
めの水先案内と成り得るだろう。個人的な嗜好から言っても、アラン・トゥー
サンのファースト・アルバム『ザ・ワイルド・サウンド・オブ・ニューオーリ
ンズ』や、敬愛して止まないジュニア・パーカー初期の名作『ドライヴィング
・ホイール』など、重要な作品をこのシリーズで聞き直したほどだ。

いわば温故知新なのだと思う。どんなに新しい音楽もファッションも実は過去の
アイディアやインスピレーションに多くを授かっているし、それらをリスペクト
することからまた何かが始まっていくのだろう。そんなわけでメルリ堂のオール
デイズに大注目を!最後に宣伝となってしまい恐縮ですが、ぼくもこのシリーズ
でボビー・チャールズ『シー・ユー・レイター・アリゲイター』と、この4月に
出るダグ・サームの『ザ・ベスト・オブ・サー・ダグラス・クィンテット』のラ
イナー原稿を書かせて頂きました。

e0199046_17460705.jpg



[PR]

by obinborn | 2017-03-04 03:17 | Comments(0)