<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

11月29日の佐野元春&ザ・ホーボー・キング・バンド

「レイナ」のような慈愛に満ちた歌があった。「インディヴィ
ジュリスト」のような切迫感ある曲もあった。そんな佐野元春
&ホーボー・キング・バンドのライブを29日は東京ビルボード
にて。5年目に入る恒例の”Smoke and Blue "のパフォーマン
スは、コヨーテ・バンドを率いた普段の荒ぶるロックとは対照
的にシックな編曲が施され、リラックスしたムードに包まれる
のが特徴的だが、今夜も新旧のナンバーを交えながら佐野元春
という稀有なアーティストのこれまでの歩みを照らし出してい
く。都会の情景をスケッチしたナイーヴなバラードもあれば、
ラップ的な言語感覚を生かしたシニカルなビート・チューンも
ある。それら全てが等しく届く。聞き手たちがやり過ごしてき
た歳月に寄り添うように響く。演奏面でのクライマックスはラ
テン・ビートを大胆に導入した「観覧車の夜」だっただろうか。
"Smoke and Blue”の企画で必ず準備される新曲に関しては、
今回は世相をややユーモラスに反映させた「迂闊なことは言え
ない」が初めて登場した。

終演後は佐野さんと談笑。彼との久しぶりの再会が私は嬉しか
った。「世知辛い世の中ですし、まるで早い者勝ちのように政
治的なメッセージを直截に投げかける人もいます。それでも佐
野さんは音楽が持つ抽象性や想像の領域に賭けていますよね」
そんな問いを発したら、満面の笑みが返ってきた。

e0199046_22111746.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-29 22:11 | rock'n roll | Comments(2)  

11月28日の東京ローカル・ホンク

日本語のロックもここまで来たかと思わずにはいられない。
そんな東京ローカル・ホンクの今年最後のワンマン・ライブ
を28日は横浜のサムズアップにて、計19曲およそ2時間半に
亘って堪能した。自分が暮らす町から見える人々や風景をあ
りのままにスケッチし、ロックカルテットならではの含蓄あ
る演奏で弾みを付けていく。そんな彼らの音に酔いしれた。
洋楽のコピーから始まった日本のロックの大いなる到達。そ
んな風に言い換えても構わない。巻き舌英語の稚拙な表現で
はなく、月や手紙あるいは商店街といった単語が実感を伴い
ながら胸に染み渡り、まるで自分の埃だらけの心が浄化され
るかのよう。たとえ明日世界が終わったとしても、私はホン
クの音と言葉を愛でることだろう。

e0199046_01335678.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-29 01:36 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

11月21日の双六亭

荒ぶるロックの心。こんな賛辞がもし今もあるとしたら
彼らに贈りたい。そんな双六亭のレコ発ライブを21日は
池袋の鈴ん子屋でとことん堪能した。ニシイケタカシの
ぶっきらぼうな歌いっぷりとレスポール・サウンド。あ
るいは中原由貴のパワー・ドラムス。そんな彼らの音は
いつも風景を飛び越え胸を直撃する。それも美辞麗句を
並べ立てるわけでも、AA'BA的なソングライティングの
起承転結に陥るわけでもない。そんな双六亭の”ロック”
に胸が熱くならずにはいられないメモリアルな夜となっ
た。彼らとは昔から仲が良く互いに苦汁を舐めてきたで
あろう東京ローカル・ホンクとのツーマンという”絵”も
最高の設定だった。いささか情けない歌の方が遥かに心
に染み渡る。ユーモアを伴いながら自分が予想もしなか
った地点へと誘ってくれる。そんな”ロック”を受け止め
ながら帰りの電車に乗り込んだ。


e0199046_23493010.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-21 23:50 | rock'n roll | Comments(0)  

マーク・ベノの定点観測

マーク・ベノに関しては語り尽くしてきた感があるものの、
先日950円で『LOST IN AUSTIN』の英国盤を見つけたの
でまた買ってしまった。言いたいこともある。それはベノ
の過去3枚のアルバムがアメリカ西海岸で録音されてきた
のに対し、この79年作では初めてイギリスに飛び、プロデ
ューサーにグリン・ジョンズを迎えた点だ。レコーディ
ングはジョンズのお膝元であるロンドンのオリンピック・
スタジオ。こうした環境の変化がベノの音楽に新しい風を
巻き起こしているような気がする。さらに演奏陣は当時ア
ルバート・リーを新メンバーに迎えたばかりのエリック・
クラプトン・バンドだ。E.Cはこの頃『スロー・ハンド』
(77年)『バックレス』(78年)といずれもグリン・ジョ
ンズ制作のオリンピック・スタジオ録音というアルバムを
たて続けに発表していたが、ベノとE.Cとの結びつきをジョ
ンズに求めるのはごく自然なことだろう。

但し変化球もある。エリック以下、カール・レイドル(b)
ディック・シムズ(kbd)アルバート・リー(g)まではク
ラプトン・バンドからそのまま抜擢されているが、ジェイ
ミー・オルデカは当セッションに参加せず、ドラムスには
名手ジム・ケルトナーが採用されている。これまでもベノ
を支えてきたケルトナーを信頼したということだろうか。
この人選がベノによる意向なのかジョンズのアイディアな
のかは定かではないが、聞き手はクラプトン・バンドwith
ケルトナーという何とも贅沢な演奏を味わい尽くす結果と
なった。ミッドテンポでもスローでもケルトナーは絶妙の
タイム感を醸し出しているのだが、スネアの一振りだけで
もベノの歌と呼吸し合っている様がよく解る。ぼくはドラ
ムのテクニックに関しては無知だが、優れたドラマーが感
じさせる半拍遅れのワン・ショットやミュートの”間”を聞
いていると幸せな気持ちに包まれる。

このアルバムが発売された79年前後はパンク/ニューウェイ
ブが全盛を迎えつつあった頃で、昨日までアロハとジーパ
ンと長髪だった奴が、突如YMO風の人民服にテクノカット
へと切り替えるといった(ぼくには不可思議としか思えな
い)ファッションの変化も目立った。そんな戸惑いを覚え
ていた当時、ベノの『LOST IN AUSTIN』なり、アルバー
ト・リーの『HIDING』は数少ない伴侶だった。それぞれ
のアルバム表題は『オースティンで迷子になった』と『
隠れて』そこに現行のシーンと距離を置こうとするアーテ
ィストの暗喩が汲み取れる、と言ったら贔屓の引き倒しで
あろうか。それでも彼らの音楽は長い歳月に晒されながら
も色褪せなかった。きっと長距離ランナーの定点観測とは
そのようなものであり、その眼差しはまるで暗い海を照ら
し出す灯台の灯のようだ。


e0199046_04363379.jpg


[PR]

by obinborn | 2017-11-14 04:36 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)  

11月4日のロス・ロイヤル・フレイムズとザディコキックス

日本シリーズ第6戦をテレビで観るかライブに行くか
大いに迷ったものの、4日は後者を選んで結果良かっ
たと思える夜になった。スワンプ・ポップのロス・ロ
イヤル・フレイムズと本格的なザディコにアプローチ
するザディコキックス。そんな相性の良いツーマンを
江古田倶楽部で久しぶりに堪能した。ビル・ドゲット
のオルガンR&Bをデュオ編成に改変し、先日亡くなっ
たばかりのファッツ・ドミノのBefore I Glow To Old
で故人を偲んだロスロイも、クレオール音楽に特化し
たキックスも本当にいいバンドだと思う。ライブの場
で縦横無尽に駆け巡る両者の姿は、まるでルイジアナ
州ラファイエット辺りのジューク・ジョイントで繰り
広げられる宴のよう。それも学究的な態度ではなく、
ルーツ・ミュージックをエキスとして取り込む発想で
もなく、R&Bやザディコに対する心からのリスペクト
が感じられる点が嬉しく、オイラは帰り道を清々しい
気持ちで歩いた。

e0199046_09291028.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-05 09:30 | one day i walk | Comments(0)