中村まり、そしてビューティフルハミングバード

自分この会場で多分最年長だろうな。そんなこ
とをふと思いながら16日はビューティフルハミ
ングバードと中村まりのツーマン・ライブを渋
谷の7th Floorにて。何でもハミングバードのお
二人からのラブコールがあって今回のジョイン
トが実現したらしい。ビューティフルハミング
バードに関しては今晩初めて聞いたので解った
風は言いたくないが、この男女によるアクース
ティック・デュオは若さも含めながら屈託のな
い数々の歌を届けてくれた。

一方の中村まりは毎日見える窓のように聞き馴
染んでいるせいもあってか、間違いなく歌その
ものに委ねられる幸せを感じずにはいられない。
それも古くから良きパートナーとして帯同して
きた安宅浩司のギターを伴っているぶん仄かな
膨らみや何気ないパートナーシップが端々から
こぼれ落ちてくる。Black-Eyed Susanから始
まりCaught In a Roundaboutで締める構成のな
かには気持ちいい緩急があったし、ブラインド
・ブレイクのお茶目なDi Di Wah Di Diやレーナ
ード・コーヘンのBird on the Wireそしてオー
ルド・タイムのCindyといったカバー曲には時
空を思いのままに揺らせる時間軸のようなもの
がゆっくりと流れていた。

お楽しみは終盤のジョイント・セッションだ。
初見でやや距離のあったハミングのお二人だが、
中村や安宅とともに歌い演奏していく間にじわ
りじわりと互いの共通分母を探していく。小池
光子の伸びやかで若葉の季節と微笑むような歌。
田畑伸明の強弱がしっかりしたギター・ストロ
ーク。それぞれの個性がちょっとしたルーツ音
楽へと親しげに寄り添っていく。

その四人がシットダウン・スタイルで異なる声
を聞かせつつ、結び付いていったことが嬉しい。
そこにはジミー・ロジャーズのAny Old Timeも
あれば、グレアム・ナッシュのOur Houseもあっ
た。ヘンリー・トーマスのFishing Bluesの改変
とでも言うべきChickenがあり、遥か昔から今夜
まで継承されてきた伝承歌のKeep on the Sunny
sideがあった。歌の主人公がヴァースごとに入れ
替わりながらそれぞれの歌を届けてゆく。後方の
ハーモニーがそっと影絵となって音楽を後押しす
る。そんな素敵過ぎる5月の一夜だった。

e0199046_152168.jpg

[PR]

by obinborn | 2014-05-17 01:56 | 中村まり | Comments(0)  

<< スモール・コンボでR&Bを〜ラ... 1975年のエリック・クラプトン >>