<   2017年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

映画『約束の地、メンフィス〜Take Me To The River』を観て

「初めてヒップホップ以外の音楽に触れたよ。ブルーズやソ
ウル...つまり僕の両親がよく聞いてきたサウンドだね。ヒッ
プホップの先祖となる文化的遺産だ」71年生まれのスヌープ
・ドッグがそう語るように、映画『約束の地、メンフィス〜
Take Me To The River』は古き佳き時代のメンフィス・ソウ
ルを振り返ると同時に、ヒップホップ世代への継承物語にな
っている。大きな軸となっているのはオールド・スクールと
ラッパーたちとの一期一会のスタジオ・セッションであり、
両者の親和性を理屈抜きに証明してみせる。オーティス・ク
レイとリル・ピーナッツ、ボビー・ブランドとヨー・ガッテ
ィ、あるいはウィリアム・ベルとスヌープ・ドッグ。そうし
た新旧のコラボレイトによって、単なる懐古趣味に終わらな
いサムシングを生み出している点が何よりも素晴しいと感じ
た。

メンフィスのロイヤル・スタジオで行われたセッションには
スタックスの裏方的ギタリスト、スキップ・ピッツも登場。
その場面で彼のワウワウに満たされたアイザック・ヘイズの
名曲「黒いジャガーのテーマ」が流れ出し、あの伝説的なワ
ックスタックス・コンサートの模様が挿入されるなど全体の
構成も考え抜かれている。またロイヤル・スタジオの壁にジ
ム・ディキンソンの『Dixie Fried』やロッド・スチュワート
の記念碑『Atlantic Crossing』が何気に飾られているなど、
マニアックな裏技もたっぷり。とくにディキンソンの息子た
ちによるノース・ミシシッピ・オールスターズはいわば本作
のセッションの核となる人達であり、ルーサー・ディキンソ
ンとメイヴィス・ステイプルズが会話を交わしつつ、手探り
でステイプル・シンガーズのWish I Had Answerdを練習して
いく様には思わず胸が熱くなった。

根が深い人種差別の問題に関してはウィリアム・ベルがこ
う述懐している「スタックスのスタジオのなかでは皆仲が
良かった。たとえ白人であろうが黒人だろうが関係ない。
天国だったよ。ところが一歩外に出るとオレら黒人は強盗
扱いされた。忘れられない体験があるよ。黒人お断りのレ
ストランがあったんだ。オレはちょっと気を効かせて"ハ
ンバーガーのテイクアウトは出来るかい?”って尋ねた。相
手はオッケーだと抜かしやがった。だからオレは多量のバ
ーガーをオーダーした。”全部にちゃんと具を入れろよ!”
と念を押しながらね。そうして奴らが調理している間にオ
レらは車で即トンズラしたよ。ワッハッハ!!」

マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺とスタックス・
レコードの光芒に関しては喰い足りない部分もあったが、
よくぞ90分の映画に解り易く纏めてくれたという感謝の念
がそれを上回る。『約束の地、メンフィス〜Take Me To T
he River』は、果たされた思いと苦い記憶と世代交代の生
々しい証言集であり、冒頭に映し出される広大なミシッシ
ッピ河が優れたメタファーとなって、観る者の心に何かを
深く深く投影させていく。


e0199046_16073009.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-07-31 16:30 | blues with me | Comments(0)  

映画『約束の地、メンフィス〜Take Me To The River』を観て

「初めてヒップホップ以外の音楽に触れたよ。ブルーズやソ
ウル...つまり僕の両親がよく聞いてきたサウンドだね。ヒッ
プホップの先祖となる文化的遺産だ」71年生まれのスヌープ
・ドッグがそう語るように、映画『約束の地、メンフィス〜
Take Me To The River』は古き佳き時代のメンフィス・ソウ
ルを振り返ると同時に、ヒップホップ世代への継承物語にな
っている。大きな軸となっているのはオールド・スクールと
ラッパーたちとの一期一会のスタジオ・セッションであり、
両者の親和性を理屈抜きに証明してみせる。オーティス・ク
レイとリル・ピーナッツ、ボビー・ブランドとヨー・ガッテ
ィ、あるいはウィリアム・ベルとスヌープ・ドッグ。そうし
た新旧のコラボレイトによって、単なる懐古趣味に終わらな
いサムシングを生み出している点が何よりも素晴しいと感じ
た。

メンフィスのロイヤル・スタジオで行われたセッションには
スタックスの裏方的ギタリスト、スキップ・ピッツも登場。
その場面で彼のワウワウに満たされたアイザック・ヘイズの
名曲「黒いジャガーのテーマ」が流れ出し、あの伝説的なワ
ックスタックス・コンサートの模様が挿入されるなど全体の
構成も考え抜かれている。またロイヤル・スタジオの壁にジ
ム・ディキンソンの『Dixie Fried』やロッド・スチュワート
の記念碑『Atlantic Crossing』が何気に飾られているなど、
マニアックな裏技もたっぷり。とくにディキンソンの息子た
ちによるノース・ミシシッピ・オールスターズはいわば本作
のセッションの核となる人達であり、ルーサー・ディキンソ
ンとメイヴィス・ステイプルズが会話を交わしつつ、手探り
でステイプル・シンガーズのWish I Had Answerdを練習して
いく様には思わず胸が熱くなった。

根が深い人種差別の問題に関してはウィリアム・ベルが「
スタジオのなかでは白人も黒人も関係なかった。まさに天
国だったよ。ところが一歩外に出ると、オレら黒人は強盗
扱いされた。忘れられない体験があるよ。黒人お断りのレ
ストランがあったんだ。オレはちょっと気を効かせて『ハ
ンバーガーのテイクアウトは出来るかい?”って尋ねた。相
手はオッケーだと抜かしやがった。だからオレは多量のバ
ーガーをオーダーした。”全部にちゃんと具を入れろよ!”
と念を押しながらね。そうして奴らが調理している間にオ
レらは車で即トンズラしたよ。アッハッハ!」

マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺とスタックス・
レコードの光芒に関しては喰い足りない部分もあったが、
よくぞ90分の映画に解り易く纏めてくれたという感謝の念
がそれを上回る。『約束の地、メンフィス〜Take Me To T
he River』は、果たされた思いと苦い記憶と世代交代の生
々しい証言集であり、冒頭に映し出される広大なミシッシ
ッピ河が優れたメタファーとなって、観る者の心に何かを
深く深く投影させていく。


e0199046_16073009.jpg



[PR]

by obinborn | 2017-07-31 16:07 | one day i walk | Comments(0)  

映画『約束の地、メンフィス〜Take Me To The River』を観て

「初めてヒップホップ以外の音楽に触れたよ。ブルーズやソ
ウル...つまり僕の両親がよく聞いてきたサウンドだね。ヒッ
プホップの先祖となる文化的遺産だ」71年生まれのスヌープ
・ドッグがそう語るように、映画『約束の地、メンフィス〜
Take Me To The River』は古き佳き時代のメンフィス・ソウ
ルを振り返ると同時に、ヒップホップ世代への継承物語にな
っている。大きな軸となっているのはオールド・スクールと
ラッパーたちとの一期一会のスタジオ・セッションであり、
両者の親和性を理屈抜きに証明してみせる。オーティス・ク
レイとリル・ピーナッツ、ボビー・ブランドとヨー・ガッテ
ィ、あるいはウィリアム・ベルとスヌープ・ドッグ。そうし
た新旧のコラボレイトによって、単なる懐古趣味に終わらな
いサムシングを生み出している点が何よりも素晴しいと感じ
た。

メンフィスのロイヤル・スタジオで行われたセッションには
スタックスの裏方的ギタリスト、スキップ・ピッツも登場。
その場面で彼のワウワウに満たされたアイザック・ヘイズの
名曲「黒いジャガーのテーマ」が流れ出し、あの伝説的なワ
ックスタックス・コンサートの模様が挿入されるなど全体の
構成も考え抜かれている。またロイヤル・スタジオの壁にジ
ム・ディキンソンの『Dixie Fried』やロッド・スチュワート
の記念碑『Atlantic Crossing』が何気に飾られているなど、
マニアックな裏技もたっぷり。とくにディキンソンの息子た
ちによるノース・ミシシッピ・オールスターズはいわば本作
のセッションの核となる人達であり、ルーサー・ディキンソ
ンとメイヴィス・ステイプルズが会話を交わしつつ、手探り
でステイプル・シンガーズのWish I Had Answerdを練習して
いく様には思わず胸が熱くなった。

根が深い人種差別の問題に関してはウィリアム・ベルが「
スタジオのなかでは白人も黒人も関係なかった。まさに天
国だったよ。ところが一歩外に出ると、オレら黒人は強盗
扱いされた。忘れられない体験があるよ。黒人お断りのレ
ストランがあったんだ。オレはちょっと気を効かせて『ハ
ンバーガーのテイクアウトは出来るかい?”って尋ねた。相
手はオッケーだと抜かしやがった。だからオレは多量のバ
ーガーをオーダーした。”全部にちゃんと具を入れろよ!”
と念を押しながらね。そうして奴らが調理している間にオ
レらは車で即トンズラしたよ。アッハッハ!」

マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺とスタックス・
レコードの光芒に関しては喰い足りない部分もあったが、
よくぞ90分の映画に解り易く纏めてくれたという感謝の念
がそれを上回る。『約束の地、メンフィス〜Take Me To T
he River』は、果たされた思いと苦い記憶と世代交代の生
々しい証言集であり、冒頭に映し出される広大なミシッシ
ッピ河が優れたメタファーとなって、観る者の心に何かを
深く深く投影させていく。


e0199046_16073009.jpg



[PR]

by obinborn | 2017-07-31 16:07 | one day i walk | Comments(0)  

きみの保守、あなたのリベラル

TWにあまり興味を持てなくなったのは、単純に飽きたからと
いうより、不毛な論議にうんざりさせられることが多くなった
からです。たまに一日じゅうツイをしながら執拗なまでに自分
の政治的信条を主張しまくる方を見受けますが、自分の正しさ
を言い募るだけでなく、自分の意に沿わない者や真逆の意見を
持つ人たちを攻撃し排除するようになると、もう私の手には負
えませんね。そういう人たちは結果的に当事者や閲覧者たちを
傷付け疲れさせていることを、ぜひとも自覚して欲しいです。

これはTWのみならずFBにも共通する問題点ですが、とかく人
は自分に近い、もしくは自分の信じる見解のみを集め(リツイ
やシェア)がちです。でも自分が頷けるイシューだけが世の中
を動かせているわけではありません。私が気を付けているのは
そんな見方の落とし穴。それ故に自分はときに朝日と産経、毎
日と読売、あるいは夕刊フジと日刊ゲンダイなど違う立場のメ
ディアからのソースを引っぱり出し、読み比べるようにしてい
ます。

こういう言い方をするとまた”どっち付かず”と私の中庸性を嗤
う人たちが出てくるのでしょうが(苦笑)、極端な物言いでは
一時的なカタルシスは得られても普通の人々の共感は得られま
せん。何もそんな連中と同じ土俵に上がり、相手にする必要は
まったくないと私は思っています。つまらないこと書いてごめ
んなさい。保守であれリベラルであれ、あまりに極端な意見は
かえって人々の関心を遠ざけてしまう。そんなことを言いたか
ったのです。さあ、そろそろビールを飲みに出掛けようかな。


e0199046_19142677.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-07-30 19:15 | rock'n roll | Comments(0)  

佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドの新作『Maniju』に寄せて

綺麗な花束を携えた彼女。でもよく見てみると目には涙を
浮かべている。いわば華美な外見と孤独な内面。それは今
という時代に生きるぼくやきみ、彼や彼女の肖像ではない
だろうか?そんなことを思いながら、佐野元春&ザ・コヨ
ーテ・バンドの新作『Maniju』を聞いた。胸を撃ち抜くメ
ロディが幾つかの起伏を伴いながら、言葉たちを丁寧に運
んでいく。言葉にならないもの、さっき交わしたばかりの
会話から零れ落ちてしまったものさえも、佐野は目線を下
げながら、そっと掬い上げていく。

『COYOTE』『ZOOEY』『BLOOD MOON』と続いた”コ
ヨーテ三部作”は、大震災以前と以降を束ねるようなシリア
スな内容だった。そんな観念を前提にしつつも、本作『M
aniju』が開示するのはもう少し能動的な世界観だ。ビート
ルズからトラフィックもしくはXTCへと連なっていく色彩
感溢れるサウンド・デザインがあり、それらの音と言葉た
ちは、まるで10代の日々のように瑞々しく戯れ合っている。

世界は今日も悪意に満ち、きみを傷付け貶める。根拠のな
いSNSでの噂はどうだろう?そこに蠢く暗闇に突き落とさ
れるな。自分自身の目と手で感じてごらん。佐野元春が今
日も訴えるのはそういうことだ。『Maniju』の彼方にはな
だらかな丘が広がっている。朝露のような生命の息吹きが
ある。そして夕暮れ時にはいつも詩人たちが祈りを捧げて
いる。


e0199046_18381052.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-07-20 18:38 | rock'n roll | Comments(2)  

スマイリー・ルイスの影が伸びてゆく

それでもニューオーリンズで一番好きなシンガーと言えば、
私の場合スマイリー・ルイスにとどめを刺すだろう。ダウ
ンホーム・ブルーズの匂いを撒き散らす哀愁、発声を伸ば
すことで生まれる彼方の風景、デイヴ・バーソロミュー楽
団による濃密なジャンプ・サウンド...どれもが完璧に50年
代の彼の地の賑わいとロウダウンな気分の両方を期せずし
て表現しているのではないだろうか。

例えばエルヴィス・プレスリーのヴァージョンで有名なOne          Nightはどうだろう。スマイリーは「今宵はきみと一緒だよ」          という出だしから、You〜というフレーズの語尾を引っ張る。
それはまるで恋人に対する願いのように映る。またはダグ・
サームが演目に加えたSomedayにしても、スマイリーは歌
い飛ばしたりはせず、「いつかの日にか/きみは気が付くだ
ろう/そう、ぼくを失ってしまったことを」のラインに万感
の思いを込める。スローダウンされたテンポのなかで彼女に
懇願する。まるで別れのシーンを映写機で巻き戻す気分だ。

このようなブルーズ表現は、ときに説明的な歌詞や教訓的な
メッセージ・ソングよりも遥かに多くのことを語り掛けてく
る。スマイリーがOne NightやSomedayで言っていることを、
ノートに書かれる訳詞に表してもまるで面白くない。言葉は
発声や音楽を伴いながらもっと生き生きと伝わってゆく。そ
れはたとえ私たちが同じ母国語を共有しなくとも。夏の夕暮
れ時には、スマイリー・ルイスの自己告白のようなブルーズ
がよく似合う。伸びた陽射しのぶんだけ、影はより長くなり、
私たちにブルーズを今日も問い掛けていく。


e0199046_17285525.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-07-13 17:30 | blues with me | Comments(0)  

スマイリー・ルイスの影が伸びてゆく

それでもニューオーリンズで一番好きなシンガーと言えば、
私の場合スマイリー・ルイスにとどめを刺すだろう。ダウ
ンホーム・ブルーズの匂いを撒き散らす哀愁、発声を伸ば
すことで生まれる彼方の風景、デイヴ・バーソロミュー楽
団による濃密なジャンプ・サウンド...どれもが完璧に50年
代の彼の地の賑わいとロウダウンな気分の両方を期せずし
て表現しているのではないだろうか。

例えばエルヴィス・プレスリーのヴァージョンで有名なOne       Nightはどうだろう。スマイリーは「今宵はきみと一緒だよ」       という出だしから、You〜というフレーズの語尾を引っ張る。
それはまるで恋人に対する願いのように映る。またはダグ・
サームが演目に加えたSomedayにしても、スマイリーは歌
い飛ばしたりはせず、「いつかの日にか/きみは気が付くだ
ろう/そう、ぼくを失ってしまったことを」のラインに万感
の思いを込める。スローダウンされたテンポのなかで彼女に
懇願する。まるで別れのシーンを映写機で巻き戻す気分だ。

このようなブルーズ表現は、ときに説明的な歌詞や教訓的な
メッセージ・ソングよりも遥かに多くのことを語り掛けてく
る。スマイリーがOne NightやSomedayで言っていることを、
ノートに書かれる訳詞に表してもまるで面白くない。言葉は
発声や音楽を伴いながらもっと生き生きと伝わってゆく。そ
れはたとえ私たちが同じ母国語を共有しなくとも。夏の夕暮
れ時には、スマイリー・ルイスの自己告白のようなブルーズ
がよく似合う。伸びた陽射しのぶんだけ、影はより長くなり、
私たちにブルーズを今日も問い掛けていく。


e0199046_17285525.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-07-13 17:29 | blues with me | Comments(0)  

世界のすべての7月〜july,July

噂のサントリー「頂」を近所のスーパーで購入してきました。
別に可も不可もない単なる発泡酒でしたね(笑)にもかかわ
らずあれだけ巨額の広告費(賛否あれど)を投じる大企業さ
んには敵わないなあ〜と思いました。うちらは原稿用紙一枚
(400字)書いて2000円ですからな。住んでいる世界がもう
始めから違いますがな(笑)それでもオイラにはプライドが
ある。この自由な生活環境を守るための条件(バイトという
副収入やカミさんの理解w〜)を心得ているのでした。

オイラはただ自分らしく生きたいだけなんじゃ。嫌いな音楽
を褒めそやすことは出来ないし、招待券を貰った客席でぐっ
すり眠るような芸当も出来ましぇん。そうビルボード東京な
ど年に一度行けるかどうか(笑)でも、その分自分が好きな
音楽には全力を投じて書きたい、紹介したいという気持は誰
にも負けないと思っています。たまに政治や社会の問題に触
れることもありますが、それとて自分の感じたことを正直に
申告しているだけですからね。

マザーズの音楽には圧倒的な”自由”を感じてなりません。そ
こに加えれば、ユーモアの感覚、自虐的にならざるを得ない
自身の心映えでしょうか。何しろALL YOU NEED IS LOVE
(愛こそはすべて)が叫ばれた1967年に「俺たちに必要なの
は金だ!」とザッパは宣言したのですから。その透徹した
批評精神からぼくは多くのものを学びました。

ちなみに『本当の戦争の話をしよう』の著者、ティム・オ
ブライエンは『世界のすべての七月』で、主人公にこう語
らせます「一体何だって言うの?愛とか平和とか言う前に
あなたがまずしなくちゃいけないのは、良質な外科医の教
えを受けること。しっかりとした処方䇳を貰い適切な治療
を受けることなの」


e0199046_18075735.jpg





[PR]

by obinborn | 2017-07-10 18:08 | rock'n roll | Comments(2)  

音楽から友情が聞こえてくる

夕焼け楽団とオレンジ・カウンティ・ブラザーズは私にとって
聖域です。オレンジの谷口さんとの付き合いから何となく深い
ところまでお伺いすることが出来ました。かつてグリール・マ
ーカスはザ・バンドの『カフーツ』に関して「音楽から友情が
失われてしまった」と辛辣な見解を述べましたが、私が『ディ
キシー・フィーヴァー』なり『ソープ・クリーク・サルーン』
に関して思うのは「音楽から友情が聞こえてくる」です。ロニ
ー・バロンが全面参加というのも凄い!またいつかヨーマさん
と奥さんに会いに中央林間のパラダイス本舗に行きたいです!

e0199046_19101305.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-07-09 19:10 | rock'n roll | Comments(0)  

7月6日のContiとサーディンヘッド〜音楽は鳴り止まない

6日は国立の地球屋にてContiとサーディンヘッドのツーマン・
ライブを堪能した。Contiはエレクトリック・シタールとドラ
ムスというユニークな編成でラーガ・ロックを決めまくる。
その丁々発止の演奏、のびのびとしたプレイはフォーマット
という悪癖に染まっていない”自由"そのものだった。

イマジネイティヴな音の螺旋階段という点ではサーディンヘ
ッドも負けていなかった。こちらは変拍子の嵐のなかを2本
のギターが彩り豊かに、かつフリーキーに音という抽象絵画
を描いていく。二つのバンドとも言葉という制約から逃れ、
音そのものの奔放さを放ち、聞き手それぞれへと委ねていく。
そんな暗黙の世界観でしっかり共通項を感じさせた。

もしブライアン・ジョーンズが今も生きていたら、Contiの
ようなスリリングなユニットを組んでいたかもしれない。
もしジェリー・ガルシアが存命だったら、きっとサーディン
ヘッドとのセッションに名乗りを上げていたことだろう。
無垢な音の粒が解き放たれ、天空へと舞い上がっていく。
誰もそれを侵すことは出来ない。そのひとつひとつをずっと
感じていたい。そんな気持のまま帰りの電車に乗った。

音楽は終わらない。たとえその土地が枯れたとしても。


e0199046_00535063.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-07-07 00:54 | one day i walk | Comments(0)