<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

我が家に日本コロンビアのポータブル・プレイヤーがやってきた!

我が家に新たなポータブル・プレイヤーがやってきました!
日本コロンビアが80年代に制作したカセット/CD/カラオケ
用のマイクを同時に装備したもので、学校や公民館や温泉
旅館などに流通していたらしいです。オイラの目的は勿論
LPとシングルのモノラル再生!スピーカひとつのロウ=フ
ァイ音響なので、50〜60年代のブルーズ、ゴスペル、R&
B、アーリーR&Rなどの音楽と相性がピッタリなのです。
この中古品をわずか4,000円で販売してくださった民謡ク
ルセイダーズの水野さん、お手配ありがとうございます!
最初はまず絶対ジュニア・パーカーのデューク盤を聞くの
だと心に決めていました。次をスリム・ハーポのエクセロ
盤にして、今はロンサム・サンダウンを回しています。今
度はジミー・リードにしようかな!オイラの生活に新たな
オーディオ環境が備わりました(なおCD及びカセットが

現状機能しないのでこの値段になりました。通常の小売り

価格は6,000円です。あしからずご了承くださいませ)


e0199046_15123083.jpg😋



[PR]

by obinborn | 2017-08-30 15:12 | one day i walk | Comments(0)  

8月27日のホンク

27日は東京ローカル・ホンクを柴崎のCampickにて。彼らの
ライブに接するのは6月22日以来のことだったが、無駄のな
いバンド・アンサンブルに心奪われた。四人それぞれの音が
緊密に連携し、それぞれのパートを補完し合いながら、日本
語の歌詞をくっきりと、いわし雲のように澄み渡らせていく。
平易な言葉に光と影が加わり、ビートという弾力を付けてゆ
く。このようなロック・バンドと出会えた喜びを今夜もまた
噛み締めずにはいられない。そういえば今年はぼくがホンク
と出会ってちょうど10年めになる。

e0199046_22432641.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-08-27 22:43 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

再訪:ジェシ・ウィンチェスター『TALK MEMPHIS』

ルイジアナ州出身でメンフィスに育ったジェシ・ウィンチェ
スターにとって、メンフィスのロイヤル・スタジオで録音し
た『TALK MEMPHIS』(Bearsville 81年)は念願のアルバム
だったことでしょう。しかもウィリー・ミッチェルがプロデ
ューサーとしてセッションを見守ってくれたのですから。こ
の地でレコーディングした非ブラック圏アーティストとして
は加川良さんの作品がまず浮かんできますが、それと並ぶ傑
作だと思います。ジェシの盤は残念ながらホッジズ/ホッチズ
/ホッチズ/グライムスのスタジオAチームではなく、一般的に
はあまり知られていないコブ/フィッシャー/トールズ/ミッチ
ェルですが、Aチームに負けない豊潤なサウンドで貢献して
いるのがもう嬉しくって。

しかもこの記念碑の裏にはジェシが辿った個人史が横たわっ
ています。そう、皆さんご存知のようにベトナム・ウォーへ
の従軍を拒否した彼は、カナダのトロントへと亡命しおよそ
6年間の隠遁生活を余儀なくされました。そんなジェシが母
国アメリカに帰国出来たのは77年のことでした。ジミー・カ
ーター大統領が発令した"特赦”によるものだったのです。

この『TALK MEMPHIS』をそんな背景を思い浮かべながら
聞いていくと、何とも言えない感慨が湧いてきます。ジェシ
は何もとくに政治的な歌を作ってきたわけでは一切ありませ
んが、何でもない暮らしやありきたりの愛を歌う彼の歌から
時代のきしみのようなものがしっかり伝わってくるのです。
まるで夏草のように伸び伸びとした音楽。その瑞々しさ。
なお余計なお世話かもしれませんが、サブ・テキストとして
ティム・オブライエンの自伝的な著作『本当の戦争の話をし
よう』をぜひ。

残念ながらジェシ・ウィンチェスターはもうこの世にいませ
んが、米Rolling Stone誌は追悼記事で彼をこう讃えていまし
た「アンチ・ベトナム・ウォーに貢献した優れたソングライ
ターだった」と。

e0199046_19381924.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-08-16 19:38 | one day i walk | Comments(0)  

『アフターダーク』再訪

「人は昼間は無神論者でいられるかもしれない。でも夜一人
ぽっちになった時、どこかで神のことを思っている」そんな
哲学書がありましたが、今日久し振りに村上春樹の『アフタ
ーダーク』(04年)を読み直し、そのフレーズを思い返しま
した。発売された当時読んだ頃よりも染みるという体験は誰
にもあるでしょうが、私もまさにそんな感じでした。背景に
なっているのは阪神大震災で、その時心を砕かれてしまった
人たちが別の時・別の場所で何かしらの煩悶をしている様子
が、45歳の時の自分より58歳の今のほうが遥かに染み込んで
きたのです。

例えばとある登場人物のこんな呟きはどうでしょう「人間
ゆうのは、記憶を燃料に生きてゆくもんやないのかな。も
しそういう記憶の燃料みたいなものが私になかったとした
ら、私はとうの昔にポキンと二つに折れていたと思う。大
事なことやらしょうもないことやら、いろいろな記憶を時
に応じてぼちぼちと引き出していけるから、こんな悪夢み
たいな生活をし続けていても、なんとか乗り越えていける
んよ」

決して高く評価されているとは言い難い『アフターダーク』
ですが、読み直して得るものは少なくありませんでした。


e0199046_20104460.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-08-13 20:10 | 文学 | Comments(0)  

追悼:グレン・キャンベル〜あなたとジミー・ウェッブの友情のために

今朝ジミー・ウェッブの曲とグレン・キャンベルの歌は相性
がいいって書いたけど、漠然とした想いのようなものしかな
く心もとない。ただウェッブの歌詞にはフェニックスやアル
バカーキやウイッチタなど、アメリカ各地の土地名を記した
ものが多く、それらがグレンの夏雲のように大らかな歌唱と
マッチしたのかもしれない。

ウェッブは職業的なソングライターとして他人に曲を提供し
てきた人だけれども、ゴフィン=キングやリーバー=ストラ
ーあるいはマン=ウェイルやポーマス=シューマンのような
コンビではなく、自分一人で作詞と作曲を手掛けた点が決定
的に新しかったと思う。ゴフィン=キングらティン・パン・
アレイの世代よりも後の60年代半ばに頭角を現した時代性も
あるだろう。シンガー・ソングライターのブームを予言する
ように自身の最初のLPも68年に作っている。そのアルバム・
タイトルは『JIM WEBB SINGS JIM WEBB』これ以上ない
くらいに、ソングライターと歌との関係を言い当てたものだ
った。

しかもそれらの歌は無邪気なティーンエイジ・ポップではな
く、もう少し青年期の影絵を正確に捉えていた。グレン・キ
ャンベルが歌った「ガルベストーン」はどうだろう。ヴェト
ナム・ウォーに駆り出された兵士の主人公はこう歌い出して
いく「知らないヴェトナムの土地でぼくは今銃を磨いている
/故郷のガルベストーンが懐かしい/ぼくは恋人を置いてきて
しまった」

ガルベストンのgと銃のgが残酷なまでに韻を踏み、主人公
の苦悩を映し出す。しかしメロディはどこまでも美しく気品
に満ち、声高に反戦を唱えるようなフォークソングとはまっ
たく異なる”音楽性”に満ちている。そういえば以前ジミー・
ウェッブにインタヴューした時、ぼくは彼に「どんな反戦歌
よりも心に響きます」と「ガルベストーン」の歌に敬意を表
したのだった。そのウェッブとキャンベルとはいわば兄弟で
あり、仲のいいフレンズであり、ヴェトナム・ウォーという

時代をともにした戦友だった。

2017年の8月9日、陽が高く立ち昇る時間の只中にグレン・キ
ャンベルの訃報が届いた。その時ぼくが真っ先に思い起こし
たのが、ウェッブが作りキャンベルが歌った「ガルベストー
ン」だった。その曲は69年の3月、全米チャートの4位に輝
いた。アメリカじゅうの多くの声なき人々がその曲から悲し
みを聞き取り、言葉にならない何かを託した瞬間だった。


e0199046_16231936.jpg




[PR]

by obinborn | 2017-08-09 16:23 | one day i walk | Comments(0)